エネリスト

電気に関するあらゆる情報をお届け

「再生可能エネルギー」のこれからを考える!コストや今後の課題はどうなる?

   

資源が少なく、外国からの輸入に頼らざるを得ない日本。益々混迷を極める国際情勢の影響を考えると、「小資源国」の日本としてはエネルギーの供給体制を今後どのようにしていくのかは、緊急性の高い問題と言えます。

有限な資源である「石油」「石炭」「天然ガス」などは枯渇するものであり、産出国の事情で供給量に不安があることは間違いないところです。では「小資源国」である日本は今後のエネルギー供給問題に対し、どのような打ち手を考えていくべきなのか?

その答えの一つと考えることができそうなのが「再生可能エネルギー」への取り組みです。「再生可能エネルギー」とはどういうものなのか?今後活用していくうえでどのようなメリットを受けることができ、どのようなデメリットを考えておかなくてはいけないのか。この記事のまとめを参考にしていただきながら、皆さんも一緒に自分ごととして「再生可能エネルギー」の可能性と行く末を考えていきましょう。

「再生可能エネルギー」とは主にどのようなエネルギーなの?発電方法やコストは?

再生可能エネルギーとは、資源として有限な石油や石炭・天然ガスなどと違い、太陽や風・バイオマスなど「枯渇せず」「どこにでもあり」「二酸化炭素を増やさない」、自然界に常時存在するエネルギーのことです。ここでは、再生可能エネルギーとして主にあげられる「太陽光」「風力」「バイオマス」の3つについて、発電方法とコスト感を説明したいと思います。

太陽光発電とは

太陽電池を搭載したパネルに太陽光を集めることで、電力に変換する発電システムです。メーカーによって千差万別ですが、設置コストが高めにかかってしまうことがあります。火力発電とほぼ同じコスト感のようです。

風力発電は

地上や海上に設置している風車の動力を利用して発電するシステムです。当然ですが、風が吹かなければ発電できないという不安定さがあります。ただ、再生可能エネルギーの中でも、コストは最もかからない方だということで、経済面ではメリットがあります。

バイオマス発電は

動植物由来の燃料を使用して発電するシステムです。燃料の安定供給が難しいため、コストが高いというデメリットがあります。ですが木材や泥などを再利用するので、とてもクリーンな電力だと言えます。

「再生可能エネルギー」今後の課題と解決への手立て

再生可能エネルギーの問題点として最も考えるべきところは、「発電量の少なさ」。既存の火力発電や原発に比べ、規模の大きさがまだ追いついていないのは事実のようです。エネルギー変換効率という視点から見ても、既存の火力発電に比べ良くて半分程度、少ないものでは10%以下のものもあります。

また再生可能エネルギーは、季節や気候・時間帯によって発電量が左右されやすいという側面も悩ましいところではあるようです。太陽光や風力などが代表的な例で、雨の日や曇りの日、まったく風が吹かない日などはどうすることもできないとうのが現状でしょう。

このような問題を解決するには、「技術革新」を推し進め、質的にも量的にも既存の発電システムに少しでも追いつくようにすることが求められています。

まとめ

再生可能エネルギーが、技術革新によりさらにコストが下がったり発電効率が上がったりすれば、一般家庭でも使用頻度が上がってくることは間違いないでしょう。そうなれば枯渇が危惧され産出国の事情に左右される、石油やガスなどに頼り切る日本のエネルギー事情も解決の兆しが見えてくるのかもしれません。

ヨーロッパの先進国では、すでにかなりの割合で再生可能エネルギーが基本インフラとして導入されているようです。国の安定性や家庭の経済面・安全面をより良いものにするためにも、再生可能エネルギーに関する早めの技術開発が望まれるところですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 4
    follow us in feedly

  関連記事

電力自由化でなんで配送電分離が必要なの? 

電力の自由化による大きな変化はどの会社も自由に電気を売ることができるようになった …

電力自由化でバイオマス発電が注目される?

バイオマス発電で脚光の当たりつつあるバイオマスエタノール まずはバイオマス発電の …

知らなかった… 新電力が安くない理由 実は電力自由化のときに国が過激なセット割を禁止していた

「電力自由化になったのにいまいち電気代がどこも安くないよな」こんなふうに思ってい …

次世代エネルギー供給システムとして注目を集めるスマートグリッドとは何?

スマートグリッド導入の3つのメリットを紹介 電力とITのコラボレーション 電力自 …

電力自由化用語 「アグリゲーター」ってなに?

電力自由化後に注目を浴びるようになった言葉の一つにアグリゲーターという言葉があり …

料金?サービス? 皆が自由化に求めていることはこの3つだった

電力が自由化になりましたが新電力を利用しようという人がいまいち多くないのが現状で …

2016年4月の電気自由化は電気事業制度改正の第2段階のこと

最も一般家庭に関係してくる電気事業の改革 目前に迫っている電力自由化ですが、実は …

電気自由化は電気事業制度改正の段階的改革のひとつ

電気自由化は3段階に分けて実施されてきた 電力自由化は2016年4月に始まります …

関西電力が採用している2本継ぎ電柱は敵に塩を送る行為?

持ち運び便利な電柱 電柱の新しいスタイルとして、2本継ぎ電柱が注目を集めています …

日本のエネルギー事情は「高品質なのに災害に弱い」?災害時に弱いと言われる理由とは?

日本のエネルギー事情…ガスや電気は世界的に見ても高品質なことで知られています。 …