エネリスト

電気に関するあらゆる情報をお届け

再生可能エネルギー普及を妨げる「高コスト」問題検証と「低コスト」化への道筋考察

   

太陽光や風力・バイオマスといった再生可能エネルギーは、環境に優しいエネルギーだという認識から、日本における早期の普及が期待されています。

しかし現状はどうかというと、「再生可能エネルギーは高コスト」という認識が一般的となり、普及が進まない傾向にあるようです。

実際日本政府が過去におこなった試算によると、既存エネルギーによる発電コストより再生可能エネルギーによる発電コストのほうが倍以上かかったという例も。

しかし世界を見てみると、日本とは逆に再生可能エネルギーのほうがコストがかからないというイメージが広まっています。

既存エネルギーの枯渇化の問題や自国でのエネルギー供給率アップなど国の将来にプラスになるよう、日本で再生可能エネルギーの発電コストが高い理由と、今後の低コスト化への道筋・可能性を探ってみましょう。

日本の再生可能エネルギーは「設置コスト」が高い!?

再生可能エネルギーの中でも最も認知度が高い「太陽光発電」。一般家庭でも屋根にシステムを設置しているイメージが強いですが、実際にシステムを導入しようと思うと意外と高い費用に驚くのではないでしょうか。

なぜ設置コストが高いのかというと、太陽光発電業界では成熟した価格競争のシステムがまだうまく機能していないため、との分析があるようです。

海外の太陽光発電事業者が参入する場合にも、認証を受けるために大変煩雑な手続きが必要とのことで、海外からもなかなか事業者が参入できない状態にあります。その他にも、電力網と太陽光発電システムの接続工事をする必要があり、工事費や部品代なども費用が重なっていく要因です。

徐々に進む国内での再生可能エネルギーの「技術革新」

現在の日本は再生可能エネルギー分野において、ヨーロッパやアメリカなど進んでいる国に比べると「後進国」だという表現が使われてもそれほど違和感がないように感じます。

しかし日本という経済的にも比較的に進んでいる国の市場を、外国資本が放っておくわけがありません。アメリカの大手太陽光発電企業が、着々と日本進出の地盤を固めようとしています。また日本の大手総合通信企業もアメリカの太陽光発電企業を買収するなど、積極的な太陽光発電システムの事業展開を計画しています。

その他太陽光発電システムだけでなく、風力やバイオマスなどを利用した再生可能エネルギーのシステムの設置も、日本各地で続々と進められているようです。

まとめ

現代の便利な世の中、何事においても「技術革新」は日に日に進んでいます。それは太陽光発電など再生可能エネルギー業界でも同様です。

現在の高コスト状態で再生可能エネルギーの設置を検討するよりも、システム開発の技術革新がさらに進んで価格が下がってきたときに設置の検討をしたほうが良いのかもしれませんね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 5
    follow us in feedly

  関連記事

実在しないのに発電している… バーチャルパワープラントって何もの?

電力自由化に伴って新しい言葉がたくさん生まれました。その1つがバーチャルパワープ …

石油ショックと気候変動問題・電力自由化を促した2つの事象を紹介

  脱英国病が電力自由化の走り   日本でも今度一般家庭を含 …

266もの業者が電気小売に参入 理由はFIT制度というものにあるらしい

電気自由化に入る前の3月25日、経済産業省は266社の小売電気事業者が申請したこ …

「電力自由化EXPO」で電力自由化の情報が改めて紹介される!

ただし、現状は一般市民向け開催ではない 2016年4月に電力の小売りが全面自由化 …

電力自由化で街路灯はどうなるの?

街路灯の負担者も自由化でお得に運営する時代になる! 2016年4月の電力自由化は …

電力自由化三大リスクを検証!停電・倒産・値上がり

2016年電力自由化後だれもが心配する三つのリスク 電力自由化がいよいよ2016 …

卸電力取引での「ザラ場」とはどんな取引の方法?2つのメリットとは?

  「ザラ場」とはどんな取引のこと? 卸電力取引で「ザラ場」という言葉 …

電力自由化でどんな料金プランが出てくる?ニーズに合わせた選択を

一般家庭向けに電力を販売できる小売電気事業者が参入できるサービス、ということで注 …

供給区域をまたぐごとに課金されていたパンケーキ問題を解消!!
電力自由化でパンケーキ問題が解消されるのはメリット

区域を超えた電力供給を受けると余計なお金がかかる?   パンケーキ問題 …

電力小売全面自由化開始から3ヶ月 本当に自由化は成功するのか

電力小売市場が全面自由化されおよそ3ヶ月が経過しました(執筆時点)。 2016年 …