エネリスト

電気に関するあらゆる情報をお届け

東京電力エナジーパートナーが手掛ける新ブランド『くらしTEPCO』

   

東京電力エナジーパートナー『くらしTEPCO』とは?

出典:kurashi.tepco

これを読んでいる方はご存知かと思いますが、2016年4月に電力小売が全面的に自由化になりました。
これまでは各地域にあった大手電力会社が政府の決めた電気料金で独占的に販売することを許されてきました。

今回の小売り自由化は、高圧電力 - 要するに工場などの法人契約をする消費者に対して部分的に自由化になるなどの段階を経て、全面自由化に至ったわけです。

これにより新しい電力会社が多数登場し競争が始まったため、これまでよりも電気料金が値下がりする傾向に入っています。
一般家庭でも自由に選択できるわけですから、多くの人が生活費節約のために電力会社を選んでいることかと思います。

ここでひとつ、別の視点からこの自由化を見てみましょう。
我々消費者側からすれば電力会社の選択肢が増えたので安いところと契約したいと思うのは当然です。

しかし、これまでの大手、関東であれば東京電力からすれば顧客を取り逃がす最悪のパターンに入っています。
一般的に自由化でネット検索すると、大体が新しい電力会社のアピールや「これまでの大手よりずっと電気料金が安くなります!」といった謳い文句ばかり。大手には不利ですね。

しかし、東京電力だって一般企業のひとつです。企業努力もせずに顧客を取り逃がすことはしません。
今回の自由化に向けて子会社「東京電力エナジーパートナー」を設立し、『くらしTEPCO』というブランドで自由化した市場に挑戦しています。

東京電力エナジーパートナーの実際の設立は2015年4月1日です。契約変更をしていない東京電力供給世帯も自由化後の検針票などはすべて東京電力エナジーパートナーの名義になっているはずです。
自由化したからといってすべての顧客が東京電力から離れたわけではなく、むしろ、大半が様子見で東京電力との契約を解除するには至っていません。ですので、関東地域では自動的にほとんどの顧客が東京電力エナジーパートナーの顧客に移行している状況です。むしろ東京電力エナジーパートナーの顧客数が関東では圧倒的になっていると予想されます。

東京電力エナジーパートナーは東京電力が分社化してホールディングカンパニー制に移行した結果設立された新電力会社のひとつで、電気契約や再生可能エネルギー契約などの小売電気事業すべてが東京電力から引き継がれています。ただ、離島の顧客が電気契約などをする場合は「東京電力パワーグリッド」が担当しています。

当然、自由化以前にあったプランは継続しており、例えば従量電灯A、B、Cや定額電灯、公衆街路灯A、Bなど、さらにピークシフトプランや土日お得プランなどもあります。
これまでこれらのプランで契約してきた世帯は継続して続けることもできますし、自由化後に登場した新プランに変更することもできます。ただ、従来のプランの一部は新規契約を受け付けていないので、変更後に戻すことはできなくなりますので、事前にどれくらい安くなるかを比較検討した方がよさそうです。

東京電力エナジーパートナーになってさらにすごいのは、ポイントサービスの導入もありますし、これまでの東京電力地域だけでなく、中部地方や関西地方に住む人でも利用できるようになった点です。より多くの世帯が東京電力エナジーパートナーの『くらしTEPCO』で電気料金を節約できるのです。

>>暮らしを支えるTEPCOの詳細はコチラ

挑戦するエナジーくらしTEPCOとは?

東京電力エナジーパートナーは電力小売り自由化においてより安定した電気供給と、これまで以上の顧客サービスを展開することをモットーに事業展開をしていく予定だそうです。

エネルギーサービスのパートナーへと進化するべく、積極的な新提案もあります。
各種新サービスでより暮らしやすい環境を提供し、それがこれまでは東京を中心とした関東地方だけだったものを、供給範囲を広げて多くの世帯で利用できるようにしています。

東京電力の供給量や電気の品質、サービスは元より世界最高水準といわれています。
それをより昇華させて「みらい型インフラ企業」を目指しているのです。

そこで展開するべくはこの新ブランドである『くらしTEPCO』です。TEPCOは東京電力エナジーパートナーの英語名で「TEPCO Energy Partner,Incorporated」から来ています。
会員数380万人を超える『でんき家計簿』など、かゆいところに手が届くサービスが充実しています。

東京電力エナジーパートナーはネット環境を活かしたサービスが多いのが特徴です。請求金額もメールで確認できますし、各種手続きもすべてネットだけで完結できる便利さがあります。
東京電力から生まれ変わった東京電力エナジーパートナーらしい実力ですね。

>>もっと詳しく知りたい方はコチラ

自分にあったライフスタイルを新たに加わった料金プランで

従来のプランとの違い

東京電力エナジーパートナーは東京電力の子会社に当たるので、自由化前のプランとうのも存在しています。
自由化はすでに始まっているわけですが、必ずしもすべての世帯で契約先を変更しておらず、これまでのプランを継続して使っている世帯もあります。

そんな自由化前に利用されていたプランは次のようなものがあります。

・従量電灯A・B・C
・定額電灯
・公衆街路灯A・B
・農事用電力
・低圧電力
・おトクなナイト8・12
・電化上手
・ピークシフトプラン
・朝得プラン
・半日お得プラン
・土日お得プラン
・おまとめプラン(低圧高負荷契約)
・深夜電力A・B
・農事用季節別時間帯別電灯
・第2深夜電力

