エネリスト

電気に関するあらゆる情報をお届け

卸電力取引−何をするところ?2つの存在意義とは?

   

日本で唯一電気を市場取引できる機関があります。日本卸電力取引所(JEPX)と呼ばれています。電力自由化に備え、2004年に設立されました。

これは、わたしたち個人が直接電気を買う場所ではなく、会員になった企業間で電力の取引が行なわれます。

現在、日本卸電力所には、既存の電力会社と新規参入の電力会社を含め、114社が会員となっています。

ここでの取引には、電力をどれくらい買いたいか、いくらで買いたいのか、いつ電力が必要なのかといった条件をもとに取引を行ないます。

取引所の取引はわたしたちの生活とどのような関係があるのでしょうか。2つの存在意義について考えましょう。
 

卸電力取引の意義-電力の売買

電力の売買ができるというのは、取引所からしたら当たり前のように思えるかもしれません。
でも考えてみてください。
例えば、わたしたちは環境保護を考えて、風力発電の電力会社から電力を購入したいと考えます。
しかし、風力発電は安定して電力を供給できるとは限りません。

その場合に、風力発電のみの電力企業が、電力不足なので電力を供給できないと言われるとわたしたちは困ります。

それで風力発電の事業者は卸電力取引所を通じて他の会社から電気を買い、わたしたちに送電することができるようになります。
このようにして、わたしたちが安定した電力を確保できるようなしくみになっています。

それで電力の売買ができるというのは、基本的な機能でありながら、わたしたちの生活と密着しているということです。では、次にもう一つの存在意義について見てみましょう。
 

卸電力取引の意義-市場価格を形成できる

電力の市場価格が形成されると、それをもとに新たな設備の投資をするか判断できるようになります。
現時点で余剰電力すべてを卸売取引所で売り、利益を出すよう要請されています。
電力自由化が始まり、夏の猛暑で電力の需要が急増する際に、市場価格が形成されているなら適正な価格で取引がなされます。
しかし、取引所取引のシェアは小売販売量のごく一部にしか過ぎません。これから取引所取引はどのような方向へ向かって行くと期待されているでしょうか。
 

これからの方向性はさらに裾野を広げること

取引所の取引量は現在の状態では、市場価格の形成というまでにはまだ少ないといえるかもしれません。

取引量の増加は、新たな電力会社を立ち上げる際にも大切な要素といえるでしょう。
現在は114社の会員から成り立っていますが、今後裾野をひろげ、需要家やトレーダーが参入できるようになると、取引がさらに活発になります。
取引量の増加に加え、取引の種類が増えていくことも期待されているといえます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 5
    follow us in feedly

  関連記事

電力自由化で原発再稼働は阻止できる!?

日本が脱・原発に動いた流れをおさらいしよう 日本人の大半は近年の様々な体験から脱 …

卸売電力取引で行なわれるOTC取引とはどのようなもの?2つのメリットとデメリット

  「OTC取引」とは何? 「OTC取引」という言葉は普段耳慣れないか …

電力自由化についてのアンケートでは64%が電力会社を変えたい

認知度は80%を超えるが、すぐに変えたい人は少ない!? 2016年4月に実施され …

ガス会社は電気を売りたくてしょうがいない! ガス会社の参入裏事情

もともと国営のガス会社も、民間で長らくプロパンガスを売ってきたガス会社も、電力自 …

石油ショックと気候変動問題・電力自由化を促した2つの事象を紹介

  脱英国病が電力自由化の走り   日本でも今度一般家庭を含 …

電力節約の究極の方法!? オフグリッドな生活で電気を自給自足する!

電力小売市場が全面自由化し、一般家庭でも自由に電力会社を選べるようになったのはご …

アメリカで進む電力自由化−海外の現状はどうなってる?

1990年代後半から電力自由化が進んでいるアメリカ。 日本はアメリカほど電力需要 …

電力自由化の今だからこそ!国内最大のエネルギーサミット・電力自由化サミットジャパンに注目すべし

電力需要の高まる夏に行われるサミット グッドフェローズという「タイナビ」という太 …

蓄電池を導入すれば自由化で混乱が起きても電気を備蓄できる!

電力自由化では新電力会社であるPPSとの契約で電気代が安くなるなどのメリットが期 …

日本で再生可能エネルギーの増えない理由を種類別に紹介

  太陽光発電の増えない理由 電力自由化で、再生可能エネルギーが普及す …