エネリスト

電気に関するあらゆる情報をお届け

電力はどのように作られているか−3種類の電源はどういう性格があるの?

   

わたしたちの生活と電力は切っても切れない関係です。家の中を見ると、幾つかの種類に分かれていることでしょう。

冷蔵庫のように、一日24時間常に電源を使用しなければいけないものもあります。部屋の電気のように一定の時間使用するものもあります。反対に、ドライヤーなどのように、一時的に使用するものもあります。

このように、家の中でも基本的な使用量の変化があります。

電力の需要を満たすため、3種類の電源が用意されています。どんな種類がありますか。それぞれどんな性格があるでしょうか。

 

「ベースロード電源」は定常的な供給に向いている

ベースロード電源とは、いったん起動させると止めることが難しい電源のことです。

例えば、わたしたちはバーベキューをするときに炭を使うことがありますが、すぐに火をつけたり消したりすることは難しいです。

同じように石炭や原子力発電所などのベースロード電源もすぐに止めることが難しい電源です。
反対にこれらの供給源は安定して、比較的安価に電力を提供することができるというメリットがあります。「ベースロード電源」は名前の通り、電力需要の一番底辺にある重要な役割を果たしていることが分かります。

次に、一日単位での電力の需要の変化に対処するのが、次の「ミドル電源」です。

 

「ミドル電源」は需要の変化に対処しやすい電源

「ミドル電源」とは、「ベースロード電源」でまかないきれなくなった場合に電力を供給する電源のことを指します。この電源にはLNG、LPGなどの天然ガスを使います。

特徴は、発電所を運転、停止がしやすいので、必要なときに稼働させることができます。
ではなぜ「ミドル電源」が必要なのでしょうか。電力の需要は一日の中でも大きく変化します。

例えば夏の時期になると、昼と夜の電力需要が2倍ちかく変わることもあります。「ベースロード電源」と比べると発電に必要な費用は高くなるものの、毎日の電力の需要に見合った電力を供給するために外すことのできない電源です。

これだけでも十分電力が確保されていると感じるかもしれませんが、真夏の午後、あるいは真冬日に電力が突如増えることも考えられます。その時に切り札となるのが3番目の電源、「ピーク電源」です。

 

「ピーク電源」はいざという時のための備え

「ベースロード電源」や「ミドル電源」を合わせても電力の供給が追いつかない時に、最後の切り札になるのが「ピーク電源」です。

「ピーク電源」は主に石油、揚水式水力、調整池式水力発電などによって供給される電源です。

石油のコストが高いことから、石油は普段はあまり使われることはないかもしれません。揚水式水力発電とは、電力が余る夜の時間帯にポンプを使って水をため、電力が必要になった時に流して発電します。

水をためられる量には限度がありますので、いざという時のための備えと言えます。

普段停電を心配することなく使用することができるのは、こうした幾重もの備えによると言えます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 5
    follow us in feedly

  関連記事

電力自由化でしばしば登場してくる発送電分離とはそもそも何?

発送電分離をすることによって生じるメリットとデメリットは? 送配電部門が独立する …

電気自由化は電気事業法の改正のひとつ

時代の流れに沿って変わってきた中での自由化 2016年4月で全面的に電力の自由化 …

電力自由化に伴うセミナーを覗いてみよう!

2016年4月の電力自由化に伴って、多くの企業が参入することがアナウンスされてい …

なぜ? 電力初心者と電力玄人が電力会社を変えない3つの理由

電力自由化が始まったのに不思議なことに、いまだ以前と旧電力会社を利用し続けている …

だから原発は再稼動する 3つの理由

福島原子力発電所事故。あれほど大きな事故を起こし、いまだに収束できていない状況を …

電力自由化で新規サービスも!ポイントサービス利用できる可能性が

主要3ポイントシステムはすでに電力会社と提携も   顧客獲得の有効策・ …

電力自由化で4種類の提携販売が可能!その中の一つホワイトラベルを紹介

いわゆる業務提携とはどこが異なるの? 提携販売が注目されている 電力自由化によっ …

電力自由化は明暗はっきり・通信会社が苦戦しているのはなぜ?

  明暗くっきり分かれる新電力 2016年4月から電力自由化が始まって …

電力自由化でのりかえしてみたい!費用・工事はどうなの?

乗り換えると電気料金が安くなる可能性は高い? 電気料金が安くなる仕組み 電力自由 …

石油ショックと気候変動問題・電力自由化を促した2つの事象を紹介

  脱英国病が電力自由化の走り   日本でも今度一般家庭を含 …