エネリスト

電気に関するあらゆる情報をお届け

電力自由化で当然増える新電力への勧誘 彼らが触れないこのデメリット 

   

電力自由化後必ず増えると言われているのが電話や訪問による新電力への勧誘です。新電力業者も顧客が獲得できなくてはせっかくの発電への設備投資も水の泡ですから、あの手この手を使って勧誘を仕掛けてくるでしょう。

しつこい勧誘は確かに電力自由化のデメリットの一つと言えますが、新電力への乗換えを考えている人にとっては「ちょうどいいところに営業に来た。ちょっと話を聞いてみよう」となるかもしれません。ところがこの電話や訪問による勧誘は注意しないと大きな損をしてしまうことになります。なぜでしょうか?

悪徳業者が横行する

通常新規参入の電力会社は自ら営業活動を繰り出すというのではなく多くの代理店をたてます。代理店は電話攻勢や大型電化販売店での顧客獲得の営業を行ない顧客を獲得できた人数に伴って報酬を得るという方式です。

光インターネットの営業のときもそうでした。通信業者そのものよりも代理店が勧誘のほとんどを行なっていたのです。固定給で働く自社社員で営業をかけるよりも、歩合報酬で働く代理店のほうが営業成績がいいからでしょう。しかし代理店は顧客獲得が第一になるため、お客を騙すような勧誘をする悪徳業者も出ることになります。

彼らはどのような方法で顧客を騙し自分の利益を確保するのでしょうか?新電力業者選びを間違わないために、代理店営業にありがちな落とし穴を考えて見ましょう。

執拗な勧誘

大型電化販売店でゆっくり買い物したいのに、および出ない代理店の勧誘員が話しかけてきます。

「お安い新電力のご案内をしております。今○○とセットでお申し込みいただけるなら…」、ゆっくり買い物もできず家に帰ると、別の新電力会社が訪問して「○○電力です。現在一般電気事業者とご契約のようですが、当社とご契約いただけると…」、どうにか断り、やっとゆっくりうたたねしかかったときに「突然のお電話失礼いたします。○○電力です。現在キャンペーンをしておりまして…」、電力自由化になり次から次へと新しい顧客獲得のためにいろんな新規参入電力会社があの手この手で勧誘攻勢をかけてくるでしょう。

別に電力会社を買える予定がない人にとって、これは電力自由化の大きなデメリットです。でも新電力に乗り換えようという人にとってはいい情報なのではないでしょうか?そうでもないのです。

メリットが得られない

光インターネット回線のときもそうでしたが、一度契約してもらえば長期にわたって会社に利益をもたらしてくれるので、新電力会社は新規加入特典というものを用意しています。光インターネットのときは4万円キャッシュバックなどの大盤振る舞いのキャンペーンもありました。

しかし代理店を通してなされる勧誘活動は、代理店を通さないなら得られるかもしれない新規加入特典が付いていないものも多いようです。本来ならキャッシュバックされるものが代理店へと流れているためです。

デメリットが伝えられない

さらに代理店を通してなされている勧誘は新電力のメリットばかりが伝えられて、デメリットが伝えられないという傾向も強いようです。具体的に言うとほとんど新規参入電力会社は、「電気代と○○をセットでご契約いただけると2年間で2万円のお得」などうたっています。

「通信量やガス代が2万も安くなるのかそれなら…」と思いますが、おいしい話ばかりではありません。2年間で2万お得なのは、2年間の契約の縛りが前提だったりするのです。もちろん2年経たないうちに引越したり、その他の事情で解約するなら、2万円とは言わないほどの違約金が取られることになります。

こうしたデメリットの部分はもちろん伝えられることはありません。これら違約金などのデメリット情報は、他の契約内容にまぎれて小さな文字で書かれたパンフレットにしか記されていないのです。

新電力を選ぶ場合は自分でメリットを確認して契約

上記のように勧誘されるがままに契約すると後々大きな後悔をするかもしれません。新規電力会社に乗り換えようと思う場合は、どの会社のどのプランを契約することがもっとも安く付くのだろうか、デメリットはどんなもので受け入れられるものだろうか、と自分で考え自分で決定することが必要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 4
    follow us in feedly

  関連記事

FIT電気とは? 意外と知らないかも…自然に優しい電力ではあるが、国民の生活を圧迫しているらしい

太陽光発電が日本中で爆発的に増えました。なぜだか知っておられますか? それは「F …

ゴールまであと少し!2019年核融合発電による電力供給開始か?

核融合発電実現までもう少し 核融合発電はかつて「夢のエネルギー」と言われていまし …

電気不足時に大活躍するデマンドレスポンスってなに?

電力自由化になって、電力需要と供給をあわせるのがいよいよ難しくなったと言われてい …

ネガワット取引は各方面にメリットが期待できる?

消費者は報酬がもらえる 電力自由化などの電力システム改革が進められているのですが …

2030年 火力発電は消滅する危機 その興味深い理由とは?

電力というのは貯めることができないので、その時々の電力需要に合わせて、電力を発電 …

清水建設が「月太陽発電」を本気でやるらしいぞ! 構想プランはこんなもの

月太陽発電。本当にこれが実現すれば日本の、いや世界のエネルギー問題が解決するそう …

地域活性化のための電力会社の取り組み

地域活性化は日本が目指す大きな目標の一つです。地域が活性化するためには若い人たち …

手動発電機いつ買う?今、買ったほうがいい3つの理由。 ラジオ ライト以外にもこう使える

災害時に必要になる懐中電灯。電池タイプのものに加えて最近では手回しで発電できるタ …

ロンドン、パリは無電柱化率100% 東京は7% なんでなの?

ロンドン、パリ、ベルリンなどのヨーロッパの町を旅するとあまりの景観の美しさにビッ …

国内最大規模エネルギーサミット「電力自由化サミットジャパン2016」の内容が3分で分かります 日本電力の向かう先…

出典:japan-nea.org 2016年4月に低圧向けの電力自由化も始まり、 …