エネリスト

電気に関するあらゆる情報をお届け

ロードカーブの基礎知識−ロードカーブとは何?なぜ必要なの?

   

ある猛暑の夜に、エアコンのついた部屋の中でドライヤーを使おうとしたとたん、部屋が真っ暗になり、ブレーカーを探すのに苦労したという経験をされたことのある方がいらっしゃるかもしれません。

こうしたことを何度か経験すると、「今度はアンペアを上げようか」ということになります。

でもドライヤーを使ったせいで町全体が真っ暗になってしまうということは考えられないです。

当たり前のことに思えるかもしれませんが、どのように行なわれているのでしょうか。ここで必要なのが「ロードカーブ」です。負荷曲線とも呼ばれています。
これは何のことでしょうか。わたしたちの生活とどんな関係があるのでしょうか。

 

ロードカーブとは電力量の変化を表したグラフのこと

ロードカーブとは、電力需要が時間とともにどのように変動するかを表す曲線のことです。「負荷曲線」という言葉は、電力を供給するときの大きさが負荷に相当するので、この用語が使われています。

電力の需要は一日単位での変化に加え、一年単位での変化を表す場合があります。

例として、一日単位でのロードカーブを見ると、グラフの左から右にかけて時間の変化が表され、上下の数値で電力量の変化が表現されます。

ロードカーブのピークに達した部分を一日の最大電力と表現します。

一日の変化を見ると、朝から正午にかけて電力の使用量は急速に増加します。夕方6時以降だんだん減少していき、夜中にかけて昼間の約半分ほどになります。
ではなぜロードカーブが必要となるのでしょうか。二つの理由を考えましょう。

 

ロードカーブはなぜ必要?2つの理由は?

なぜ電力供給のさいにロードカーブが重要なのでしょうか。
1番目の理由は、電力は貯蔵が難しいことです。

電力は発電所で生産されるのと同時に各地で消費されます。

貯蔵することも難しいので、必要な電力を供給するためにロードカーブを必要とします。2番目の理由は、電力を供給するための設備の準備に費用と期間がかかることです。

一つの発電所を建設する際に、億単位の費用がかかることでしょう。さらに、建設の際には用地を買ったり、安全性を確認して認可を得ることが必要です。

結果として一つの発電所が稼働するまでには何年もかかります。
わたしたちが「今度はアンペアを上げようか」と簡単に変更できるものではないことが分かります。

電力の需要は発電所を増やせばすぐに解決できるものではありません。

他にも変電設備や受電設備がどれくらい必要になるか、どんな設備を設計すればよいかを判断する上で、ロードカーブが大切な情報を提供していることに気づかれるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 5
    follow us in feedly

  関連記事

海外2カ国の現状−電力自由化を成功する上で何を参考にしたい?

2016年4月1日から始まる電力自由化。 電気料金が値下げになって節約につながる …

電力自由化は賃貸物件でも利用できるの?

規模によってはすでに新電力会社を使っている可能性がある 2016年4月の電力自由 …

2016年4月の電気自由化は電気事業制度改正の第2段階のこと

最も一般家庭に関係してくる電気事業の改革 目前に迫っている電力自由化ですが、実は …

電力自由化後の電気小売事業者の長~い供給約款 かいつまんで説明 

約款はとても長くて読めない、そして難しい 電力自由化後、たくさんの電気小売業者が …

電力自由化で見直される再エネ政策

1割強の再生可能エネルギーが2倍になるの?   2030年までに再生可 …

使うと高くなる電気料金のしくみ!オール電化にすると余計に高くつく?

時代の流れを見ると「オール電化にした方が電気代が安くなる!」と捉えられがちです。 …

どうしてこのタイミング?電力自由化の歴史を振り返ってみよう!

2016年4月からいよいよスタートする電力自由化。 最近まで知らなかった人の方が …

再生可能エネルギー普及を妨げる「高コスト」問題検証と「低コスト」化への道筋考察

太陽光や風力・バイオマスといった再生可能エネルギーは、環境に優しいエネルギーだと …

20年以上前からイギリスで進む電力自由化−現状はどうなっている?今後は?

イギリスでは1990年に国営の電力会社が民営化され、電力自由化が始まりました。 …

電力自由化は原発廃止にも期待がかかる

簡単に廃止できるものではないのも現実 電力自由化で消費者が自由に新しい電力会社( …