エネリスト

電気に関するあらゆる情報をお届け

地域活性化のための電力会社の取り組み

   

地域活性化は日本が目指す大きな目標の一つです。地域が活性化するためには若い人たちが人口の少ない地域に移転してくれなくてはいけません。

国として地方自治体として、そして電力会社としてどんな取り組みがなされているのでしょうか?地域活性の重要性は知っていても、自分が地方で生活するとなるとやはり二の足を踏むと言う人も多いことでしょう。ですから地方に移転するにはどんなメリットがあり、どんな取り組みがなされているか見ていきたいと思います。

地域活性化のための国・地方自治体の施策

日本は都市部中心ではなく地方で若者たちに住んで働いてもらえるようにいろいろな施策を行なっています。例えば総務省は国費を捻出して、地域活性のためのNPOを設立し、地域でたくさんの雇用が生み出されるようにしたり、地方でも快適に過ごせるような交通手段を増やすなどの取り組みがなされています。

地方自治体としての取り組みは、その地域で子どもが生まれて出生届を出せば、養育支援金として30万、その上中学生になるまでは子どもの医療費無料とか、二人目は保育園の費用をすべて自治体が負担などの努力が払われています。

電力会社の取り組み

電力会社各社にも地域活性のための動きが出ています。特定の地域に住んでいる人だけに特別なサービスを展開する会社も出てきました。面白い例としては全世界空手道連盟新極真会の福岡支部が県内の他の3つの会社と提携して「九州スポーツ電力」という電力会社を設立しました。

九州という地方に移転してくれる方はこの九州スポーツ電力の恩恵にあずかることができます。九州地方に住んでいれば空手やサッカーをはじめとするスポーツのサポーターやプレーヤーとして参加できるようになりますし、九州のスポーツが推進されるように利益の一部が用いられる予定です。

資金不足に悩む地域のスポーツ団体に九州スポーツ電力を利用することによって貢献できるという仕組みになっているのです。地域移住を推進させるための取り組みもなされています。例えば岡山県真庭市では地域活性事業としてバイオマス木材発電が開始され、雇用が生まれました。

電力会社としても後押しし、バイオマス木材発電で生み出された電力を1kwあたり24~32円で買い取ると発表しています。1kwあたり22円で売られている電気をそれ以上の価格で買い取るのですから、地域促進に貢献していると言えるでしょう。

地域活性化に向けた今後の取り組み

電力会社として、今後地域活性のために移住してきた人のために、特別の料金プランを電気を提供するなどの取り組みがなされていくかもしれません。電力自由化に伴ってより住みやすい国となるようその努力に期待したいものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 5
    follow us in feedly

  関連記事

電気料金対策 便利と評判の「でんき家計簿」で一括管理

自分の家ってどれくらい電気を使っているのだろう。 今までは一ヶ月にポストに投函さ …

未来の電力の情報交換 スマートエネルギーWeekで示された水素電力という方向性

これから日本の電力はどうなっていくのか?それがひと目で分かる博覧会が開かれている …

ゴールまであと少し!2019年核融合発電による電力供給開始か?

核融合発電実現までもう少し 核融合発電はかつて「夢のエネルギー」と言われていまし …

手動発電機いつ買う?今、買ったほうがいい3つの理由。 ラジオ ライト以外にもこう使える

災害時に必要になる懐中電灯。電池タイプのものに加えて最近では手回しで発電できるタ …

電気不足時に大活躍するデマンドレスポンスってなに?

電力自由化になって、電力需要と供給をあわせるのがいよいよ難しくなったと言われてい …

2017年ガス自由化に先立ち… いまいちだった電力自由化からチョット学べること

電力自由化が4月から始まり、どうなることかと蓋を開けてみたところ…結局98%の方 …

地球環境に悪影響をもたらすエネルギー問題・地産池消で解消する?

エネルギー問題が巻き起こす異常気象   「異常気象」という言葉がニュー …

節電意識の高まりによって生じた新たなビジネスネガワット取引とは何か?

同時同量から生まれたデマンドレスポンス 電気というのは貯めることができないので、 …

建築業者から電気を買う試みのここがおもしろい ミサワでんき

「建築業者から電気を買う」という新しい試みがなされています。日本の有名ハウスメー …

ついに現れた自治体PPS みやま電気 感動の設立目的とは…

市民球団広島東洋カープがあるように、地方自治体主導の新電力会社が立ち上げとなりま …