エネリスト

電気に関するあらゆる情報をお届け

ネガワットってなに? 3分で分かります

   

電力自由化後に良く聞くようになった言葉に「ネガワット」という言葉があります。このネガワットの操作が電力自由化成功のカギとも言われています。電力自由化の基礎知識としてこのネガワットという言葉を理解しましょう。

ネガワットとは?

予想が付くと思いますがネガワットの「ネガ」はネガティブのネガです。ワットは電力のこと。直訳すると消極的な電力ということになりますが、なぜ電力自由化で消極的な電力が必要になるのでしょうか?電力自由化後に生じる一番大きな問題は「電力の需要と供給を合わせること」です。

今まではどのように電力の需要と供給が保たれてきましたか?電力会社が前日に管轄内の電力使用量の予想をたて、いろんな発電所に「明日は○○KW発電してください」と指令を出すことによってなされていたのです。ところが電力自由化でいろんな会社が自由に電力を売り出すようになりました。当然電力を作りすぎる日もあるでしょうし、足りない日も出てくるでしょう。

以前より電力の需要と供給を保つのが難しくなってしまったわけです。そこで必要になったのは「消極的な電力を生み出すこと」、つまり電力を節約することです。

ネガワットどうやって生み出される?

電力供給がピンチ!となると電力会社は、電力量調整をする会社(アグリゲーター)に節電要請を出します。「電力が足りないので管轄内で○○kwの電力需要を減らしてくれますか」という感じです。電力量を調整する会社はすぐに事前に提携を結んでいる工場などに連絡を入れます。

「○時から○時に電力が足りなくなる予定なので貴社で○kw節電していただけますか?」という感じです。連絡を受けた会社は工場のラインをその時間帯止めたり、照明を半分に減らしたりして、要請のあった時間帯の電力を節約します。そのような節電努力を幾つかの会社が同時に行なうと大きなネガワット(節約した電力)が生み出されるというわけです。

ネガワットを生み出す効果

ネガワットが生み出されることによって、急な電力不足にも対応できるという効果があります。これは電力業界全体において重要な役割を果たすでしょう。しかし節電要請の電話が掛かってきて企業として努力して節約したのに何の報酬もないというのでは企業も協力したくないでしょう。

そこでネガワットを提供してくれた企業には節電量にあわせて報酬が支払われるシステムとなっています。「節電のために工場のラインを止めて損失が出たけど、ネガワットの報奨金がでたから、まあいいか」となるわけです。電力会社も電力を使用する企業もWIN・WINの関係となるネガワットの存在理解していただけたでしょうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 4
    follow us in feedly

  関連記事

2016年4月から始まる電力自由化とはどんなこと?

電力の小売りが自由化することで電気代は安くなる!? 日本ではこれまで電力供給は地 …

バッチ来い! 電気自動車の電気代の質問に答えまくります!!

電気自動車に買い換えようかな。でも電気代っていくら掛かるのだろう?ガソリン車より …

電力自由化で注目されるヘルツの違い

東日本と西日本でなぜヘルツが変わっているのか? 50ヘルツと60ヘルツ、日本には …

電力自由化で注目が集まるPPS(新電力)って何?

電力自由化がスタートするにあたってPPS(新電力)というキーワードを耳にすること …

料金?サービス? 皆が自由化に求めていることはこの3つだった

電力が自由化になりましたが新電力を利用しようという人がいまいち多くないのが現状で …

どうしてこのタイミング?電力自由化の歴史を振り返ってみよう!

2016年4月からいよいよスタートする電力自由化。 最近まで知らなかった人の方が …

海外2カ国の現状−電力自由化を成功する上で何を参考にしたい?

2016年4月1日から始まる電力自由化。 電気料金が値下げになって節約につながる …

徐々に広がっていった電力自由化の範囲・その経緯を探る

全面電力自由化で一般家庭にも範囲は拡大 電力自由化の背景 私たちが日々使っている …

発電所から消費者までの電力供給は電力自由化で変わるの?

送電のシステムを担う3つの部門について理解しよう 電力供給の仕組みを理解しよう …

日本のエネルギー事情は「高品質なのに災害に弱い」?災害時に弱いと言われる理由とは?

日本のエネルギー事情…ガスや電気は世界的に見ても高品質なことで知られています。 …