エネリスト

電気に関するあらゆる情報をお届け

ネガワットってなに? 3分で分かります

   

電力自由化後に良く聞くようになった言葉に「ネガワット」という言葉があります。このネガワットの操作が電力自由化成功のカギとも言われています。電力自由化の基礎知識としてこのネガワットという言葉を理解しましょう。

ネガワットとは?

予想が付くと思いますがネガワットの「ネガ」はネガティブのネガです。ワットは電力のこと。直訳すると消極的な電力ということになりますが、なぜ電力自由化で消極的な電力が必要になるのでしょうか?電力自由化後に生じる一番大きな問題は「電力の需要と供給を合わせること」です。

今まではどのように電力の需要と供給が保たれてきましたか?電力会社が前日に管轄内の電力使用量の予想をたて、いろんな発電所に「明日は○○KW発電してください」と指令を出すことによってなされていたのです。ところが電力自由化でいろんな会社が自由に電力を売り出すようになりました。当然電力を作りすぎる日もあるでしょうし、足りない日も出てくるでしょう。

以前より電力の需要と供給を保つのが難しくなってしまったわけです。そこで必要になったのは「消極的な電力を生み出すこと」、つまり電力を節約することです。

ネガワットどうやって生み出される?

電力供給がピンチ!となると電力会社は、電力量調整をする会社(アグリゲーター)に節電要請を出します。「電力が足りないので管轄内で○○kwの電力需要を減らしてくれますか」という感じです。電力量を調整する会社はすぐに事前に提携を結んでいる工場などに連絡を入れます。

「○時から○時に電力が足りなくなる予定なので貴社で○kw節電していただけますか?」という感じです。連絡を受けた会社は工場のラインをその時間帯止めたり、照明を半分に減らしたりして、要請のあった時間帯の電力を節約します。そのような節電努力を幾つかの会社が同時に行なうと大きなネガワット(節約した電力)が生み出されるというわけです。

ネガワットを生み出す効果

ネガワットが生み出されることによって、急な電力不足にも対応できるという効果があります。これは電力業界全体において重要な役割を果たすでしょう。しかし節電要請の電話が掛かってきて企業として努力して節約したのに何の報酬もないというのでは企業も協力したくないでしょう。

そこでネガワットを提供してくれた企業には節電量にあわせて報酬が支払われるシステムとなっています。「節電のために工場のラインを止めて損失が出たけど、ネガワットの報奨金がでたから、まあいいか」となるわけです。電力会社も電力を使用する企業もWIN・WINの関係となるネガワットの存在理解していただけたでしょうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 5
    follow us in feedly

  関連記事

海外の事例に見る再生可能エネルギーがもたらす明るい未来

再生可能エネルギーは、枯渇の心配がなく自然にも優しいエネルギーとして近年注目され …

電力自由化の市場規模は20兆円以上!?ビッグビジネスの到来?

2016年より一般家庭向けに電力自由化が始まるわけですが、実は既に工業用・商業用 …

「電力自由化の負の影響」それは「不確実な価格変動」!?私達がとるべき対策を解説

2016年4月から家庭向けの電力供給が「自由化」となります。いわゆる「電力自由化 …

賢く電気料金を節約するため、しっかり電気料金のしくみを学ぼう

2016年4月から電力自由化が始まりました。 まだよくしくみが分からないので、他 …

電力自由化の電気小売業者選択 リミックスポイントのアピールポイントがすごい

リミックスポイントのアピールポイントとは 100を超える電気小売業者が参入するこ …

電力自由化で懸念されるのは新電力会社の技術力

新電力会社に移行しても技術的に安定供給は可能? 電力自由化が2016年4月に行わ …

政府発表 近い将来すべての家に導入される「HEMS」とは?

電力が自由化になった特徴の一つは、アナログから自動制御への変化です。 電気メータ …

電力小売全面自由化開始から3ヶ月 本当に自由化は成功するのか

電力小売市場が全面自由化されおよそ3ヶ月が経過しました(執筆時点)。 2016年 …

LNGスポット取引は電力自由化とどう関係するのか

LNGは一般的には供給源と長期契約をしてガスを仕入れるのですが、そうではないスポ …

電力自由化は一体いつからどのように始まるの?

電力小売りの全面自由化開始は2016年4月から! 電力自由化は、これまで地域ごと …