エネリスト

電気に関するあらゆる情報をお届け

電力はどのように作られているか−3種類の電源はどういう性格があるの?

   

わたしたちの生活と電力は切っても切れない関係です。家の中を見ると、幾つかの種類に分かれていることでしょう。

冷蔵庫のように、一日24時間常に電源を使用しなければいけないものもあります。部屋の電気のように一定の時間使用するものもあります。反対に、ドライヤーなどのように、一時的に使用するものもあります。

このように、家の中でも基本的な使用量の変化があります。

電力の需要を満たすため、3種類の電源が用意されています。どんな種類がありますか。それぞれどんな性格があるでしょうか。

 

「ベースロード電源」は定常的な供給に向いている

ベースロード電源とは、いったん起動させると止めることが難しい電源のことです。

例えば、わたしたちはバーベキューをするときに炭を使うことがありますが、すぐに火をつけたり消したりすることは難しいです。

同じように石炭や原子力発電所などのベースロード電源もすぐに止めることが難しい電源です。
反対にこれらの供給源は安定して、比較的安価に電力を提供することができるというメリットがあります。「ベースロード電源」は名前の通り、電力需要の一番底辺にある重要な役割を果たしていることが分かります。

次に、一日単位での電力の需要の変化に対処するのが、次の「ミドル電源」です。

 

「ミドル電源」は需要の変化に対処しやすい電源

「ミドル電源」とは、「ベースロード電源」でまかないきれなくなった場合に電力を供給する電源のことを指します。この電源にはLNG、LPGなどの天然ガスを使います。

特徴は、発電所を運転、停止がしやすいので、必要なときに稼働させることができます。
ではなぜ「ミドル電源」が必要なのでしょうか。電力の需要は一日の中でも大きく変化します。

例えば夏の時期になると、昼と夜の電力需要が2倍ちかく変わることもあります。「ベースロード電源」と比べると発電に必要な費用は高くなるものの、毎日の電力の需要に見合った電力を供給するために外すことのできない電源です。

これだけでも十分電力が確保されていると感じるかもしれませんが、真夏の午後、あるいは真冬日に電力が突如増えることも考えられます。その時に切り札となるのが3番目の電源、「ピーク電源」です。

 

「ピーク電源」はいざという時のための備え

「ベースロード電源」や「ミドル電源」を合わせても電力の供給が追いつかない時に、最後の切り札になるのが「ピーク電源」です。

「ピーク電源」は主に石油、揚水式水力、調整池式水力発電などによって供給される電源です。

石油のコストが高いことから、石油は普段はあまり使われることはないかもしれません。揚水式水力発電とは、電力が余る夜の時間帯にポンプを使って水をため、電力が必要になった時に流して発電します。

水をためられる量には限度がありますので、いざという時のための備えと言えます。

普段停電を心配することなく使用することができるのは、こうした幾重もの備えによると言えます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 5
    follow us in feedly

  関連記事

2016年4月に始まったばかりの電力自由化で、現段階で人気のある新電力会社ベスト5

電力小売市場が全面自由化されたまだほんの少ししか時間は経っていませんが、現段階で …

先を見越して電気を買う、3種類の卸電力取引「先渡市場・先渡定型取引・先渡市場取引」−卸電力取引の基礎知識

「先渡市場」は、将来のある1週間、1ヶ月、さらには1年の単位で電力を取引する市場 …

電力自由化で夜間電力は安くなる高くなる?

夜間電力の価格 今後の展望は? 電力自由化に伴い私たち電気消費者が気になるのは料 …

電力自由化が始まってから今現在 予想通りの面と予想通りでない面

ついに電力自由化が始まりました。電力自由化という大きな変化は電力業界や各家庭にど …

電力自由化で発生するかもしれないインバランスという問題

電力自由化が2016年4月に開始されます。 東京電力などの既存の電力会社のほかに …

マンションの住民は電力会社変えられる?変えられない?

マンションなどの共有住宅でも電力会社を変えられる? 2016年4月にいよいよ一般 …

電力自由化は原発廃止にも期待がかかる

簡単に廃止できるものではないのも現実 電力自由化で消費者が自由に新しい電力会社( …

電力自由化後の電気小売事業者の長~い供給約款 かいつまんで説明 

約款はとても長くて読めない、そして難しい 電力自由化後、たくさんの電気小売業者が …

電力供給会社が行っているポートフォリオ契約とは?

電力自由化で好みの電力会社を一般家庭でも選択できるようになっていますが、まだ始ま …

266もの業者が電気小売に参入 理由はFIT制度というものにあるらしい

電気自由化に入る前の3月25日、経済産業省は266社の小売電気事業者が申請したこ …