エネリスト

電気に関するあらゆる情報をお届け

「時間前市場」を設ける2つのメリットはなに?

   

ライフラインとして電力の取引では不測の事態に備えることが必要です。

「スポット市場」で明日の電気を買いましたが、突然の気温上昇で電力需要が高くなることも考えられるでしょう。

他にも不測の事態で、発電が不調になることもありえます。電力需要が間に合わない時のために、「時間前市場」があります。
具体的には、実際に電力を供給する前日の17時から1時間前までの間に取引が行なわれます。このことがもたらすメリットを2つ取り上げましょう。
 

「時間前市場」のメリットは,少しでも安く電気を提供すること

「時間前市場」のメリットの一つは、できるだけ安い費用で電力を活用することにあります。
大手の電力会社だけでなく、新規の電力会社も需要の変化に対応しなければなりません。「時間前市場」のメリットは、緊急の需要が生じた時に、コストが安い発電所から順々に運転して電力を供給できるようになることです。

もし発電所をもつ電力会社であれば、最初に自分の会社に有利なオーダーを組みたくなるかもしれません。

そうなると、コストが安いところで電力が余っていても有効に利用されず無駄になってしまいます。

「時間前市場」によって、実際に電力を供給するギリギリの時間まで効果的に各発電所からの電力を使うことができるようになります。では2番目のメリットはなんでしょうか?

 

「時間前市場」の2つ目のメリットは、明確な料金設定

「時間前市場」がもたらす2つ目のメリットは、電気を供給してもらった時に支払う、「インバランス料金」を明確にすることです。

電力自由化によって発電能力を持たない新規の電力会社が業界に参入します。

発電量が足りない場合には、既存の電力会社に「インバランス料金」を支払って、電力を補給してもらうというしくみです。

今までこの価格は電力会社によって決められていました。新規の電力会社にとって、どうしても必要なので「インバランス料金」を支払いますが、明確な料金設定がわからないと、一体いくら上乗せされるのかわからず不公平に感じるかもしれません。

こうした状況を「時間前市場」により、「インバランス料金」も直前の市場価格を参照することができるようになります。結果としてより明確な、透明な料金設定になります。

簡単に「時間前市場」のメリットを二つ考えました。

他にも、多様な発電方式や小規模な発電設備が参入しやすくなるというメリットも考えることができます。

現在、卸電力取引も新たな取組みがもとめられています。
これから電気の売り方や買い方が多様化し、もっと柔軟に電力を供給できるようになることが期待されています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 5
    follow us in feedly

  関連記事

家庭向け電力自由化の受付開始時期はいつごろから?

光熱費だけでなく、出費全般の節約・削減につながるかも知れない…ということで何かと …

オール電化の効率性を「電力自由化」の前に徹底検証!

いよいよ始まる「電力自由化」を受けて、「うちもオール電化を検討しようかな!?」と …

オール電化の家庭、電力自由化による契約プラン変更はお得なの!?

2016年4月に予定されている「電力自由化」。 企業だけでなく一般家庭でも、新し …

電力自由化で発生するかもしれないインバランスという問題

電力自由化が2016年4月に開始されます。 東京電力などの既存の電力会社のほかに …

電力自由化における通信自由化の相違点と相似点を考えてみよう

2016年4月から電力自由化がスタートします。 これまでは全国各地にある電力会社 …

「電力自由化」で他社に乗り換える場合のオール電化住宅に関する注意点

いよいよ始まる「電力自由化」。私たち消費者にとっては、電力価格や企業イメージなど …

政府発表 近い将来すべての家に導入される「HEMS」とは?

電力が自由化になった特徴の一つは、アナログから自動制御への変化です。 電気メータ …

「電力自由化の負の影響」それは「不確実な価格変動」!?私達がとるべき対策を解説

2016年4月から家庭向けの電力供給が「自由化」となります。いわゆる「電力自由化 …

電力自由化で原子力発電を脱することができるのか?

同じ発電量を太陽熱で得ようとすると・・・ 2016年4月の電力自由化が全面的に認 …

卸売電力取引で行なわれるOTC取引とはどのようなもの?2つのメリットとデメリット

  「OTC取引」とは何? 「OTC取引」という言葉は普段耳慣れないか …