エネリスト

電気に関するあらゆる情報をお届け

「電力自由化の負の影響」それは「不確実な価格変動」!?私達がとるべき対策を解説

   

2016年4月から家庭向けの電力供給が「自由化」となります。いわゆる「電力自由化」です。既存の電力会社以外の企業が、新規で業界に参加することができるようになるというもの。

今回の電力自由化に合わせ、すべての住宅設備を電力一本にまとめる「オール電化」をお考えの方も多いはず。当然競争が起きることで価格の下落を期待したいところですが、実は各電力会社が原子力・太陽光・水力・地熱・風力など、どの発電方法をとるのかによって「電気代」がかなり違ってくるのだそうです。

エネルギー業界の動向によってもしかすると想定外に高騰してしまう恐れも!そのような事態に対し私達はどのような対策を講じておくべなのでしょうか。オール電化にした場合の節約方法や他エネルギーとの併用方法など効率的な対策をまとめてみましたので、ぜひ参考にしてみてください。

オール電化でも大丈夫!電気代値上がりにも耐えられるオール電化節約術

オール電化の代表格「エコキュート」は、安い深夜電力を利用してお湯を沸かし貯めておくもの。その他の住宅設備も同様で、電気代が安く設定されている「深夜」に集中して電気を使うというのが最もおこないやすいオール電化の節約術です。

エコキュートもそうですが、例えば洗濯機や炊飯器も深夜の時間帯にタイマーをセットしておいて、電気代が安くなる時間帯に差し掛かったところで起動させます。

オール電化システムを採用されている特に人数が多いご家庭や、昼間より夜間の電気使用比率が高いご家庭などは、この深夜の電気代が安く設定されている時間帯に家事設備を稼働させることは必須の対策なのかもしれませんね。

また、細かい節約術にはなりますが、住宅設備それぞれの機能を最大限に活用して電気代を抑えるのも大切なことです。例えば、季節ごとに使用モードを切り替えることは必須の操作となります。夏と冬で同じモードを使用していると、片方の季節では非常にもったいない使い方になってしまうかもしれません。

設備により異なるとは思いますが、長期間家を空けるときなどの休止モード・シーズン終了時のコンセントとブレーカーOFFも必須節約術と言えます。とにかく設備の使用状況を「放って置く」ことが、一番の無駄遣いと言えそうです。

オール電化とガス併用システムならどちらがお得?

昨今の電気代値上り状況を踏まえると、オール電化にするよりは「ガス併用」にしたほうがお得なのでは?と考えたいところでしょう。

これは結論から申し上げると、「現時点では判断するのは大変困難」というのが精一杯の状況です。最も大きな理由は、原発や中東・ヨーロッパ情勢など「政治状況」が現在流動的すぎるということ。

原発にしても賛成派や反対派の意見は割れ、政策を推進する政府内でも意見の一致が難しい状況です。今夏の選挙の行方次第では、電気料金にかかる負担がかなり上下する可能性も否めません。

中東・ヨーロッパ情勢に至っては、テロや紛争の様相が混迷を極めるばかり。原油やガスの価格に大きな影響を与えるのはもちろん、物価自体が左右されることになるかもしれません。

こうした国際情勢の中、国内の電気料金やガス代という「経済的」な視点だけでオール電化かガス併用かを選ぶのは情報不足で危険な選択になります。

金銭面よりは、家族の構成・家にいる時間帯・主に使用する住宅設備などの「機能面」を中心に分析して、インフラシステムを検討するのがより安全なのではないでしょうか。

まとめ

オール電化はスマートな生活環境を実現するのに、とても便利なシステムだと言えます。契約内容や節約方法を工夫すれば、経済的にも安定してくる場合もあるでしょう。

新規で参入してくる新電力会社が打ち出す、新しい家庭用電力プランやオール電化プラン、その料金体制も気になります。ガス会社も黙って見ているだけではないと思いますので、ガスを使用した場合の魅力的なプランや料金体制、電気とガスを併用した場合の便利でお得なプランなど、これから打つ手をいろいろと考えてくるはず。

消費者の立場としては、ただ入ってくる情報に左右されるのではなく、正しい選択をするためにも電力会社やガス会社などが発表する情報や政府・自治体が用意する有利な制度、国内・国外の政治経済の変化などさまざまな「情報」を自ら調べ判断していくことが、これから求められる賢い消費者としての標準的な姿勢になっていくのではないでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 5
    follow us in feedly

  関連記事

電力自由化についてのアンケートでは64%が電力会社を変えたい

消費者が心配しているポイントのひとつだが・・・ 2016年4月の電力自由化で消費 …

再生可能エネルギー普及を妨げる「高コスト」問題検証と「低コスト」化への道筋考察

太陽光や風力・バイオマスといった再生可能エネルギーは、環境に優しいエネルギーだと …

関西電力が採用している2本継ぎ電柱は敵に塩を送る行為?

持ち運び便利な電柱 電柱の新しいスタイルとして、2本継ぎ電柱が注目を集めています …

電力・ガス会社の過剰な設備投資の原因に?電気・ガスは無駄の多いシステムなのか!?

電力・ガス自由化に伴ってどんなシステムで運用されてきたのかが注目されるようになっ …

卸電力取引−何をするところ?2つの存在意義とは?

日本で唯一電気を市場取引できる機関があります。日本卸電力取引所(JEPX)と呼ば …

電力自由化に伴う大手通信キャリアの戦略は?ユーザーにメリットはあるのか

2016年4月からスタートする電力改革に伴う小売の全面自由化。 実に多様な業種が …

電力自由化についてのアンケートでは64%が電力会社を変えたい

認知度は80%を超えるが、すぐに変えたい人は少ない!? 2016年4月に実施され …

電力自由化で街路灯はどうなるの?

街路灯の負担者も自由化でお得に運営する時代になる! 2016年4月の電力自由化は …

自由化をもう一歩踏み込んで見ると電気代は安くならないことがわかる ユニバーサルシステムとは

電力事情を一歩踏み込んで見ると違ったものが見えてくる 電力自由化は、「電力を売る …

電力自由化で電力会社を変えたときの手続きは複雑?

電力の小売り自由化で電力会社が自由に選べるようになるのは2016年4月からです。 …