エネリスト

電気に関するあらゆる情報をお届け

電力自由化において重要な タテ ヨコとは

   

どうしたら電力自由化は成功するのか?日本国には日本経済が発展するためには何が必要かを調査し政府に提言する民間機関があるのを知っておられるでしょうか?それが三井住友フィナンシャルグループの日本総合研究所(日本総研)です。

日本総合研究所の創発戦略センターは日本の電力自由化が成功するためには何が必要かという提言を2012年に行なっています。その報告書の中にあるタテ と ヨコの発展という言葉は私たちが電力自由化をよく理解する助けになるでしょう。電力自由化に必要な タテ ヨコ とはいったい何なのでしょうか?

電力自由化に必要なタテとは?

まず報告書の中では「電力自由化にはタテの充実が必要だ」としています。「タテ」とは発電から需要家までのタテのラインの充実のことを指します。発電会社と送電会社を切り分けて、多くの発電会社が電気を供給できるようにするというタテのシステム構築が重要だと言っているのではありません。

報告書の中で指摘されている問題点は、自由化後も事実上、旧電力会社の一党支配になるという状況を避けなければならない>と点です。自由化後も結局は一般電気事業者(旧国営の電力会社)が事実上市場価格をきめるという状況なら自由かも失敗となってしまうというわけです。

報告書は電力自由化の目標となる状況としてSIMカード自由化の例を出していました。現在SIM自由化になってからドコモ、AU、ソフトバンクの3大企業独占から、その他の企業のSIMカードも自由に選べるようになったという認識をみんな持っています。電力会社の選択においても将来的にそうならなくてはいけないという意味でしょう。

電力自由化に必要なヨコとは?

続いて電力自由化には「ヨコ」の発展も必要だとしています。「ヨコ」とは電気を使う需要者同士のヨコのつながりのことを指します。なぜヨコの協力が必要なのでしょうか?簡単に言うと電力供給がひっ迫したときにはヨコ同士で融通して電力を節約しないといけなくなるからです。

電力自由化となるとたくさんの企業が参入し、発電できたりできなかったりするでしょうから、確かに電気を使う側で節約する準備<も必要でしょう。たしかに今もアグリゲーター(節約を促す企業)という企業が各新電力会社(PSS)にあるのですが、国としては需要側の融通を利かせるシステムがありません。報告書では政府として具体的な電力が足りなくなったときに需要家同士が電力を融通しあうようなシステム制度基盤が必要だと述べています。

電力自由化を一般市民が理解するのは難しい

上記のような政府への提言は非常に貴重なものです。ですが正直なところ私たち一般市民には日本の電力システムの問題点を理解するのは難しいでしょう。真剣に日本の電力システム発展のために考えてくれるこれらの企業や提言に基づいてよりよい社会を構築してくれる日本政府に感謝です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 5
    follow us in feedly

  関連記事

電力自由化に伴いアパートなどでも電力会社を自由に選べる?

基本的には選べる物件の方が多いはず 2016年4月の電力自由化で賃貸物件に暮らす …

電力自由化でしばしば登場してくる発送電分離とはそもそも何?

発送電分離をすることによって生じるメリットとデメリットは? 送配電部門が独立する …

電気自由化で懸念されるのは電線の使用料金が高いこと!?

まず、自由化では送電線は新しく設置されることはない 2016年4月に実施される電 …

今回の電力自由化で新規に登録した新電力会社の一覧

2015年末時点で119社が登録完了! 電力自由化に伴い、たくさんの企業が新電力 …

電力はどのように作られているか−3種類の電源はどういう性格があるの?

わたしたちの生活と電力は切っても切れない関係です。家の中を見ると、幾つかの種類に …

電力小売全面自由化開始から3ヶ月 本当に自由化は成功するのか

電力小売市場が全面自由化されおよそ3ヶ月が経過しました(執筆時点)。 2016年 …

火力発電所によって異なる3つの発電方法−火力発電の基礎知識

火力発電所は現在日本の電力供給を支える大黒柱の一つです。 石炭、石油等を用いた火 …

バッチ来い! 電気自動車の電気代の質問に答えまくります!!

電気自動車に買い換えようかな。でも電気代っていくら掛かるのだろう?ガソリン車より …

電力自由化で脱・原発が叫ばれている!

全面自由化が日本の将来の明暗を分ける!? 2016年4月。これまで部分的に認めら …

電力自由化でたまに目にする特別高圧とはどんなもの?

2016年4月に実施される電力自由化で数多くの新電力会社(PPS)が参入し、日本 …