エネリスト

電気に関するあらゆる情報をお届け

電力の需要はどのように満たされているの?DSSとWSSについての基礎知識

   

電力の需要は刻々と変わります。電力需要で一番小さな単位であるわたしたちの家庭では、時間帯によってどのように電力の使い方が変わりますか。

例えば、日中は不在であまり電力は必要でなくても、夜には必要になる場合もあることでしょう。

このように電力需要は昼間と夜間で差が生じます。さらに年間を通しても変化が生じます。夏や冬の時期であれば、エアコンなどの使用で電力を普段よりも多く消費することでしょう。

こうした需要の変化が地域ごとに生じます。
現在電力は石油や天然ガスのように大量に貯蓄しておくことができません。そのために莫大な場所と費用が必要だからです。

必要なときに必要な分だけ電力を作らなければなりません。発電所では、電力の需要の変化にどのように対応しているのでしょうか。現在日本では、発電所の特徴によって電力の需要に見合った作り方をしています。

ここで大切なのが、DSS・WSSという供給の方法です。これは何の略でしょうか。

 

DSSとWSSとは何の略?

DSSとは、「日間起動停止(daily start stop)」の略です。

日中は発電機を稼働させ、夜間の電力需要が少ない時間帯は止めるという運転方法です。

WSSは、「週末起動停止(Weekly start stop)」の略です。DSSと同じ考え方で、電力需要が少なくなる日曜日などの週末に火力発電所の発電機を停止させ、週明けにふたたび起動させることを指します。

 

どのように運転しているの?

発電所の種類は、原子力、水力、石炭火力、LNG火力などさまざまです。その中でも特徴があり、いったん動かすと簡単には止められないものや、起動停止が容易な発電所もあります。

例えば、原子力発電は核分裂を熱に変え、それを電力に変換しています。容易に想像できますが、核分裂は電源スイッチのように簡単にON/OFFできるわけではありません。

なので、毎日基本的に必要な電力需要をカバーするのに向いている発電所と言えます。それとは反対に、天然ガス(LNG)や石油を使った火力発電所では起動停止の容易さや起動時間が早いということが特徴です。

これからお昼にかけて電力需要が増えそうだ、これからピークになるという時に弾力的に稼働させることができます。

電力を必要とするのは、一般家庭だけではありません。公共の交通機関や企業でも大量に電力を必要としています。さらに気候によっても電力需要が変わります。

電力を供給する側が考えるのは、こうした電力の需要の変化だけではありません。発電所の特徴によって、ずっと稼働させておくのがよいものと、必要なときに稼働させると力を発揮できるものがあります。

わたしたちの毎日使う電力が、発電所の運用方法によって上手に供給されていると実感できるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 4
    follow us in feedly

  関連記事

利益は期待できない小口需要家・プラットフォーム化する公益事業でビジネスチャンスを

生活支援サービスで勝負する電力小売ビジネス 大口需要家しか適用されてこなかった電 …

電力自由化で2016年4月から電気料金規制が撤廃される!

2016年4月電力自由化は一般家庭を含めて全面的に自由化され、電力市場が開放され …

家庭向け電力自由化の受付開始時期はいつごろから?

光熱費だけでなく、出費全般の節約・削減につながるかも知れない…ということで何かと …

電力自由化で誕生する新ビジネス形態「電力販売業務委託」

新電力会社に変わってあなたが電力を販売する! 電力自由化がもう間もなく始まるわけ …

人口減少に少子高齢化・エネルギー問題とどう関係してくる?

日本の人口は今後減少する 日本の人口は今まで増え続け、1億人をすでに突破していま …

電力供給会社が行っているポートフォリオ契約とは?

電力自由化で好みの電力会社を一般家庭でも選択できるようになっていますが、まだ始ま …

電力自由化は賃貸物件でも利用できるの?

規模によってはすでに新電力会社を使っている可能性がある 2016年4月の電力自由 …

電力自由化の未来はどうなる? 予想もしないこんな変化を引き起こす

電力自由化が及ぼす3つの変化 電力を誰が売ってもよくなる電力自由化がいよいよ始ま …

将来の卸電力取引の発展に必要な「先物取引」

欧米などではすでに活発に取引されている電力の「先物取引」。 日本の卸電力取引所で …

電力自由化が始まってから今現在 予想通りの面と予想通りでない面

ついに電力自由化が始まりました。電力自由化という大きな変化は電力業界や各家庭にど …