こういったプランがあったのですが、例えば、定額電灯~おトクなナイト8・12のプランに関しては東京電力のときから契約していた世帯は引き続き利用可能ですが、新規での受け付けは終わっています。
もし新プランに変更した場合、これらに戻ることは不可能です。

東京電力エナジーパートナーでは自由化後には魅力の高い素晴らしい料金プランが用意されています。従来との大きな違いは、より顧客サービスを徹底した結果、より節約に好ましい設定になったことと、電気料金が安くなる点です。

なにより大きな違いは新プランに対してはポイントサービスを利用できることで、使えば使うほどにその後が安くなる仕組みがある点です。

お客様の声に答えて新たに加わった料金プラン

東京電力エナジーパートナーが自由化に合わせて用意しているプランは大きく分けて4つになります。
顧客からの要望を強く反映したもので、ライフスタイルに合わせて選択することでより一層おトク感があるのが特徴です。
そんなプランの様子を大まかに覗いてみましょう。

出典:tepco.co.jp

プレミアムプラン

このプランはある一定までの使用量に対しては定額制になっています。
例えば家族が多い方や自宅で仕事をするなどで使用量が多い、ペットをたくさん買うのでエアコンを結構使うという世帯では特におトクかと思います。
そして、その一定量を超えると電気料金が使用量に合わせて加算されていきますが、それでも従来の従量電灯B・Cのプランに比べてもまだまだ安くなっています。

スマートライフプラン

従来の「電化上手」を契約していた方に注目のプランで、午前1時~午前6時までの料金が割安になっています。
この時間帯の電気料金が安いので、夜間蓄熱式機器を使用すればだいぶ節約できるというわけです。家庭で使用されるエネルギーの約3分の1は給湯に使われているといわれているほどで、夜間蓄熱式機器を使ってお湯を沸かしておけばおトクになるのも間違いありませんね。

夜トクプラン

これはそのままのイメージで、夜に電気料金が安くなっておトクに感じるプランです。
一般的な共働きの世帯や普通の家庭では昼間は外出しているので、夜が特に使用量が増加するかと思います。そんな世帯のために、夜間の使用料を安く設定して節約に役立ててもらおうというのがこのプランというわけです。

スタンダードプラン

これもそのままのイメージを持っていただいて構わないプランで、一般的なひとり暮らしからファミリー世帯まで、どんなライフスタイルにも合わせられる万能なものです。
いわば、上記3つのプランに合わない人なら誰でもこのプランで節約でき、さらに細分化された3つのプランに合わせれば節約はバッチリです。

>>もっと詳しく知りたい方はコチラ

供給エリアの拡大

東京電力エナジーパートナーは東京電力の関連会社になるわけですが、特筆すべきは従来の東京電力の供給地域だけではなく、供給エリアを大幅に拡大して、これまでカバーしていなかった地域にも電力供給を行っていることです。

ご存知のように部分的自由化や今回の全面自由化以前は各地域に君臨していた電力業界の大手のみがその市場を独占していました。
その代わり、電気料金決定は日本政府による介入があったわけですし、供給エリアも限定されていました。

今回の自由化で東京電力エナジーパートナーはこれまでの東京電力の供給エリア内はもちろんのこと、それ以外の地域でも供給を開始したのです。そうすることで、東京電力エナジーパートナーの顧客層も増えるわけですし、供給地域になった中部や関西地方の世帯も東京電力エナジーパートナーのおトクなプランの恩恵を受けることができるようになり、お互いにウィン・ウィンの関係に収まることができるようになっています。

というわけで、自由化は単に新電力会社の参入だけでなく、業者側にとっても市場が拡大され、うまく運営することができればかなりおもしろみのある市場になったということでもあるのです。

新電力会社の中でも東京電力エナジーパートナーは東京電力の100%出資子会社ですから、そのノウハウはバッチリです。
自由化ではどの電力会社に乗り換えるかで頭を悩ませている人も少なくないかと思いますが、実績のある企業を選択することは不可欠で、そういった意味では東京電力エナジーパートナーはかなりの有力候補となるわけです。

拡充された暮らしを支える新料金プランの詳細

供給エリアの紹介

東京電力が東京電力エナジーパートナーになって供給エリアが拡大しています。これまでは東京電力は関東地方を中心としたエリアのみだったわけですが、自由化に伴い子会社化し、広範囲に展開できるようになりました。

とはいっても、全国規模で拡大してはいませんので、下記に東京電力エナジーパートナーの供給地域を紹介したいと思います。

関東地方

東京都(離島など島嶼地域を除く)、埼玉県、、千葉県、神奈川県、栃木県、群馬県、茨城県、山梨県、静岡県(富士川以東)

中部地方

静岡県(富士川以西)、長野県、愛知県、岐阜県(一部を除く)、三重県(一部を除く)

関西地方

大阪府、京都府、兵庫県(一部を除く)、奈良県、滋賀県、和歌山県、福井県(一部のみ)、岐阜県(一部のみ)、三重県(一部のみ)

主要な地域では元東京電力の会社から信頼できる品質の電気を買うことができるようになるので、自由化に伴い、電力環境がよくなる世帯が多くなることは間違いないでしょう。

プランの詳細

ここでは東京電力エナジーパートナーが提供する電気ブランド『くらしTEPCO』の新プランをより詳しく見ていくことにしましょう。これまでの東京電力のプランも継続できますが、新プランもまた魅力の多いプランになっています。ライフスタイルで選べるようになっているので、より生活に見合った節約が可能になります。

気をつけていただきたいのは関東、中部、関西で自由化前の料金が違うため、割安感に多少の差があります。
一部のプランでは地方によって特典や入会サービスも違っていますし、そもそも提供していないプランもありますので、契約の前にしっかりと把握しておきましょう。

