エネリスト

電気に関するあらゆる情報をお届け

ネガワットってなに? 3分で分かります

   

電力自由化後に良く聞くようになった言葉に「ネガワット」という言葉があります。このネガワットの操作が電力自由化成功のカギとも言われています。電力自由化の基礎知識としてこのネガワットという言葉を理解しましょう。

ネガワットとは?

予想が付くと思いますがネガワットの「ネガ」はネガティブのネガです。ワットは電力のこと。直訳すると消極的な電力ということになりますが、なぜ電力自由化で消極的な電力が必要になるのでしょうか?電力自由化後に生じる一番大きな問題は「電力の需要と供給を合わせること」です。

今まではどのように電力の需要と供給が保たれてきましたか?電力会社が前日に管轄内の電力使用量の予想をたて、いろんな発電所に「明日は○○KW発電してください」と指令を出すことによってなされていたのです。ところが電力自由化でいろんな会社が自由に電力を売り出すようになりました。当然電力を作りすぎる日もあるでしょうし、足りない日も出てくるでしょう。

以前より電力の需要と供給を保つのが難しくなってしまったわけです。そこで必要になったのは「消極的な電力を生み出すこと」、つまり電力を節約することです。

ネガワットどうやって生み出される?

電力供給がピンチ!となると電力会社は、電力量調整をする会社(アグリゲーター)に節電要請を出します。「電力が足りないので管轄内で○○kwの電力需要を減らしてくれますか」という感じです。電力量を調整する会社はすぐに事前に提携を結んでいる工場などに連絡を入れます。

「○時から○時に電力が足りなくなる予定なので貴社で○kw節電していただけますか?」という感じです。連絡を受けた会社は工場のラインをその時間帯止めたり、照明を半分に減らしたりして、要請のあった時間帯の電力を節約します。そのような節電努力を幾つかの会社が同時に行なうと大きなネガワット(節約した電力)が生み出されるというわけです。

ネガワットを生み出す効果

ネガワットが生み出されることによって、急な電力不足にも対応できるという効果があります。これは電力業界全体において重要な役割を果たすでしょう。しかし節電要請の電話が掛かってきて企業として努力して節約したのに何の報酬もないというのでは企業も協力したくないでしょう。

そこでネガワットを提供してくれた企業には節電量にあわせて報酬が支払われるシステムとなっています。「節電のために工場のラインを止めて損失が出たけど、ネガワットの報奨金がでたから、まあいいか」となるわけです。電力会社も電力を使用する企業もWIN・WINの関係となるネガワットの存在理解していただけたでしょうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 4
    follow us in feedly

  関連記事

電力供給会社が行っているポートフォリオ契約とは?

電力自由化で好みの電力会社を一般家庭でも選択できるようになっていますが、まだ始ま …

2016年4月の全面的な電力自由化の認知度は10人中8人以上!

2016年4月の電力自由化は目前に迫ってきていますね。 電気供給元である新電力会 …

電力自由化が始まってから今現在 予想通りの面と予想通りでない面

ついに電力自由化が始まりました。電力自由化という大きな変化は電力業界や各家庭にど …

電力自由化に伴い通信業者が続々参入!どんなサービスを組み込んでくる?

  電力自由化に伴い通信業者が続々参入!どんなサービスを組み込んでくる …

卸電力取引−何をするところ?2つの存在意義とは?

日本で唯一電気を市場取引できる機関があります。日本卸電力取引所(JEPX)と呼ば …

蓄電池を導入すれば自由化で混乱が起きても電気を備蓄できる!

電力自由化では新電力会社であるPPSとの契約で電気代が安くなるなどのメリットが期 …

「時間前市場」を設ける2つのメリットはなに?

ライフラインとして電力の取引では不測の事態に備えることが必要です。 「スポット市 …

2016年4月から始まる電力自由化とはどんなこと?

電力の小売りが自由化することで電気代は安くなる!? 日本ではこれまで電力供給は地 …

電力自由化でメガソーラー 増える?減る?

メガソーラーの将来を考える 電力自由化の先進国はヨーロッパ諸国です。ヨーロッパ諸 …

卸電力取引での「ザラ場」とはどんな取引の方法?2つのメリットとは?

  「ザラ場」とはどんな取引のこと? 卸電力取引で「ザラ場」という言葉 …