エネリスト

電気に関するあらゆる情報をお届け

オール電化の効率性を「電力自由化」の前に徹底検証!

   

いよいよ始まる「電力自由化」を受けて、「うちもオール電化を検討しようかな!?」とお考えの方も多いはず。

オール電化は確かに便利だし、上手に活用すれば家全体の光熱費トータルコストを節約できそうな印象ですよね。でもちょっとだけ立ち止まって、俯瞰してこれからのオール電化事情を見てみませんか?

ご家庭によってコストが下がるかもしれないし、逆にコストがかかる場合もあるかもしれません。早急な選択・決断をする前に、全体的なシステムの様子と電力自由化の状況をしっかり考えていくことにしましょう!

オール電化システムの「メリット」と「デメリット」ちゃんと把握してますか!?

キッチンや給湯システム・エアコンなどの生活に必要なエネルギーは、電力会社からの電気かガス会社からの都市ガスやプロパンによりまかなわれています。

このエネルギーを、すべて電気によりまかなうシステムのことを「オール電化システム」と言います。オール電化にはメリットもあれば、当然デメリットもあります。電力小売りの自由化に向け、オール事情をしっかり把握しておきましょう。

まずメリットとしては、「ガス料金が不要」・「夜間の安い料金体制がある」といった「経済面」が考えられます。家族の人数が比較的少なく、昼間に家で活動する人が少ない家庭では、かなりお得になるのかもしれません。

また、キッチンなどでを使わないため「安全性が向上する」・「掃除が楽」といった「機能面」でのメリットも考えられます。小さな子供がいる若い世代のファミリー世帯では、育児や家事がいくぶん楽になりそうな感じがありますね。

さて問題のデメリットですが、これは今まであげてきた「メリット」の逆パターンを考えなていきましょう。例えば「経済面」。家族の人数が多く、昼間も活動する人が多いならコストが逆に高騰する恐れがあります。さらに設置コストが高くつくことも認識しておかなくてはいけません。

また「機能面」ですが、IH調理器では料理の種類が限定されてしまうこと・停電時の不具合・貯湯タンクの設置場所確保など、かなりの覚悟が必要な印象です。

「電力自由化」になってからオール電化システムにするべきか否か!?

電力自由化を見越し、新規で電力業界に参入する新電力会社が続々と名乗りを上げています。ガス会社や住宅メーカーなど顔ぶれもさまざまです。既存の電力会社も新電力会社に対抗するため、いろいろとお得な電気料金プランを企画しています。

オール電化に関しても、これからの時代の流れ・政府や自治体のエコシステムに対する取り組みの強化から見て、スマートシステムに関する補助などさまざまな新しい体制が整備されることも予想されます。

ただし、電力の供給に関する送電網の整備や管理の問題・今の時点で懸念されるオール電化システムの機能面に対する不安など、電力自由化を受けてオール電化に移行するには考えなくてはいけない点も多いことも事実。

新電力会社が信頼できる体制を持っているのか、価格面ではどのくらいメリットがあるのか、電気供給体制は大丈夫なのかなど、状況を少し見守ってからオール電化システムへの移行を検討するのが安全だと言えるかもしれません。

まとめ

電力自由化はこれから制度が始まり形づくられていきます。今までのあらゆる新しいシステム・制度の始まりでも、さまざまなトラブルや懸念点が問題となってきました。特に今回の問題は、「電気」という現代の生活に欠かすことができない重要なインフラに関することです。

しかもオール電化となれば、生活に関するすべての機能の源が「電気」に集中するわけです。一歩間違えれば、経済的にも精神的にも大損害ともなりかねません。新規・既存の電力会社の情報や、政府・自治体から発表されるアナウンスをしっかりと把握し、専門家の意見も参考にしながら、今後のオール電化移行に関しては慎重な判断をおこなうようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 5
    follow us in feedly

  関連記事

発送電分離の手法は4種類・その中の一つ法的分離とは

日本で法的分離に集約された背景は?   電力自由化と発送電分離 電力自 …

「電力自由化EXPO」で電力自由化の情報が改めて紹介される!

ただし、現状は一般市民向け開催ではない 2016年4月に電力の小売りが全面自由化 …

「時間前市場」を設ける2つのメリットはなに?

ライフラインとして電力の取引では不測の事態に備えることが必要です。 「スポット市 …

LNGスポット取引は電力自由化とどう関係するのか

LNGは一般的には供給源と長期契約をしてガスを仕入れるのですが、そうではないスポ …

電力自由化で懸念されるのは新電力会社の技術力

新電力会社に移行しても技術的に安定供給は可能? 電力自由化が2016年4月に行わ …

電力自由化で売電価格が優遇されるかも?太陽光発電がより有利になる可能性が

2016年4月よりスタートする一般家庭向けの電力小売が自由化されるということで注 …

20年以上前からイギリスで進む電力自由化−現状はどうなっている?今後は?

イギリスでは1990年に国営の電力会社が民営化され、電力自由化が始まりました。 …

電力供給会社が行っているポートフォリオ契約とは?

電力自由化で好みの電力会社を一般家庭でも選択できるようになっていますが、まだ始ま …

再生可能エネルギーのPPSは環境重視派に向いている!

電力自由化が2016年4月に始まったら、小売りが全面自由化されるので新電力会社( …

火力発電所によって異なる3つの発電方法−火力発電の基礎知識

火力発電所は現在日本の電力供給を支える大黒柱の一つです。 石炭、石油等を用いた火 …