プレミアムプラン

 このプランは世帯人数が多かったりなど、電気の使用量が多い場合により節約効果のあるものになっています。

プレミアムプラン

 基本料金(1年契約)   料金単価 
1kW 468円00銭
 2kW(30A)   936円00銭 
 4kW(60A) 1,872円00銭
 6kW(9kVA)  2,808円00銭
 8kW(12kVA)  3,744円00銭
 電力量料金   料金単価 
 最初の400kWhまで   固定料金  9,700円00銭
 400kWhを超過 1kWh 29円04銭

 
月々400kWhまでの使用量であれば電力量料金は定額です(別途基本料がかかります)。
それを超えると使用料に応じた設定になるのですが、従量電灯B・Cと似ていても、それと比べて電力量料金はおトクです。

あくまでも大雑把な例ではありますが、自由化前に月々2万円も電気料金がかかっていた世帯ではこのプランで1.4万円ほど年間で節約が可能だとも言われています。

要するに、これまでと比べておよそ1ヶ月分に相当する電気料金が節約できることになります。

関東地方の世帯であれば新規入会で8000ポイントが贈呈されたり、24時間365日のサポート「電気の駆けつけサービス」を受けられます。
家電や家の電気システムの故障などに電話一本で対応してくれます。

スマートライフプラン

 このプランは元々東京電力の供給エリア、つまり関東地方に住んでいる世帯にしか適用されていないサービスです。

スマートライフプラン

基本料金(1kW) 料金単価
1kW 450円00銭
2kW(30A) 900円00銭
4kW(60A) 1,800円00銭
6kW(9kVA) 2,700円00銭
8kW(12kVA) 3,600円00銭
電力量料金(1kWh) 料金単価
昼間 6時~翌1時 25円33銭
夜間 1時~6時 17円46銭

 
オール電化住宅に住んでおり、エコキュートなどの総容量1kVA以上の夜間蓄熱式機器を使用している世帯が加入できるプランです。

時間帯を2つに区分し、午前1時~6時の時間帯を夜間割安料金にしています。昼間は25.33円のところを夜間は17.46円とかなり安くなり、その間に夜間蓄熱式機器でお湯を沸かしておくことで全体的な使用エネルギーを節減でき、結果的に節電に繋がるというものです。

このプランが魅力なのが、エコキュートや電気温水器、IHクッキングヒーターなどの修理サービスがついている点です。
設置から10年以内であり、1回上限50万円以内であれば無制限に依頼することが可能です。

夜トクプラン

昼間はあまり自宅にいないけれども、夜に電気をよく使うという世帯に向くプランです。お仕事に忙しく、夜間にタイマーで炊飯器などを使うという方にもいいですね。
ただ、これは関東地方限定のプランになっています。

夜得プラン

基本料金(1kW) 料金単価
1kW 210円60銭
2kW(30A) 421円20銭
4kW(60A) 842円40銭
6kW(9kVA) 1,263円60銭
8kW(12kVA) 1,684円80銭
電力量料金(1kWh) 料金単価
夜トク8
昼間 7時~23時
32円14銭
夜トク8
夜間 23~翌7時
20円78銭
電力量料金(1kWh) 料金単価
夜トク12
昼間 7時~23時
32円14銭
夜トク8
夜間 23~翌7時
20円78銭

 
 このプランには2つのタイプがあり、『夜トク8(エイト)』『夜トク12(ジュウニ)』となっています。

8の方は昼間は1kWhあたり32.14円、午後11時~翌朝7時までの8時間が20.78円になります。
12は午後9時~翌朝9時まで12時間ずつに分け、昼間は33.76円、夜は22.55円になります。

スタンダードプラン

このプランは、上記のライフスタイルに当てはまらない、もしくはひとり暮らしから家族世帯までオールタイプに向いたプランとして、どの地域でも選択できるものになっています。このスタンダードプランは目的によってさらに3つのコースに細分化されています。

『スタンダードS』

まずはアンペアブレーカ(電流制限器)による契約で、使用する量などに応じて契約アンペアを10〜60アンペアで選択できるコースです。
 

スタンダードS料金プラン

 基本料金(1契約)    料金単価  
10A 280円80銭
15A 421円20銭
20A 561円60銭
30A 842円40銭
40A 1,684円80銭
50A 1,404円00銭
60A 1,684円80銭
 電力量料金(1kWh)    料金単価  
最初の300kWhまで  23円40銭
300kWh超過 30円02銭
 最低月額料金(1契約)    料金単価  
月額料金  231円55銭

 

『スタンダードL』

主開閉器(漏電遮断器など)の容量に応じ、6kVA以上で契約するコースです。
特に家電など電気製品を多く使用する世帯に向いています。

スタンダードL料金プラン

 基本料金(1kVA)   料金単価 
1kVA/10A 280円80銭
電力量料金(1kWh)  料金単価 
最初の300kWhまで 23円40銭
300kWh超過 30円02銭

 

『スタンダードX』

これは当月と過去11か月の使用電力量の最大値(30分毎)から基本料を決定する契約で、いわゆるスマート契約というものです。
電気の使い方を工夫すれば、より節約に効果の出てくる契約です。

スタンダードX料金プラン

 基本料金(1契約)   料金単価 
1kW 561円60銭
 2kW(30A)   1,123円20銭 
 4kW(60A)  2,246円40銭
 6kW(9kVA)  3,369円60銭
 8kW(12kVA)  4,492円80銭
 電力量料金(1kWh)   料金単価 
 最初の300kWhまで  23円40銭
 300kWhを超過 30円02銭

