エネリスト

電気に関するあらゆる情報をお届け

水力発電-日本の豊かな自然の資源を使った3種類の発電方式

   

日本には豊かな水の資源があります。

そして昔から水車を使ってさまざまな仕事をしてきました。
現在は環境保護のため、再生可能エネルギーを用いた発電所が盛んに取り上げられるかもしれませんが、水力発電は水車を回すのと同じ原理です。

環境汚染を避けるよい方法として知られています。
昔から山間部に作られてきた水力発電所ですが、ダムを作るために一つの村が湖底に沈むなどの話を聞かれたことのある方も少なくないかもしれません。
水力発電にはどのような種類があるのでしょうか。3種類の水力発電所の特徴を見てみましょう。

 

「流れ込み式水力発電」は自然にまかせる発電方式

「流れ込み式水力発電」は、河川の水を引き込んで発電する方法のことです。

この特徴は、建設コストを抑えることができることです。しかし、安定した電力を供給することは難しく、水が豊かなときにその全てを電力のために使うことはできませんし、水量の少ない時には当然電力供給量が下がることになります。続いて、2種類目の発電方法を見てみましょう。

 

「貯水池式水力発電」は安定した電力供給を可能にするが、負担も大きい

「貯水池式水力発電」はダムを作って河川をせき止め、発電のために用いる方法のことです。ダムによって、一年中安定して電力を供給できるようになります。

日本の河川は距離が短いため、建設できる場所が多くないのが一つの特徴です。

発電の際にCO2排出などの負荷は少ないかもしれませんが、別の面で環境への負荷がかかります。

例えば、ダムを建設する際には、水没などによって環境が変化するために、負担が大きくなります。長期的に見ると、ダムの底にたまる砂などにより、発電量が徐々に減ってしまうことも負担が大きい事の理由になるかもしれません。

では、水力発電のもう一つの種類を見てみましょう。

 

「揚水式水力発電」はいざというときのためのいわば「電池」の働きをする

「揚水式水力発電」は、他の水力発電と同じく、水が上から下に落ちる過程で発電します。
「揚水式水力発電」の特徴は、発電所の上部と下部にそれぞれ調整池と呼ばれる大きな池があることです。夜間の電力需要が少ない時間帯に水を上の調整池に上げます。

そして昼間、電力が必要なときに水を流して発電を行なうという仕組みです。水力そのものは環境に負担をかけませんが、ポンプなどで水を上げる際に電力を用いることから、費用としては高価です

現在、大規模な蓄電池を作ることは、費用や場所などの面から難しいですが、調整池に水を上げる事によって、いわば「電池」のように電力を蓄えることができるので、とても便利な施設といえます。

かつて水力発電は日本の中心的な発電方法でした。そして将来に新たな開発の余地が少ない分野かもしれません。しかし、再生可能エネルギーとしての水力発電の種類を知ることで、今後の環境保護への取り組み方を考える助けとなることでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 4
    follow us in feedly

  関連記事

関西電力が採用している2本継ぎ電柱は敵に塩を送る行為?

持ち運び便利な電柱 電柱の新しいスタイルとして、2本継ぎ電柱が注目を集めています …

電気の大量消費先の病院・電力自由化で電気代をセーブできる?

今後の電力の安定供給に不安も…対策を講じるべし   何百万円単位で発生 …

電力自由化で脱・原発が叫ばれている!

全面自由化が日本の将来の明暗を分ける!? 2016年4月。これまで部分的に認めら …

電力自由化の仕組みを簡単にでも理解しておこう!

現代の日本においては必然的に始まる仕組み? 電力市場が2016年4月に自由化され …

物流センターの屋根が発電の拠点に?電力自由化で新しい試み

住宅メーカーも電力業界に本格参入の可能性も   売電も自由化になるのが …

電力自由化でたまに目にする特別高圧とはどんなもの?

2016年4月に実施される電力自由化で数多くの新電力会社(PPS)が参入し、日本 …

電気自由化で電柱が増えるのかという心配は無用

既存のシステムを利用するので、基本的には増設はない 2016年4月に行われる電力 …

なぜ? 電力初心者と電力玄人が電力会社を変えない3つの理由

電力自由化が始まったのに不思議なことに、いまだ以前と旧電力会社を利用し続けている …

蓄電池を導入すれば自由化で混乱が起きても電気を備蓄できる!

電力自由化では新電力会社であるPPSとの契約で電気代が安くなるなどのメリットが期 …

電力自由化の電気小売業者選択 リミックスポイントのアピールポイントがすごい

リミックスポイントのアピールポイントとは 100を超える電気小売業者が参入するこ …