エネリスト

電気に関するあらゆる情報をお届け

東京オリンピックでの消費電力 意外な見積もり電力量と世界も驚く意外な対策

   

日本国民はみな東京オリンピックが2020年に開幕するのを心待ちにしています。ですが、現実問題として原子力発電所が全て止まっている東京電力管轄内でオリンピックに必要な電力をまかなえるだろうかと感じる人も多いようです。

2016年のリオオリンピックも準備の不手際が原因でたくさんの問題が起きたことを考えると、世界でも有数の電力消費国日本の電力問題も真剣に考える必要があるでしょう。今回は東京オリンピックでどれくらいの電力が必要となるのか、どのようにオリンピック時の電力問題が解決される予定なのか、見て行きたいと思います。

東京オリンピックの消費電力見積り

東京オリンピックにおいて主に電力が消費されるのは選手村と言われています。オリンピック期間中は1万7千人の滞在見込みがあります。オリンピックは夏に開催されるので選手村のエアコンはフル回転でしょう。しかし、競技が開催中に必要な電力は、さほど多くはないようです。

会場を照らす照明電力と屋内施設のエアコン代くらいでしょう。開会式・開幕式も行なわれるメイン会場は屋外ですので、冷暖房設備に多大の電力が必要とされることはありません。オリンピック関連施設の造りは競技が行なわれるための設備が立ち並ぶのであって、大企業の工場のように大電力が必要な設備が軒並みに立ち並んでいるのではありません。

つまり必要電力量を見積もると、さほど大きな電力は必要とされないことが分かってきました。現在の試算では4万kwの消費電力が見込まれています。

4万kWってどれくらい?

4万kwといっても一般の方はピンとこないかもしれません。4万kwというのは火力発電のわずか1タービンだけ動かしてしまえば生み出せてしまう電力量です。通常火力発電所はタービンをいくつも同時に動かし20万kw~100万kwもの電力を生み出します。

発電量が大きいといわれている原子力発電所1基の発電能力は100万kwです。つまり東京オリンピックが開催されても原子力発電所規模の大電力が必要とされることはありません。現状原発なしでも東京の電力需要をまかなえているわけですから、東京オリンピック期間はプラスアルファ程度の電力を生み出さすのは大きな問題とはならないでしょう。

福島原発が作動不可能になったときに東京電力は夏のピーク時の電力をまかなうために、ガス火力発電所をわずか1ヶ月ほどで建設してしまい、夏のピーク時の需要をまかなった経験があります。ですからこのまま原発が動かなくても、東京オリンピックは問題なく行なわれることでしょう。

オリンピックの電力どうやってまかなうの?

東京都の長期目標の中に「スマートエネルギーの推進」というものがあります。スマートエネルギーとは簡単に言うとCO2が出ない方法での発電を推進するということなので、大量のCO2を撒き散らす火力発電でオリンピックの電力を補うというのは都の方針に反するようです。

2015年1月14日にオリンピックの電力需要をまかなう面白い方法があることを読売新聞が報道しています。その方法とは「水素タウン」の建設です。つまりオリンピックに必要な電力は全て、水素で発電する。温水なども全て水素で作り出すというわけです。もしこの計画が実現すれば、CO2排出なしの発電ができることを、世界に発信するすばらしい機会となることでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 4
    follow us in feedly

  関連記事

清水建設が「月太陽発電」を本気でやるらしいぞ! 構想プランはこんなもの

月太陽発電。本当にこれが実現すれば日本の、いや世界のエネルギー問題が解決するそう …

ゴールまであと少し!2019年核融合発電による電力供給開始か?

核融合発電実現までもう少し 核融合発電はかつて「夢のエネルギー」と言われていまし …

2030年 火力発電は消滅する危機 その興味深い理由とは?

電力というのは貯めることができないので、その時々の電力需要に合わせて、電力を発電 …

国内最大規模エネルギーサミット「電力自由化サミットジャパン2016」の内容が3分で分かります 日本電力の向かう先…

出典:japan-nea.org 2016年4月に低圧向けの電力自由化も始まり、 …

よく聞く太陽光発電!雷には大丈夫なの?

エコな発電の代表各といえば太陽光発電。そんなソーラーシステムにとって「雷」は問題 …

電気料金の領収書の見方はこう! 自分に合った電力会社見分る

電力自由化が始まってから最適な電力会社を選ぶ対策として、今まで受け取っていた電気 …

建築業者から電気を買う試みのここがおもしろい ミサワでんき

「建築業者から電気を買う」という新しい試みがなされています。日本の有名ハウスメー …

電力自由化で当然増える新電力への勧誘 彼らが触れないこのデメリット 

電力自由化後必ず増えると言われているのが電話や訪問による新電力への勧誘です。新電 …

差別だ! 電力自由化後に新電力会社供給地域 なぜ「ただし離島は除く」が含まれているのか

安い電力会社が出ていました。電力自由化に乗じてぜひ新電力を試してみたい。しかし離 …

FIT電気とは? 意外と知らないかも…自然に優しい電力ではあるが、国民の生活を圧迫しているらしい

太陽光発電が日本中で爆発的に増えました。なぜだか知っておられますか? それは「F …