エネリスト

電気に関するあらゆる情報をお届け

清水建設が「月太陽発電」を本気でやるらしいぞ! 構想プランはこんなもの

   

月太陽発電。本当にこれが実現すれば日本の、いや世界のエネルギー問題が解決するそうです。建設会社の大手清水建設は、「LUNA RING計画」として、月太陽発電の計画に本気で挑んでいるようです。どんなプランなのか早速見ていきましょう。

月太陽発電「LUNA RING」構想とは?

月で最も太陽光線のあたる赤道上に、太陽光発電を張り巡らして、発電された電力をマイクロ波を用いて地球上に送電するという構想です。

そんなとんでもない構想、できるわけがないと懐疑的な人もいるようですが、今の人類の力を考えると全くできないプランではありません。むしろ世界全体がこの月太陽光発電構想に協力すれば十分に可能なプランのようです。

月でどれくらいの電力が作れるのか?

出典:shimz.co.jp

清水建設の月太陽光発電担当者によると発電電力は8.8TWを予定しているようです。これはどれくらいの電力に値するのでしょうか?T(テラ)という単位はG(ギガ)の千倍です。GはM(メガ)の千倍です。MはK(キロ)の千倍です。

8.8TWという電力がどれほど大きい電力か理解するために、原子力発電と比較して見ましょう。原子力発電所1台の発電能力は100万kwと言われています。これは1GW(ギガワット)の電力を発電できるという意味です。

8.8TWとは8800GWと同じですから、月で8800基の原子力発電所に匹敵する電力が作れてしまうということを意味します。実に地球上全ての電力需要をまかなうことができます。

どうやって月で発電した電力を地球に運ぶのか?

月と地球を電線でつなぐことはできないのにどうやって月で作った電力を地球に運ぶのでしょうか?月で発電した電力を一旦マイクロ波にして地球に送電するのです。

これは現在の科学技術でもできることで、宇宙上では電力消失はありません。マイクロ波が地球の大気圏を抜ける際に約2%の電力消失があるだけだと言われています。

月で発電することが他より優れている点

月で電力をまかなうことは、地球上で電力を発電しようとするよりも優れている点が幾つかあります。

膨大な建設面積が確保できる

地球上に発電所を建設しようとする場合、森林を伐採したり、大変な住民との交渉を行ない建設地を確保しなくてはいけません。大規模に発電しようと思っても地球上の平地には既に地理上の限界があります。しかし月には膨大な建設用地があるので、大規模な太陽光発電を敷設できます。

安定して太陽エネルギーを集め、地球に送れる

月には地球上にある大気圏がありません。太陽のエネルギーがそのまま太陽光パネルに当たります。同じようなことが宇宙上に打ち上げられた衛星でも行なえそうですが、衛星は地球上を旋回するので、常に太陽光パネルを太陽の方向に向け続けるのは至難の業です。

その上、マイクロ派で電力を地球に送るにしてもピンポイントで電力を地球上の受電基地に送るのも至難の業です。ですが、月の赤道上全体に太陽光パネルを敷き詰めれば常に最適の角度で電力を得られます。その上、地球から見た月は常に同じ向きを向いているという特徴があります。

出典:shimz.co.jp

これは月の送信施設から地球上の受信施設まで、ピンポイントでマイクロ派を送れることを意味しています。衛星では地球との角度の問題で難しかった問題が、月面では解決するのです。

月太陽発電の建設プラン

清水建設の説明によると現在協力企業を募集し、2035年に着工予定ということです。容易に予想できますが、最大の問題は太陽光パネル設置に必要な建設材料を月面に輸送することです。

ですが月には太陽光パネル建設に必要なシリコンがありますし、水素さえ地球から運べばセメントを作るのに必要な水も作れます。水素以外には作業を行なうロボットを送り込めば、いいというわけです。十分に現在の科学技術で達成できるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 5
    follow us in feedly

  関連記事

クラウドを利用すれば節電効果が!大手クラウドの省電力・再生エネルギー対策を紹介

クラウドを利用することで節電効果が期待! 会社の中にはクラウドと言って、ネット上 …

国内最大規模エネルギーサミット「電力自由化サミットジャパン2016」の内容が3分で分かります 日本電力の向かう先…

出典:japan-nea.org 2016年4月に低圧向けの電力自由化も始まり、 …

なるほど、だから石油会社も電力販売をはじめたのか! 思わず唸る4つ理由

電力自由化となり、どんな会社が電力販売をはじめたのかを見ていくと興味深いことが分 …

差別だ! 電力自由化後に新電力会社供給地域 なぜ「ただし離島は除く」が含まれているのか

安い電力会社が出ていました。電力自由化に乗じてぜひ新電力を試してみたい。しかし離 …

電気料金対策 便利と評判の「でんき家計簿」で一括管理

自分の家ってどれくらい電気を使っているのだろう。 今までは一ヶ月にポストに投函さ …

よく聞く太陽光発電!雷には大丈夫なの?

エコな発電の代表各といえば太陽光発電。そんなソーラーシステムにとって「雷」は問題 …

地域活性化のための電力会社の取り組み

地域活性化は日本が目指す大きな目標の一つです。地域が活性化するためには若い人たち …

手動発電機いつ買う?今、買ったほうがいい3つの理由。 ラジオ ライト以外にもこう使える

災害時に必要になる懐中電灯。電池タイプのものに加えて最近では手回しで発電できるタ …

節電するとポイントが発生?ネガワットマンションを紹介

デマンドレスポンスサービス付きマンション 節電という考え方は東日本大震災の時の福 …

2017年ガス自由化に先立ち… いまいちだった電力自由化からチョット学べること

電力自由化が4月から始まり、どうなることかと蓋を開けてみたところ…結局98%の方 …