 
気をつけたいのは、自由化前からの節約度合いは地方によって違っています。
また、関西地方は『スタンダードX』のみしか用意されていませんので、関東以外の方は要確認です。

関東地方在住の世帯は東京電力で契約していたまま継続して旧プランを利用することも問題はありませんが、その他の地方の世帯や、東京電力エナジーパートナーの新プランに乗り換えを検討している場合は各種プランを吟味した上で選択しなければなりません。
しかし、問題はどれを選んでいいかがよくわからない場合です。

その場合は東京電力エナジーパートナーのページにわかりやすい料金プランの目安表がありますので、実際の使用料と見比べて検討してみてはいかがでしょうか。

>>>料金プランはコチラ

その目安表ではどのプランが平均的に言ってどれくらいの月額料金になるかが一目でわかるようになっています。

従来のプランである従量電灯B・C、スタンダード、プレミアム、スマートライフ、夜トクだと月々8000円程度まで、電気料金で言うと299kWhまでの使用料、8000円以上17000円未満(300~599kWh程度)、17000円以上(600kWh以上)の3段階で目安がわかるようになっています。

現在どれくらい使っていて、同じレベルを求めているのか、多少節約したい場合どうしたらいいのかなど、その目安表でも簡単に判断することができるかと思います。

あくまでも目安で、実際にはそれ以上に安くなるかもしれませんし、場合によっては高くなる可能性もありますので注意してください。

>>暮らしを支えるTEPCOの詳細はコチラ

どれにしよう?プランで迷っている人に自分にあったプラン探し

東京電力エナジーパートナーの『くらしTEPCO』の新プランに乗り換える際、現在の契約料金より概ね節約ができるようになるわけですが、どのプランなら最も効果的に電気料金を抑えられるかは気になるところでしょう。
実際にプランの説明や目安表を見ても詳細までわかる人はほとんどいないかと思います。

そんなときに役立つのが、東京電力エナジーパートナーのサイトで用意されている『料金プラン試算』です。
現在の電気料金の検針票を用意してもらい、情報を入力するだけ。ものの1分もかからずに、どのプランが最適化がわかるようになっています。

計算システムの使い方は簡単で、まずは世帯人数を入力します。ひとり暮らしから6人以上の大家族かまでを選択しましょう。
その際、小学生以下はひとりで電気を使うことはそうありませんので、頭数に入れなくてかまいません。

次にオール電化か、ガスも使用するかを選択します。
そして、電気の使い方――夜によく使う、昼間は不在が多い、1日同じような使い方などの項目から、世帯での電気の使い方に一番近いものを選んでください。

そのあとは郵便番号を入力し、これまでの電力会社を選択します。
関東の場合、遅くとも2016年4月1日から契約先は東京電力から自動的に東京電力エナジーパートナーに替わっているので、そちらを選びましょう。

最後に今の契約プランと電気料金、もしくは使用量を入力し、画面一番下の「>試算結果を見る」をクリックします。

すると、各プランとコースで年間どれほど安くなるか、もしくは割高になるかが表示されます。
気をつけたいのは月々によって割安割高の結果が変わってきます。
また、結果によっては新プランにすることで、どのプランも今よりも電気料金が上がってしまうという結果も出てきますので、検針票を何枚か用意して、熟考の際の参考にするようにしてください。

新たにスタートした料金プランの加入で嬉しい特典!

Tポイント or Pontaポイントが選べて貯まる

東京電力エナジーパートナーで新プランを契約すると、ポイント制度のTポイントPontaポイントが選べ、1000円につき5ポイントが付与されます。

電気を使えば使うほどポイントが貯まり、ほかの買いものが安くなることでトータル的に生活費の節約が可能になるという仕組みができたのです。
これはナイスなシステムでしょう。

提携先も多くあり、今や日本国内であればほぼどこでも利用可能なポイントサービスですから、電気を使って得たポイントをすぐさまほかの買いものに利用できるという大きなメリットが生まれます。

気をつけたいのは、2016年5月時点ではすぐにポイントは付与されず、『くらしTEPCO』の会員サイトに登録の上、2016年9月を目途に契約開始月からのポイントがまとめて付与されます。
また、対象は電気料金のみで、再生可能エネルギー発電促進賦課金や解約事務手数料、延滞利息などは対象となりません。
ですので、検針票の総額がポイントになるわけではありません。

いずれにせよ、TポイントやPontaポイントといった、今最も成長しているポイントサービスのブランドでポイントを貯められるのですから、利用できる先も多くてよりおトク感はあるかと思います。

ウェブサイトの申し込み

東京電力エナジーパートナーは窓口に行かないまでも、ウェブサイトからの申し込みが可能です。
むしろ、ウェブサイトからの申し込みの方がTポイントもしくはPontaポイントが500ポイントほど付与されるのでおトクです。

ウェブサイトからの申し込みは実に簡単で、指示された内容をクリックしたり、入力していけばいいだけです。
現在関東地方にいる世帯はすでに東京電力エナジーパートナーとの契約になっていますが、プラン切り替えももちろんウェブサイト上で可能です。

引っ越した先で東京電力エナジーパートナーの新プランなどを利用したい人もまたウェブ申し込みができます。

気をつけたいのは、申し込みは現在の契約者本人でなければなりません。このタイミングで名義変更はできません。

また、島嶼地域に住んでいる場合、受電設備を持っていて特別高圧もしくは高圧で受電している場合、太陽光発電設備などで売電契約をしている場合などは申し込みはできません。

