エネリスト

電気に関するあらゆる情報をお届け

電力自由化用語 「アグリゲーター」ってなに?

   

電力自由化後に注目を浴びるようになった言葉の一つにアグリゲーターという言葉があります。アグリゲーターとはなにやらワニか何かの名前のようですが、ワニとは全く関係がありません。

このアグリゲーターは以前からあったのですが、電力自由化後彼らのいっそう大きな役割を果たすようになります。アグリゲーターとは一体何でしょうか?どうして電力自由化後にアグリゲーターは重要な役割を果たすのでしょうか?

アグリゲーターとは?

アグリゲーターとは節電を取り仕切る企業のことです。aggregateという英語には「集める」という意味がありますので、直訳すると「集める人」ということになるでしょう。

電力自由化後においてアグリゲーターは何を集めるのでしょうか?それは節電できる電力量(ネガワット)を集めるのです。どのように彼らは節電要請するのでしょうか。

電気需要が上昇し、電力供給が追いつかないという状況になると電力会社はアグリゲーターに連絡を入れます。「明日の午後2時ごろ電力不足の予測です。○○万kwの節電協力できますか」アグリゲーターはすぐさま節電に協力することを表明している工場などに連絡をいれていき「明日の午後2時ごろは○○kwの電力を節電協力していただけますか」と要請するのです。

実は電力自由化前もこのようにして電力の需要と供給のバランスは保たれてきました。

電力自由化後のアグリゲーターの役割変化

電力自由化後、発電→電力卸し業者→送電とすべてはお金のやり取りがなされます。これは発電会社→アグリゲーター→協力企業という関係においても同じです。

自由化後に電力会社が供給が需要に追いつかないと判断すると、今までと同じくアグリゲーターに節電要請を出すのですが、要請する節電量(ネガワット)に基づいてアグリゲーターに報酬を支払う必要が生じます。「○万円の節電報酬を支払うので○kwの電力を節電してください」というわけです。

アグリゲーターも同様の節電報酬に基づく節電協力を要請します。つまり節電協力依頼→節電報酬が電力自由化後の大きな変化です。

どんな企業がアグリゲーターとしての役割を果たしているのか

大企業関連の系列会社が果たしているようです。新電力の最大手の一つエネット(NTTファシリティーズ、東京ガス、大阪ガスが共同出資)を一例に取りましょう。エネットが電力を供給する上でアグリゲーターの役割を果たしているのはNTTファシリティーズです。電力供給が逼迫するとNTTファシリティーズは提携企業(サンシャインシティ、コニカ、エプソンなど)に節電要請が出されることになっています。

出典:ntt-f.co.jp

電力自由化後アグリゲーターの役割は重要

電力自由化後、発電と送電は別になり、以前のように一つの会社が電力を一括管理できなくなりました。発電量は膨大なものの天気によって発電量が大きく左右してしまう太陽光発電も増えました。

これまで以上に電力の需要と供給のバランスを保つのは難しくなることと予想されます。今後突然生じる電力不測の事態に対応するアグリゲーターの力はなおいっそう重要になってくるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 4
    follow us in feedly

  関連記事

2016年の2大改革マイナンバー制度と電力自由化-具体的にどんな影響が及ぶのか

2016年の目玉改革が及ぼす影響 2016年の2大目玉改革と言えばマイナンバー制 …

供給区域をまたぐごとに課金されていたパンケーキ問題を解消!!
電力自由化でパンケーキ問題が解消されるのはメリット

区域を超えた電力供給を受けると余計なお金がかかる?   パンケーキ問題 …

電力自由化に伴い通信業者が続々参入!どんなサービスを組み込んでくる?

  電力自由化に伴い通信業者が続々参入!どんなサービスを組み込んでくる …

卸電力取引−何をするところ?2つの存在意義とは?

日本で唯一電気を市場取引できる機関があります。日本卸電力取引所(JEPX)と呼ば …

電力自由化でしばしば登場してくる発送電分離とはそもそも何?

発送電分離をすることによって生じるメリットとデメリットは? 送配電部門が独立する …

「沸きました」だけじゃない家の電化制御 HEMSの驚くべき活用法

「お風呂が沸きました♪」家に自動お湯張り機能がついたとき誰もがちょっとした感動を …

電力自由化で夜間電力は安くなる高くなる?

夜間電力の価格 今後の展望は? 電力自由化に伴い私たち電気消費者が気になるのは料 …

卸電力取引での「ザラ場」とはどんな取引の方法?2つのメリットとは?

  「ザラ場」とはどんな取引のこと? 卸電力取引で「ザラ場」という言葉 …

電気事業での金融派生商品とは何?2つの金融派生商品を知る

電力自由化が始まるまで長い期間、地域ごとで電力会社がすべてを独占し、価格を自由に …

先を見越して電気を買う、3種類の卸電力取引「先渡市場・先渡定型取引・先渡市場取引」−卸電力取引の基礎知識

「先渡市場」は、将来のある1週間、1ヶ月、さらには1年の単位で電力を取引する市場 …