エネリスト

電気に関するあらゆる情報をお届け

電気事業で必須の3つの用語 −クリーンダークスプレッド・スパークスプレッド・ダークスプレッド どんな意味があるの?

   

2016年4月から電力自由化が始まりました。電気事業の企業であれば、利益をある程度安定させたいと思うことでしょう。

電気事業で小売が完全に自由化されてから、経営に大切なのは、販売価格から燃料価格の値段を引いてどれくらい利益が出るのかということです。

すでに法律も改正されて電力の先物市場への道が開かれています。普段あまり聞くことの少ない言葉かもしれませんが、クリーンダークスプレッド・スパークスプレッド・ダークスプレッドという用語があります。何のためにあるのでしょうか。またそれぞれの言葉にはどのような意味があるのか見てみましょう。
 

「スパークスプレッド」とは何?

「スパークスプレッド」とは、電力と天然ガスの価格差のことをさしています。
現在、火力発電事業で天然ガスを用いますが、スパークスプレッドによって、仕入れ価格と販売価格がわかると幾らで電力を売ればいいのか、どれくらいの利益が上がるのかを計算することができます。またスパークスプレッドによって、価格差を固定化することもできます。先物取引で先に価格が確定されると、事業の利益を確定しやすくなります。

 

「ダークスプレッド」の意味

「ダークスプレッド」とは、石炭と電力の価格差のことを指します。
これらの価格差はどのように表現されているのでしょうか。

価格スプレッド表を見ると、通関を通る前の価格と、課税された価格が出てきます。その後に、発電単価が表示されます。
そして、「ダークスプレッド」は熱効率の高さによって異なってきます。もう一つの要素には、昼間、ピーク時、そして24時間という単位によって変わります。

 

「クリーンダークスプレッド」は環境を値段で表したもの

「クリーンダークスプレッド」とは、石炭と電力の価格差から排出権価格を差し引いたもののことです。

排出権価格とは何でしょうか。石炭などの化石燃料を使うと温暖化ガスが排出され、地球の温暖化に影響を及ぼします。

温暖化ガスを減らすために、「排出権価格」が設定され、化石燃料などを用いた場合に、排出したに温暖化ガスの分を支払わなければならなくなります。

これは特に欧州で活発に行なわれています。
このように火力発電所では、使用する化石燃料を効率的に電力に変える努力だけではなく、環境への影響を考えた取引きがなされているということです。

電力自由化がわたしたちがどの電力会社を選ぶかだけでなく、企業としてどのように安定した利益を確保しつつ、環境に配慮するかが大切なことが分かります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 4
    follow us in feedly

  関連記事

主婦は電力自由化に興味がないらしい なぜならこうして節約してるから

「安くなるのなら!」「節約になるのなら!」そのためにはどんな努力をもいとわない、 …

電力自由化における通信自由化の相違点と相似点を考えてみよう

2016年4月から電力自由化がスタートします。 これまでは全国各地にある電力会社 …

電力自由化ではグリーン電力でも電力会社を選ぶことができる!

デメリットは割高になる可能性があること 電力自由化で誕生する新電力会社(PPS) …

電力自由化でよく耳にする低圧電力とは一体なに?

2016年4月に実施される電力自由化というのは、電力の小売りが全面的に自由化され …

卸電力取引−何をするところ?2つの存在意義とは?

日本で唯一電気を市場取引できる機関があります。日本卸電力取引所(JEPX)と呼ば …

電力自由化で注目が集まるPPS(新電力)って何?

電力自由化がスタートするにあたってPPS(新電力)というキーワードを耳にすること …

電力自由化=電気料金は下がる わけではない3つの要因

「電力小売が自由化になったら、価格競争が始まって各社値下げを始めるので、電気料金 …

電力自由化でどんな料金プランが出てくる?ニーズに合わせた選択を

一般家庭向けに電力を販売できる小売電気事業者が参入できるサービス、ということで注 …

電力自由化は賃貸物件でも利用できるの?

規模によってはすでに新電力会社を使っている可能性がある 2016年4月の電力自由 …

なぜ? 電力初心者と電力玄人が電力会社を変えない3つの理由

電力自由化が始まったのに不思議なことに、いまだ以前と旧電力会社を利用し続けている …