エネリスト

電気に関するあらゆる情報をお届け

再生可能エネルギーは普及する?設備建設による生活や環境への影響から考察してみる

   

太陽光や風力発電といった、「枯渇しない」「二酸化炭素を排出しない」環境配慮型のエネルギーとして注目されている「再生可能エネルギー」。

環境への影響や産出国の政治・経済状況の影響を受けやすく、「枯渇する」エネルギーとされている石油や天然ガスなどを補完するインフラとして期待する声が大きくなっています。

再生可能エネルギー先進国のヨーロッパでは、すでにかなりの割合で開発・利用を進めている国もあるようです。日本ではどうなのかというと、世間で騒がれているほど実情では進められているようでもありません。

なぜなのか?そこには、単に環境に優しいエネルギーという話だけでは説明できない理由が存在しているようです。人々の生活と環境への影響というキーワードを基に、再生可能エネルギーの普及や現実の状態を考察してみたいと思います。

風力発電のエネルギー発生には重大な「犠牲」が必要!?

風の力を利用して発電する「風力発電」。風は枯渇する心配もありませんし、環境に有毒な成分なども排出する心配がありません。これだけ聞くと最も活用すべきエネルギーのような気もしますが、実は見逃すことができない問題が存在しています。

それは「騒音」と「振動」の問題です。風力発電は、大きな「羽」に風が当たることで生まれる回転を動力に利用するものです。この回転、実はものすごい音と振動が発生します。

現在はそれほど影響があるような場所にあるわけでもなく、発電所の数自体も多くはないので影響が大きく取り上げられていませんが、今後設備を増やしていくとなれば考慮が必要な問題となるかもしれません。

実は設置段階で森林環境に影響を与えかねない太陽光発電

太陽光発電の設備をつくるには、広大な場所が必要です。現在最も多く設置されているのが「森林地帯」なのです。メガソーラー発電所ほどの規模になると、それは広大な敷地が必要になります。その場合かなりの広さの森林を伐採する必要があります。環境への影響を抑えるための設備建設で、環境を壊して進めなければならない皮肉な現実です。

もし太陽光発電で国民の生活をまかなうほどのエネルギーをつくりだそうとすれば、この森林伐採を途方もないほどおこなわないといけません。

緑の数が減ってしまうことも問題なのですが、もう一つの懸念点として森林地帯につくられている素晴らしい景観が崩されてしまうことも見逃すことができないものです。すでに多くの美しい景観地が、太陽光発電施設の設置のために被害にあっているようです。

まとめ

これから電力自由化の影響で、再生可能エネルギーの設備建設が増える可能性も大いにあります。私たち消費者は、「クリーンなエネルギー」という綺麗な言葉や表現だけで情報を判断すべきではないのかもしれません。

新たに参入してくる新電力会社が、どのような発電手段を持っているのか。その発電手段は、環境にどの程度影響があるものなのか。現在いろんな場面で議論が活発化している「原発」についての可能性も含め、環境を守ることと今の国民生活を現実的にカバーしてくれる電力供給方法について消費者全体で考えていく必要がありそうです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 5
    follow us in feedly

  関連記事

2016年4月に始まったばかりの電力自由化で、現段階で人気のある新電力会社ベスト5

電力小売市場が全面自由化されたまだほんの少ししか時間は経っていませんが、現段階で …

電力自由化で懸念されるのは新電力会社の技術力

新電力会社に移行しても技術的に安定供給は可能? 電力自由化が2016年4月に行わ …

電力自由化で街路灯はどうなるの?

街路灯の負担者も自由化でお得に運営する時代になる! 2016年4月の電力自由化は …

こっそり教えちゃう 日本で一番高い電気料金の会社は実はこの会社

電力自由化後、少しでも電気料金が安くなればいいと思いますが、大胆不敵にも競争意識 …

今回の電力自由化で新規に登録した新電力会社の一覧

2015年末時点で119社が登録完了! 電力自由化に伴い、たくさんの企業が新電力 …

次々と新電力に参入する外資企業 日本にとってもプラス、マイナス?

電力販売に続々参入する外資系企業 日本政府はこのたび電力自由化での外資参入規制を …

石油ショックと気候変動問題・電力自由化を促した2つの事象を紹介

  脱英国病が電力自由化の走り   日本でも今度一般家庭を含 …

電力自由化で誕生する新ビジネス形態「電力販売業務委託」

新電力会社に変わってあなたが電力を販売する! 電力自由化がもう間もなく始まるわけ …

早くも撤退?電力小売り事業者が撤退せざるを得ない3つの理由

電気自由化が開始してから、300社前後もあった小売電気事業者の数もだんだんと減る …

電力自由化の今だからこそ!国内最大のエネルギーサミット・電力自由化サミットジャパンに注目すべし

電力需要の高まる夏に行われるサミット グッドフェローズという「タイナビ」という太 …