また、スマートメーターの設置なども必要になるので、申し込んだ翌日から東京電力エナジーパートナーの新プランで受電できるようになるわけではありません。

申し込みのページに適用開始予定の検針日が出てくるので、その日程を目安にしておきましょう。

溜まったポイントは提携先で利用可能

東京電力エナジーパートナーの新プランを利用し、適用された範囲内で付与されたポイントは、Tポイント、Pontaポイントそれぞれの提携先で1ポイント1円として利用することができます。
東京電力エナジーパートナーでは電気料金1000円につき5ポイントですから、還元率は0.5%といったところですね。

一般的なクレジットカードの還元率もこれくらいです。
特殊なカードだともっと多いものもありますが、これまでなかった電気料金に付与されるというサービスとしては画期的なのではないでしょうか。

各ポイントサービスの提携先は今や全国規模で、かなり多くあります。
Tポイントは現在およそ49万店が加盟しており、Pontaもやや少ないもののそれでも14万店は利用できるところがあります。
もはや、これらのポイントを利用できないところを探す方が難儀なのではないでしょうか。1円1ポイントなので使い勝手もいいですし、Tポイントは今や海外でも利用できるほどですので、その価値は計り知れません。

関東ではプレミアム・プランを2年契約など条件をクリアすることで8000ポイント、実に8000円分の還元を受けられます。このポイント制度はかなり魅力が高いと思います。

>>暮らしを支えるTEPCOの詳細はコチラ

提携でくらしがもっと便利に

提携会社の紹介

 
東京電力エナジーパートナーではTポイントやPontaポイントなどのポイントを貯められるほか各提携会社というのがあり、より生活が豊かに、そして便利になるようになっています。ガスや携帯などを東京電力エナジーパートナーの新プランとセットで契約すると相手側の方のプランでも割引が利くようになり、おトクになるのです。

※2016年5月時点での提携先を紹介します。

ガス会社
・株式会社カナジュウ・コーポレーション
・株式会社川島プロパン
・河原実業株式会社
・関東エア・ウォーター株式会社
・北日本ガス株式会社
・新日本瓦斯株式会社
・株式会社サンワ
・東海ガス株式会社
・東彩ガス株式会社
・日東エネルギー株式会社
・日本瓦斯株式会社
・東日本ガス株式会社
・レモンガス株式会社

生活サービス
・TOKAIグループ(株式会社TOKAI、株式会社TOKAIコミュニケーションズ、株式会社TOKAIケーブルネットワーク)

暮らし
・カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社(Tポイント)
・株式会社ロイヤリティ マーケティング(Pontaポイント)
・株式会社リクルートホールディングス

住宅関係
・有限会社アメミヤ住宅設備サービス
・株式会社コガ住宅機器産業
・株式会社中島電気工業
・中村管材株式会社
・株式会社野村システムサービス
・株式会社丸山工務店
・三菱地所ホーム株式会社
・三菱電機住環境システムズ株式会社
・ムサシノ電機株式会社

通信関係
・エネチェンジ株式会社
・ソネット株式会社
・ソフトバンク株式会社
・株式会社USEN

家電
・株式会社ビックカメラ
・パナソニックコンシューマーマーケティング株式会社

新たに加わったプランとのセット紹介

東京電力エナジーパートナーの新プラント提携会社とセットで契約した場合、どんなメリットがあるのでしょうか。その実例をいくつか紹介しましょう。

まずガスで言えば、河原実業株式会社と東京電力エナジーパートナーの契約をした場合です。
プレミアムプランもしくはスタンダードプランと、河原実業が提供するLPガスをセットで契約すれば、世帯によって差はありますが、ガス料金が年間で最大6000円は節約可能になります。

住宅関連では、三菱地所ホーム株式会社が東京電力エナジーパートナー向けのプランを用意しています。
2016年4月1日以降に三菱地所ホームの全館空調システム『エアロテック』を採用した新築戸建住宅に入居し、プレミアムプランもしくはスマートライフプランで契約予定の世帯は専用プランがあるのです。

通信ではまず携帯電話のソフトバンクが東京電力エナジーパートナーとの共同プランを用意しています。また、インターネットのソネットもプレミアムプランかスタンダードプランと「NURO 光 for TEPCO」プランに同時加入すれば、毎月300円引きが2年間も受けられ、月額4443円で超高速インターネットが利用できます。
さらに、最大2万円ものキャッシュバックをうけることもできるので、かなりおトクです。

このように提携会社と同時契約でさらに生活費全般がおトクになるのは、まさに自由化の恩恵です。

>>もっと詳しく知りたい方はコチラ

便利なでんき家計簿に登録をしよう!

でんき家計簿とは

東京電力エナジーパートナーでは顧客サービスのひとつとして東京電力時代にすでに登場した「でんき家計簿」を引き継いでいます。これは電気使用量と料金などを確認できる無料サービスで、ライフスタイルに合わせた料金メニューや省エネ方法なども紹介してくれるものです。すでに380万人以上もの会員もいて、スマホ用アプリまで出ています。

このでんき家計簿の大きな機能としては下記の6機能があります。

電気使用量と料金の確認
料金シミュレーション
似た世帯との使用量比較
家電登録で各種情報確認
⑤節約テクニックのアドバイス
各種手続き

無料登録で利用できるので、より効果的に電気料金の見直しや節電ができるようになる魅力があります。
これまでは誰かに訊いたり、ネットで勉強する必要があったわけですが、ここで確認するだけで、たくさんの情報が得られるようになったのです。
非常に便利で、たくさんの会員が満足しているようです。

どんな働きをしてくれるのか?

