エネリスト

電気に関するあらゆる情報をお届け

再生可能エネルギーは普及する?設備建設による生活や環境への影響から考察してみる

   

太陽光や風力発電といった、「枯渇しない」「二酸化炭素を排出しない」環境配慮型のエネルギーとして注目されている「再生可能エネルギー」。

環境への影響や産出国の政治・経済状況の影響を受けやすく、「枯渇する」エネルギーとされている石油や天然ガスなどを補完するインフラとして期待する声が大きくなっています。

再生可能エネルギー先進国のヨーロッパでは、すでにかなりの割合で開発・利用を進めている国もあるようです。日本ではどうなのかというと、世間で騒がれているほど実情では進められているようでもありません。

なぜなのか?そこには、単に環境に優しいエネルギーという話だけでは説明できない理由が存在しているようです。人々の生活と環境への影響というキーワードを基に、再生可能エネルギーの普及や現実の状態を考察してみたいと思います。

風力発電のエネルギー発生には重大な「犠牲」が必要!?

風の力を利用して発電する「風力発電」。風は枯渇する心配もありませんし、環境に有毒な成分なども排出する心配がありません。これだけ聞くと最も活用すべきエネルギーのような気もしますが、実は見逃すことができない問題が存在しています。

それは「騒音」と「振動」の問題です。風力発電は、大きな「羽」に風が当たることで生まれる回転を動力に利用するものです。この回転、実はものすごい音と振動が発生します。

現在はそれほど影響があるような場所にあるわけでもなく、発電所の数自体も多くはないので影響が大きく取り上げられていませんが、今後設備を増やしていくとなれば考慮が必要な問題となるかもしれません。

実は設置段階で森林環境に影響を与えかねない太陽光発電

太陽光発電の設備をつくるには、広大な場所が必要です。現在最も多く設置されているのが「森林地帯」なのです。メガソーラー発電所ほどの規模になると、それは広大な敷地が必要になります。その場合かなりの広さの森林を伐採する必要があります。環境への影響を抑えるための設備建設で、環境を壊して進めなければならない皮肉な現実です。

もし太陽光発電で国民の生活をまかなうほどのエネルギーをつくりだそうとすれば、この森林伐採を途方もないほどおこなわないといけません。

緑の数が減ってしまうことも問題なのですが、もう一つの懸念点として森林地帯につくられている素晴らしい景観が崩されてしまうことも見逃すことができないものです。すでに多くの美しい景観地が、太陽光発電施設の設置のために被害にあっているようです。

まとめ

これから電力自由化の影響で、再生可能エネルギーの設備建設が増える可能性も大いにあります。私たち消費者は、「クリーンなエネルギー」という綺麗な言葉や表現だけで情報を判断すべきではないのかもしれません。

新たに参入してくる新電力会社が、どのような発電手段を持っているのか。その発電手段は、環境にどの程度影響があるものなのか。現在いろんな場面で議論が活発化している「原発」についての可能性も含め、環境を守ることと今の国民生活を現実的にカバーしてくれる電力供給方法について消費者全体で考えていく必要がありそうです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 4
    follow us in feedly

  関連記事

だから原発は再稼動する 3つの理由

福島原子力発電所事故。あれほど大きな事故を起こし、いまだに収束できていない状況を …

こんなはずじゃなかった… 電力自由化でこ~んな苦情が上がっている

世の中悪い人がいるものです。電力自由化が始まるというころ、電力自由化を利用した詐 …

電気自由化は電気事業制度改正の段階的改革のひとつ

電気自由化は3段階に分けて実施されてきた 電力自由化は2016年4月に始まります …

電力自由化が電気料金値上がりの原因に?イギリスの事例から学ぶことは?

イギリスの導入した強制プール制って何?   電力自由化の先駆者・イギリ …

“今さら聞けない!? 結局今回の電力自由化では一体なにが今までと変わるのか “

2016年4月の電力自由化で日本の電力事情は一体なにが今までと変わるのでしょうか …

電力自由化でのりかえしてみたい!費用・工事はどうなの?

乗り換えると電気料金が安くなる可能性は高い? 電気料金が安くなる仕組み 電力自由 …

発電所から消費者までの電力供給は電力自由化で変わるの?

送電のシステムを担う3つの部門について理解しよう 電力供給の仕組みを理解しよう …

ネガワットってなに? 3分で分かります

電力自由化後に良く聞くようになった言葉に「ネガワット」という言葉があります。この …

電力自由化三大リスクを検証!停電・倒産・値上がり

2016年電力自由化後だれもが心配する三つのリスク 電力自由化がいよいよ2016 …

関西電力が採用している2本継ぎ電柱は敵に塩を送る行為?

持ち運び便利な電柱 電柱の新しいスタイルとして、2本継ぎ電柱が注目を集めています …