エネリスト

電気に関するあらゆる情報をお届け

電力はどのように作られているか−3種類の電源はどういう性格があるの?

   

わたしたちの生活と電力は切っても切れない関係です。家の中を見ると、幾つかの種類に分かれていることでしょう。

冷蔵庫のように、一日24時間常に電源を使用しなければいけないものもあります。部屋の電気のように一定の時間使用するものもあります。反対に、ドライヤーなどのように、一時的に使用するものもあります。

このように、家の中でも基本的な使用量の変化があります。

電力の需要を満たすため、3種類の電源が用意されています。どんな種類がありますか。それぞれどんな性格があるでしょうか。

 

「ベースロード電源」は定常的な供給に向いている

ベースロード電源とは、いったん起動させると止めることが難しい電源のことです。

例えば、わたしたちはバーベキューをするときに炭を使うことがありますが、すぐに火をつけたり消したりすることは難しいです。

同じように石炭や原子力発電所などのベースロード電源もすぐに止めることが難しい電源です。
反対にこれらの供給源は安定して、比較的安価に電力を提供することができるというメリットがあります。「ベースロード電源」は名前の通り、電力需要の一番底辺にある重要な役割を果たしていることが分かります。

次に、一日単位での電力の需要の変化に対処するのが、次の「ミドル電源」です。

 

「ミドル電源」は需要の変化に対処しやすい電源

「ミドル電源」とは、「ベースロード電源」でまかないきれなくなった場合に電力を供給する電源のことを指します。この電源にはLNG、LPGなどの天然ガスを使います。

特徴は、発電所を運転、停止がしやすいので、必要なときに稼働させることができます。
ではなぜ「ミドル電源」が必要なのでしょうか。電力の需要は一日の中でも大きく変化します。

例えば夏の時期になると、昼と夜の電力需要が2倍ちかく変わることもあります。「ベースロード電源」と比べると発電に必要な費用は高くなるものの、毎日の電力の需要に見合った電力を供給するために外すことのできない電源です。

これだけでも十分電力が確保されていると感じるかもしれませんが、真夏の午後、あるいは真冬日に電力が突如増えることも考えられます。その時に切り札となるのが3番目の電源、「ピーク電源」です。

 

「ピーク電源」はいざという時のための備え

「ベースロード電源」や「ミドル電源」を合わせても電力の供給が追いつかない時に、最後の切り札になるのが「ピーク電源」です。

「ピーク電源」は主に石油、揚水式水力、調整池式水力発電などによって供給される電源です。

石油のコストが高いことから、石油は普段はあまり使われることはないかもしれません。揚水式水力発電とは、電力が余る夜の時間帯にポンプを使って水をため、電力が必要になった時に流して発電します。

水をためられる量には限度がありますので、いざという時のための備えと言えます。

普段停電を心配することなく使用することができるのは、こうした幾重もの備えによると言えます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 4
    follow us in feedly

  関連記事

電力自由化は電力会社のライセンス制?条件や課題は?

電力の全面自由化を柱にする電気事業法改正案が成立。 これにより、2016年4月か …

電力自由化用語 「アグリゲーター」ってなに?

電力自由化後に注目を浴びるようになった言葉の一つにアグリゲーターという言葉があり …

電力自由化で中小企業も参戦!電気事業法改正で私たちにどんな影響をもたらす?

2015年3月3日、政府は電力改革を推し進め、その最終段階…総仕上げとして電気事 …

人口減少に少子高齢化・エネルギー問題とどう関係してくる?

日本の人口は今後減少する 日本の人口は今まで増え続け、1億人をすでに突破していま …

電力自由化で懸念されるのは新電力会社の技術力

新電力会社に移行しても技術的に安定供給は可能? 電力自由化が2016年4月に行わ …

海外2カ国の現状−電力自由化を成功する上で何を参考にしたい?

2016年4月1日から始まる電力自由化。 電気料金が値下げになって節約につながる …

恐れていたことがついに始まった… 関西電力はなぜ値上げしたのか?

電力自由化によって変わったのは、何も私たち消費者が自由に電力会社を選べるようにな …

自由化をもう一歩踏み込んで見ると電気代は安くならないことがわかる ユニバーサルシステムとは

電力事情を一歩踏み込んで見ると違ったものが見えてくる 電力自由化は、「電力を売る …

先を見越して電気を買う、3種類の卸電力取引「先渡市場・先渡定型取引・先渡市場取引」−卸電力取引の基礎知識

「先渡市場」は、将来のある1週間、1ヶ月、さらには1年の単位で電力を取引する市場 …

どうしてこのタイミング?電力自由化の歴史を振り返ってみよう!

2016年4月からいよいよスタートする電力自由化。 最近まで知らなかった人の方が …