では、それぞれの機能がどんな働きをするのか、具体的に見てみましょう。

電気使用量と料金の確認

過去2年間の使用料がグラフ表示され、今の季節、過去の季節の使用量が比較できます。
パターンを掴むことで節約対策を検討できるメリットがあります。

月々の請求額もメールで受けられるので、見落としなどもなくなり便利です。

料金シミュレーション

料金プランのシミュレーションも可能です。今の実績からほかのプランに変えた場合、どうなるのかがわかりやすくなります。
もし効果的なプランがあればすぐさま契約変更手続きもできるので、便利です。

似た世帯との使用量比較

似た世帯と比較することで電気を使い過ぎているか、電気料金は高くないかなどを比較できます。また、サイトが提案する省エネアドバイスをほかの世帯がどれくらい実践しているかがわかり、より効果的な省エネ対策を実施できるようになっています。

家電登録で各種情報確認

ある意味で画期的なサービスで、自宅の家電を登録すると、その家電が保証期限に達したり、リコールがかかるとお知らせをしてくれる機能です。
スマホからも確認できるので、家電ショップで買い替えを思いついたときにもさっと見ることができます。

節約テクニックのアドバイス

電気の使い方診断があり、そこから節約テクニックを紹介してくれる機能です。
家電や機器を替えた場合のシミュレーションも見ることができます。

各種手続き

引っ越しやカード払い、契約アンペア変更、検針票の届け方など、いろいろな手続きがここひとつで完了します。
ほかにも今まで紙で届いていた検針票がウェブサイト上で確認できるなど、新しい機能も続々登場しています。

登録の方法

でんき家計簿を利用するにはまずは東京電力エナジーパートナーのサイトで登録が必要です。といっても、それほど難しいことではなく、たった3ステップで簡単にできてしまいます。

登録ステップその1

 でんき家計簿のサイトを開く
でんき家計簿の公式サイトを開いてください。最初のステップがこれだけです。
ただ、気をつけたいのは家計簿への登録キャンペーンが実施されている場合もあります。もらい損ねないように登録前にチェックしておきましょう。

登録ステップその2

 メールアドレスを登録
メールアドレスを登録します。これによって請求内容もメールで確認できるので、できればいつも利用しているアドレスを登録するようにしましょう。

登録ステップ その3

 必要事項入力
登録に必要な内容を入力していきます。事前にこれまでの検針票を用意しておくと顧客番号などを入力するのにスムーズです。

たったこれだけで登録が完了します。所要時間はせいぜい5分程度といったところでしょうか。
これまで口座振替で電気料金を支払っていなかった世帯などだと情報が手元にないこともあるでしょう。
その際は認証コードをハガキでもらえるので、届いたらでんき家計簿にログインして、認証コード入力画面で入力すれば問題ありません。

>>暮らしを支えるTEPCOの詳細はコチラ

くらしTEPCOの各種手続きはとっても楽チン

オンライン経由で行える各種手続き紹介

東京電力エナジーパートナーではオンラインで様々な手続きが可能になっています。

例えば、契約の変更です。契約アンペアの変更や名義変更、検針票などの届け先住所変更などです。
これまでは窓口に行ったりなど面倒なことが多かったわけですが、会員登録を済ませていれば、ネット上で簡単に変更届が可能です。

それから支払い関係です。
口座振替の変更や申し込み、クレジットカードでの支払い、振替指定日サービスの利用など、支払いに関する様々な手続きももちろんオンラインでできるようになっています。

引っ越しの際の手続きもできます。引っ越しは特に面倒ですよね。住所変更や検針票の送り先なども変わりますので、同時にたくさんの手続きが必要です。
それらもオンラインで一気にできるので、これからは引っ越しによる面倒がだいぶ省略されることでしょう。

東京電力エナジーパートナーではオンライン化が進んでいますが、もちろん顧客の中にはネット操作が苦手という人もいるかと思います。

この記事を読んでいる方がネットが苦手というのは考えにくいですが、信頼していないという人もいるかもしれません。そんな場合には従来のように電話やファックスでの各種手続きも可能ですので、そちらを利用してください。

その場合、201年4月から自動的に契約先が東京電力エナジーパートナーに移っているので、電話番号やファックス番号など、あらかじめ確認してから連絡するようにしてください。

引越し手続き

引越しの予定日が決まり次第、東京電力エナジーパートナーに契約者名、お客様番号、現住所、引越し先住所、引越し日時、支払方法をネットもしくは電話かファックスで知らせましょう。すると、東京電力エナジーパートナーのサービス員が来てくれ、最終分の検針を行います。

引越しが済み、入居後の初めて電気を使う際に分電盤のブレーカーを操作します。まず、アンペアブレーカー、次に漏電遮断器、配線用遮断器の順に「入」にしてください。これで電気が点かないときは東京電力エナジーパートナーに連絡して係員に来てもらいましょう。

そして、これらが完了したら、ネットで引越し手続きを行います。でんき家計簿の会員とそうでない場合には手順が変わりますが、いずれにせよインターネットから手続きが可能です。

まず会員の場合は家計簿にログインし、「電気のお引越し手続き」ボタンをクリックし、情報入力します。同時に水道・ガスなどの手続きも同時にでき、それらが「マイ引越しれんらく帳」として作成され、一括操作が可能になります。

会員ではない世帯でも東京電力エナジーパートナーのサイトから手続きができ、必要事項を入力すれば手続きは完了し、同時に会員のように水道やガスの引越しも一括でできる「マイ引越しれんらく帳」が作成されます。

