エネリスト

電気に関するあらゆる情報をお届け

「スポット市場」とは卸電力取引で明日の電気を買うところ

   

卸電力取引にもいろいろな種類があります。取引の中でもっとも主流な取引の一つが「スポット市場」と呼ばれています。

これは次の日に発電、販売する電力を入札し、販売を成立させることを意味します。これまでも取引の方法は少しずつ変化しています。以前は金曜日に土曜日、日曜日、月曜日と3日分の取引が開催されていました。

変更後には、スポット市場は一日に1回、365日営業することになります。「スポット市場」は別名、「一日前市場」とも呼ばれています。
これはどのようなしくみでしょうか。どのように電力取引がなされるのでしょうか。
 

一日を30分毎に区切った48個の電力を取引する

スポットという名前から想像できますが、一日の中で電力を必要とする時間帯だけ売買することができます。5

もし電力を売りたいのであれば、どこで発電した電気をいくらで売るかで入札します。電力を買いたい側は、どこで使用する電気をいくらで買いたいのかを入力します。
そして入札の条件を記して取引所に知らせます。もし電気を売りたい場合、複数の時間帯をまとめて入札するブロック入札という入札方法もあります。
これらの情報が取引所で集められ、区分ごとの価格が決まります。この価格に基づいて売り手も買い手も取引をすることになります。これに取引手数料を加算した額が卸電力の価格といえます。
 

毎日の電力需要などにより刻々と変化する市場

卸電力取引で、スポット市場の価格は刻々と変化します。一日の中で電力を必要とするのはどんな時間でしょうか。
通常では、平日の昼間の時間帯です。
午前11時ころにかけて増加し、お昼休みになる12時ころは需要が減ります。そして午後2時過ぎに一日のピークがくるという具合です。

反対に夜間や休日は少なくなります。
さらに季節によってもスポット市場の価格に変化が起きます。
猛暑や真冬日には電力需要が増加しますので、高値になることが想像できます。また卸電力取引では、原子力発電が稼働停止するなどの要因によっても価格が変動します。

何年も前から「スポット市場」の取引がなされていますが、全体の電力供給量や電力需要と比較するなら、卸電力取引で取引されている電力はまだ少ないといえるかもしれません。

スポット市場が活性化されるよう今でも取引方法に変更が加えられています。

最近では、売買可能量の制限がなくなりました。さらに入札が10日前からできるようにもなりました。

気候やその他の要素に合わせてよく準備して入札できるようになっています。入札のシステムや電力事業者が増えることによって、わたしたちが購入する電気の選択肢が増えることが期待されています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 5
    follow us in feedly

  関連記事

家庭向けの電力販売でクーリングオフはできるの?どんな条件で?

いよいよ2016年4月から電力自由化が始まります。 すでに店頭やインターネットで …

電力自由化で東京電力が受けることになる影響とは?

2016年4月電力自由化ではたくさんの新電力会社(PPS)が誕生しました。今後も …

電力自由化で見直される再エネ政策

1割強の再生可能エネルギーが2倍になるの?   2030年までに再生可 …

電力自由化でよく耳にする低圧電力とは一体なに?

2016年4月に実施される電力自由化というのは、電力の小売りが全面的に自由化され …

「時間前市場」を設ける2つのメリットはなに?

ライフラインとして電力の取引では不測の事態に備えることが必要です。 「スポット市 …

卸電力取引での「ザラ場」とはどんな取引の方法?2つのメリットとは?

  「ザラ場」とはどんな取引のこと? 卸電力取引で「ザラ場」という言葉 …

電力自由化で売電価格が優遇されるかも?太陽光発電がより有利になる可能性が

2016年4月よりスタートする一般家庭向けの電力小売が自由化されるということで注 …

電力供給会社が行っているポートフォリオ契約とは?

電力自由化で好みの電力会社を一般家庭でも選択できるようになっていますが、まだ始ま …

海外の事例に見る再生可能エネルギーがもたらす明るい未来

再生可能エネルギーは、枯渇の心配がなく自然にも優しいエネルギーとして近年注目され …

電力自由化で今後の同時同量はどうなるの?

電力供給で重要なポイント・同時同量について紹介   電力の安定供給で欠 …