エネリスト

電気に関するあらゆる情報をお届け

政府発表 近い将来すべての家に導入される「HEMS」とは?

   

電力が自由化になった特徴の一つは、アナログから自動制御への変化です。

電気メーターはスマートメーターとなり検針員がアナログメーターを見ることもなくなっていきます。電力メーターのみならずこのアナログから自動制御の変更はいろんなところで反映されていきます。その一つがHEMというものです。

HEMとは何でしょうか?このHEMが導入されていくと、私たちの生活はどれほど便利になるのでしょう。早速見ていきましょう。

HEMSとは?

HEMSとはリアルタイムで家庭内の電力を総合管理する設備システムのことです。家の中にこのシステムを制御する機械があって、今は太陽が出ているから電力会社からの受電はせずにて、自分の家の屋根の太陽光発電で電力をまかなうようにしたり、それでも太陽光の電力が余っているから床下にある蓄電池に電力を蓄えたりしてくれます。

同時に日が出ない朝や夜は蓄電池の電力も活用するなど、私たちは何もしなくても機械が自動的に電力を管理してくれるのです。自宅のパソコンからこのシステムにアクセスすることもできます。そうすれば、いま我が家はどの電力(電力会社供給、太陽光、蓄電池)を使っているか、どの部屋でどれくらい電気が使用されているか、床下の蓄電池にどれくらい電気が貯まっているか、太陽光はどれくらい発電してくれているかなどが見て確認できます。

この電気使用の見える化がHEMSの特徴でもあります。HEMSと意味合いが似た言葉でスマートハウスという言葉がありますが、スマートハウスというのはこのHEMSシステムを搭載した家を建てるということ、システム名はHEMSで、そのシステムを活用したお家のことをスマートハウスというわけです。

平成24年に日本政府で発表された「グリーン政策大綱」によると2030年までには日本の全ての住まいにHEMSを設置することを目指しているようです。

HEMSなぜ重要?

電力自由化の課題は電力の需要と供給のバランスをリアルタイムで保つことです。スマートメーターという30分毎に各家庭や会社の電力需要を逐次送信するシステムが広がっていくので、電力を供給する送電会社は管轄内の電力需要をリアルタイムでつかめます。

これによって無駄のない発電と電力供給が可能になるのです。データを元に発電量を調整することに加えて、各家庭の電力使用量も電力事情に合わせてリアルタイムで制御できるとどうでしょうか?電気があまっているときは充電してもらい、足りないときは蓄電池を使ってもらうなどができるので。さらに電力ネットワークを制御しやすくなるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 4
    follow us in feedly

  関連記事

再生可能エネルギー・日本では少数派だが海外では普及している理由は?

全く異なる日本と海外の再生可能エネルギーコスト 再生可能エネルギーは地球環境にや …

知らなかった… 新電力が安くない理由 実は電力自由化のときに国が過激なセット割を禁止していた

「電力自由化になったのにいまいち電気代がどこも安くないよな」こんなふうに思ってい …

電力自由化で今後の同時同量はどうなるの?

電力供給で重要なポイント・同時同量について紹介   電力の安定供給で欠 …

電力自由化後の電気小売事業者の長~い供給約款 かいつまんで説明 

約款はとても長くて読めない、そして難しい 電力自由化後、たくさんの電気小売業者が …

1Wってすごい! こんなことができるとは…

電力自由化となり、この機会に消費電力に関心をもっている人が多いようです。東京ディ …

266もの業者が電気小売に参入 理由はFIT制度というものにあるらしい

電気自由化に入る前の3月25日、経済産業省は266社の小売電気事業者が申請したこ …

家庭向け電力自由化の受付開始時期はいつごろから?

光熱費だけでなく、出費全般の節約・削減につながるかも知れない…ということで何かと …

オール電化の効率性を「電力自由化」の前に徹底検証!

いよいよ始まる「電力自由化」を受けて、「うちもオール電化を検討しようかな!?」と …

再生可能エネルギーのせいで家計が圧迫?負担金引き上げの理由は?

再生可能エネルギーが家庭を圧迫する? 再生可能エネルギーは原子力とは違ってクリー …

電力自由化でメガソーラー 増える?減る?

メガソーラーの将来を考える 電力自由化の先進国はヨーロッパ諸国です。ヨーロッパ諸 …