エネリスト

電気に関するあらゆる情報をお届け

電気事業で必須の3つの用語 −クリーンダークスプレッド・スパークスプレッド・ダークスプレッド どんな意味があるの?

   

2016年4月から電力自由化が始まりました。電気事業の企業であれば、利益をある程度安定させたいと思うことでしょう。

電気事業で小売が完全に自由化されてから、経営に大切なのは、販売価格から燃料価格の値段を引いてどれくらい利益が出るのかということです。

すでに法律も改正されて電力の先物市場への道が開かれています。普段あまり聞くことの少ない言葉かもしれませんが、クリーンダークスプレッド・スパークスプレッド・ダークスプレッドという用語があります。何のためにあるのでしょうか。またそれぞれの言葉にはどのような意味があるのか見てみましょう。
 

「スパークスプレッド」とは何?

「スパークスプレッド」とは、電力と天然ガスの価格差のことをさしています。
現在、火力発電事業で天然ガスを用いますが、スパークスプレッドによって、仕入れ価格と販売価格がわかると幾らで電力を売ればいいのか、どれくらいの利益が上がるのかを計算することができます。またスパークスプレッドによって、価格差を固定化することもできます。先物取引で先に価格が確定されると、事業の利益を確定しやすくなります。

 

「ダークスプレッド」の意味

「ダークスプレッド」とは、石炭と電力の価格差のことを指します。
これらの価格差はどのように表現されているのでしょうか。

価格スプレッド表を見ると、通関を通る前の価格と、課税された価格が出てきます。その後に、発電単価が表示されます。
そして、「ダークスプレッド」は熱効率の高さによって異なってきます。もう一つの要素には、昼間、ピーク時、そして24時間という単位によって変わります。

 

「クリーンダークスプレッド」は環境を値段で表したもの

「クリーンダークスプレッド」とは、石炭と電力の価格差から排出権価格を差し引いたもののことです。

排出権価格とは何でしょうか。石炭などの化石燃料を使うと温暖化ガスが排出され、地球の温暖化に影響を及ぼします。

温暖化ガスを減らすために、「排出権価格」が設定され、化石燃料などを用いた場合に、排出したに温暖化ガスの分を支払わなければならなくなります。

これは特に欧州で活発に行なわれています。
このように火力発電所では、使用する化石燃料を効率的に電力に変える努力だけではなく、環境への影響を考えた取引きがなされているということです。

電力自由化がわたしたちがどの電力会社を選ぶかだけでなく、企業としてどのように安定した利益を確保しつつ、環境に配慮するかが大切なことが分かります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 5
    follow us in feedly

  関連記事

日本で再生可能エネルギーの増えない理由を種類別に紹介

  太陽光発電の増えない理由 電力自由化で、再生可能エネルギーが普及す …

電力自由化で新規サービスも!ポイントサービス利用できる可能性が

主要3ポイントシステムはすでに電力会社と提携も   顧客獲得の有効策・ …

海外の事例に見る再生可能エネルギーがもたらす明るい未来

再生可能エネルギーは、枯渇の心配がなく自然にも優しいエネルギーとして近年注目され …

「電力自由化の負の影響」それは「不確実な価格変動」!?私達がとるべき対策を解説

2016年4月から家庭向けの電力供給が「自由化」となります。いわゆる「電力自由化 …

電力自由化の電気小売業者選択 リミックスポイントのアピールポイントがすごい

リミックスポイントのアピールポイントとは 100を超える電気小売業者が参入するこ …

電気の大量消費先の病院・電力自由化で電気代をセーブできる?

今後の電力の安定供給に不安も…対策を講じるべし   何百万円単位で発生 …

1Wってすごい! こんなことができるとは…

電力自由化となり、この機会に消費電力に関心をもっている人が多いようです。東京ディ …

自由化で提携ポイントをウリにした電力会社が増えたが、正直そのポイントは貯まるの?

電力小売市場が全面自由化でたくさんの電力会社が誕生しています。 大手電力会社も子 …

料金?サービス? 皆が自由化に求めていることはこの3つだった

電力が自由化になりましたが新電力を利用しようという人がいまいち多くないのが現状で …

卸売電力取引で行なわれるOTC取引とはどのようなもの?2つのメリットとデメリット

  「OTC取引」とは何? 「OTC取引」という言葉は普段耳慣れないか …