このように引越し手続きは決して難しいものではありません。しかし、絶対に忘れずに行うようにしてください。

一括手続き引越しれんらく帳

東京電力エナジーパートナーには「マイ引越しれんらく帳」というサービスがあります。水道やガス、新聞、インターネットなど昨今の日常生活はいろいろなサービス業者との契約で成り立って便利になっていますが、裏を返せば引越しの際の手続きがより煩雑になっているということにもなります。

そんなときにこのマイ引越しれんらく帳を利用すれば引越し先の情報を1回の入力するだけで、各事業者に一括で連絡を行うことができるようになります。

このマイ引越しれんらく帳で行える手続きとしては、停止手続き、開始手続き、そしてこの両方の同時手続きです。24時間利用でき、非常に便利です。

ただ、現在のサービス対象エリアは限られています。東京、埼玉、千葉、神奈川、茨城、栃木、群馬、山梨、静岡周辺です。

いずれにせよ、ほぼすべてのサービスなどに利用できるので、連絡忘れなども防げますし、ぜひとも利用したい機能になっています。

>>暮らしを支えるTEPCOの詳細はコチラ

ここは注意しておきたいポイント

ポイントが貯まるのは新プランのみ

東京電力が東京電力エナジーパートナーに変わり、自由化後に登場したサービスとして最も魅力的なのがポイントサービスでしょう。

全国規模で展開するポイントサービスのTポイントやPontaポイントが電気料金1000円につき5ポイント付与され、そのポイントは各ポイントサービスが提携している全国の店舗で利用できるわけです。
現在は利用可能店舗は全国規模、いえ、外国でも利用できるほどですから、そのおトク感は計り知れないほど便利です。

ただ、注意していただきたいのは、東京電力時代から利用している方が、東京電力時代からあるプランで電気を利用していても、ポイントは貯まりません。

これらのポイントが付与されるのはあくまでも東京電力エナジーパートナーの自由化後の新プランで契約した方のみです。

東京電力からなにもせずに継続して利用している場合、ポイントは一切付きません。

プランと使用量によっては従来のプランの方が得なこともありますが、そうでなければポイントが付く分、新プランに変更した方がそもそも電気料金が安くなるだけでなく、ポイントが付いて総合的に生活費を節約することができます。

東京電力エナジーパートナーのサイトで今のプランからどれくらい安くできるかの計算サービス『料金プラン試算』もあるので、それで確認してみましょう。

契約時の注意事項

東京電力エナジーパートナーの『くらしTEPCO』で契約する際、いくつか注意しなければならないことがあります。まず、契約できるのはこれまでの東京電力のエリアはもちろん、中部地方(静岡県(富士川以西)、長野県、愛知県、岐阜県(一部を除く)、三重県(一部を除く))、関西地方(大阪府、京都府、兵庫県(一部を除く)、奈良県、滋賀県、和歌山県、福井県(一部のみ)、岐阜県(一部のみ)、三重県(一部のみ))も可能になっています。

しかし、関東地方も含めてですが、離島に住んでいる場合や受電設備を持っていて特別高圧もしくは高圧で受電している、また、太陽光発電設備などで売電契約をしているもしくはしようとしている世帯では申し込みはできません。

さらに、契約できる場合においても、申し込み後すぐさま利用できるわけではありません。スマートメーターの設置などが必要になることもあり、およそ2週間後から適用期間が始まることが普通です。
開始時期はウェブ申し込みの際に画面上部に掲載されているので、目安はわかるかと思いますが、その辺りはあらかじめ確認しておいた方がよさそうです。

更新月

東京電力エナジーパートナーでは検診開始月を最初の月として、1年契約や2年契約で満期を迎えることになります。引越しの予定があらかじめ決まっている場合において供給エリア外に引っ越す場合は短めの契約にするなどにしておきましょう。解約する場合、別途説明しますが、違約金も発生するので注意が必要です。

いずれにぜよ、満期の時期は様々な書類やウェブサイト上で確認でき、満期の契約更新期間が来れば自動的に東京電力エナジーパートナーからお知らせが入ることになるでしょう。

もしそのまま東京電力エナジーパートナーの電気供給を受ける場合は特になにもする必要はありません。契約の継続、つまり更新をする場合はなにも手続きがいらないので、その通知も無視していれば勝手に更新が完了します。
ただ、契約内容に変更を食わせた場合はその期間内に案内に記載してある連絡先へ相談してください。

また、更新でなにも手続きをしない場合、例えば1年契約の世帯は1年契約で、2年契約の世帯は2年契約と、これまでの契約内容がそのまま継続されるので、期間を変更したいなどは至急手続きを行ってください。

解約違約金

東京電力エナジーパートナーの新料金プランでは契約期間の満期を迎える前に解約すると解約違約金が発生します。できれば満期を迎えるようにあらかじめ予定を確認しておいた方がいいでしょう。

東京電力エナジーパートナーの新プランを解約する際には540円の解約事務手数料がかかります。また、プランによってはそれだけではなく、例えばプレミアムプランで2年契約などを行うと満了日から2か月前の期間以外で解約すると解約金が5000円も発生します。1年契約の場合は同期間以外で解約すると原則3000円がかかります。

引越しやほかの電力会社への切り替えで解約する場合、解約事務手数料540円は最終使用月の電気料金と合わせて請求されます。残念なのが、引越し先で同じ料金プランに加入する場合でも解約事務手数料がかかるので、これは東京電力エナジーパートナーに改善をしてほしいところですね。

