エネリスト

電気に関するあらゆる情報をお届け

オール電化の家庭、電力自由化による契約プラン変更はお得なの!?

   

2016年4月に予定されている「電力自由化」。 企業だけでなく一般家庭でも、新しく参入してきた電力供給会社に契約が変更できるというものですね。電力会社間の競争意識が高まり、料金やサービスに多様性が生じることが期待されています。

ただ電力自由化は、一般家庭にとってはこれからシステムなどが整備されていく「未知の領域」。「我が家はオール電化だから料金プラン変更に有利かも!?」とお考えの方もいらっしゃるかもしれませんが、ガスなど併用している家庭ならともかく「オール電化」のご家庭で先走りの契約プラン変更は少し様子見が必要かもしれませんよ!

オール電化の家庭での「電力自由化」採用のプラン変更を考えてみる

電力自由化により、ガス会社や通信会社・住宅メーカーから電機業界への異業種参入が検討されています。各社とも新しい料金プランやサービスを検討・発表してきていますが、実は「オール電化」のプランに関しては、各社とも現状では魅力的なオール電化プランをまだ十分に発表しきれておらず、立ち上がりが鈍い状況です。

試しに現在オール電化を採用しているある一般家庭で、現状の料金プランと新電力会社のプランを比較してみたところ、一概には言えませんが新電力会社のプランのほうが割高の試算となった、という結果もあるようです。

オール電化を採用している家庭においては、今後新電力会社が参入してきたとしても、既存のサービスプランからの変更や乗り換えについては少し期間を置いて様子を見たほうが無難かもしれませんね。

オール電化家庭と「電力自由化」の今後の展望

そもそもオール電化は、制御システムで使用頻度が少ない「深夜」の電力を利用したり、夜中にエコキュートを稼働させて給湯しておくことで電気料金を抑えるというもの。ただ、せっかくコストダウンを期待してシステムを導入したのに、ここ数年で発電の事情などにより、深夜の電気料金が逆に上がってきているケースもあるそうです。

新電力によるオール電化システムの設置に関しても、送電網の維持管理の理由により停電や電力不安定などの問題が発生するリスクが全くないとは言い切れません。今後、発電の状況が改善し深夜の電気料金が下がる傾向が出てきたときに、オール電化プランを検討するというのが妥当かもしれません。

まとめ

何事においても新しいことが始まるときは、準備不足やシステムの不具合などがつきものです。実際に制度が始まってしばらくすれば情勢も判明してくると思いますし、新電力会社も含め料金体制やサービスの開発・拡充に力を入れ競争も激しくなってくるでしょう。

いずれにしても現時点ですでにオール電化システムで稼働しているのであれば、電力自由化に制度が移行してからも、しばらくは電力会社各社の動向や国・地方公共団体といった政府や自治体の動きも静観しておいたほうがぶ何であるといえます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 4
    follow us in feedly

  関連記事

自由化に伴う電気とガスの基礎知識を改めておさらい!

2016年よりスタートする電力自由化。 そして2017年からスタート予定のガス自 …

火力発電所によって異なる3つの発電方法−火力発電の基礎知識

火力発電所は現在日本の電力供給を支える大黒柱の一つです。 石炭、石油等を用いた火 …

電力自由化で注目されるヘルツの違い

東日本と西日本でなぜヘルツが変わっているのか? 50ヘルツと60ヘルツ、日本には …

電力自由化で夜間電力は安くなる高くなる?

夜間電力の価格 今後の展望は? 電力自由化に伴い私たち電気消費者が気になるのは料 …

電力自由化で注目が集まるPPS(新電力)って何?

電力自由化がスタートするにあたってPPS(新電力)というキーワードを耳にすること …

電力自由化でいろいろな会社が参入・供給が不安定になることはないの?

契約していた電力会社が破たん…電気の供給もストップする? 停電が頻発することはな …

こっそり教えちゃう 日本で一番高い電気料金の会社は実はこの会社

電力自由化後、少しでも電気料金が安くなればいいと思いますが、大胆不敵にも競争意識 …

電力自由化において重要な タテ ヨコとは

どうしたら電力自由化は成功するのか?日本国には日本経済が発展するためには何が必要 …

電気自由化で懸念されるのは電線の使用料金が高いこと!?

まず、自由化では送電線は新しく設置されることはない 2016年4月に実施される電 …

電力自由化は一体いつからどのように始まるの?

電力小売りの全面自由化開始は2016年4月から! 電力自由化は、これまで地域ごと …