新プランを契約する際には「特定商取引に関する法律」のクーリング・オフ制度が適用できます。しかし、様々な条件をクリアしていないといけないので、その点はあらかじめ勉強しておきましょう。一応契約時には担当者から説明があるとは思いますが。

違約金の金額が年間に節約できる額を上回っている場合、東京電力エナジーパートナーで新プランにした意味がまったくないので、この点はしっかりと理解して注意を払うべきでしょう。

ここが良いよね!くらしTEPCOのメリット

多消費世帯

東京電力エナジーパートナーの『くらしTEPCO』が魅力的なのは、使えば使うほどに節約できる額が大きくなる点です。魅力ある新プランもまた使用量が多ければ多いほどに選択肢が増えますから、おトクになるのです。

電気料金が安くなることが今回の電力小売り自由化に対する、消費者の最大の魅力ですから、それを間違いなく最大限に発揮できているのがこの東京電力エナジーパートナーです。なんといっても親会社がこれまで、そして今現在も日本で最大とも言える電気会社、東京電力ですから、企業的にも安心ですし、電気の品質自体にも信頼がおけます。

それから、すでに東京電力を使っていた世帯は自動的に東京電力エナジーパートナーに移行されていますから、現在は日本最大の新電力会社とも言えます。
すでに契約済みなので、もし新プランに変更したいという関東地方の世帯は手続きもスムーズです。

でんき家計簿などのサービスも継続され、新しいプランへの見直しも容易になっているのも魅力です。今後、日本の新電力市場をリードする予感があるのがこの東京電力エナジーパートナーというわけです。

ポイントが貯まる

東京電力から東京電力エナジーパートナーに変わってなによりも魅力が増したサービスにポイントサービスがあります。自由化後に登場した新プランは、従来のプランと比べて世帯によっては大幅な電気料金節約が実行可能です。

電気料金はこれまでできるだけ使わないという方法以外に節約する術はありませんでした。しかし、自由化によって、プランを変更すればこれまでと同じだけ使っても安くなるというメリットができたわけです。

東京電力エナジーパートナーがすごいのはそれだけでなく、ポイント制を導入したことでほかの買いものに利用し、生活費全体をトータル的に節約することを可能にした点です。

例えば東京電力エナジーパートナーがオリジナルのポイントサービスを設立した場合、使える店が限られますが、注目なのが導入したポイントサービスがTポイントやPontaポイントといった、全国そして海外でも利用できるポイントサービスであることです。

いまやこのふたつのサービスは提携店ではない店を探す方が難しいほど浸透していますよね。
これらのサービスと提携している店舗であれば、東京電力エナジーパートナーの『くらしTEPCO』で獲得したポイントも1ポイント1円で利用できるのです。

電気料金1000円につき5ポイントが付与されますから、電気料金自体の節約だけでなく、これとは別に生活費まで節約できるのはかなり大きな魅力です。

セットメニューで得する

東京電力エナジーパートナーがより生活費を節約できることをサポートするために用意しているサービスは安い電気料金設定やポイントサービスだけではありません。ほかには、東京電力エナジーパートナーの提携会社との同時契約で、提携先の提供サービスまでが安くなるセットメニューです。

例えばガス会社があります。主にLPガスですが、東京電力エナジーパートナーの特定のプランと提携しているガス会社のプランを同時に契約することでガス料金まで安くなります。
携帯電話では今のところソフトバンクだけですが、東京電力エナジーパートナーとの共同プランを用意していて、双方にメリットがある料金体系が実現しています。 

ほかにも住宅関連、インターネットの契約など50社にもおよぶ提携会社があり、その魅力は尽きません。

このように東京電力エナジーパートナーはこれまでの東京電力とはまったく違う会社だと思ってもいいかもしれません。インフラや品質は従来のまま。しかし、サービスは顧客側に立った魅力あるものばかりです。

各種新プランの説明や『料金プラン試算』などでこれまでの電気使用量と比べて電気料金が安くなるのであれば、間違いなく東京電力エナジーパートナーの新プランにした方がおトクです。

>>暮らしを支えるTEPCOの詳細はコチラ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 4
    follow us in feedly

  関連記事

実は電気のプロJXエネルギーが手掛けるENEOSでんきとは?

・ENEOSでんきとは? ENEOSといえば車のガソリン給油などができるサービス …

あの大手オンラインショッピングも!楽天の提供する楽天エナジー まちでんきを徹底解説

電力自由化で電力会社を乗り換えたい!楽天エナジー まちでんきはどうなの? 楽天エ …

クリーンエネルギーで電気代も節約!太陽光発電を使いたいなら「じぶん電力」を選ぼう

出典:ibunden.com >>クリーンエネルギーでエコな電力「じぶん電力」の …

電力会社を変えるならHISのイーチェンジがおすすめ?格安旅行券だけじゃなく電気代も最安値に挑戦

H.I.S.電気とは?   電力自由化が始まり、たくさんの新電力会社が …

ガス会社老舗 株式会社サイサンが始めた「エネワンでんき」とは?

「エネワンでんき」株式会社サイサンとは? 2016年4月の電力小売市場の全面自由 …

ソフトバンクと東京電力が業務提携!そんなソフトバンクでんきとは?

携帯電話キャリアが提供するソフトバンクでんきとは? ソフトバンクでんきは名称その …

セット割りだけではなかった… これは使える!他社にないauならではの通信サービス

電力自由化に伴って多種多様な会社が電力業界に参入してきました。独自性の強いさまざ …

カテエネコでもおなじみ家庭向け中部電力のカテエネとは?

中部電力のカテエネとは? 名古屋を中心に中部・東海地方で電力供給を行ってきた大手 …