エネリスト

電気に関するあらゆる情報をお届け

先を見越して電気を買う、3種類の卸電力取引「先渡市場・先渡定型取引・先渡市場取引」−卸電力取引の基礎知識

   

「先渡市場」は、将来のある1週間、1ヶ月、さらには1年の単位で電力を取引する市場のことです。

「スポット市場」や「時間前市場」のようにギリギリで電力を購入するのではなく、前もって買えるので計画的に電力を供給できます。

2016年4月に電力自由化が始まる前からすでにこうした商品がいくつか用意されていました。例えば、一ヶ月単位で朝8時から18時までの電気を買うか、もしくは24時間の電気を買うか。または同じ種類の電気を週単位で買うかというタイプの商品です。

「先渡市場」は現物で取引するものなので、たとえば1キロワット買ったら、受け渡しの際には必ず1キロワットを供給します。それでその分の代金が必要になります。

では「先渡市場」は電力自由化の過程でどのように変化するのでしょうか。

 

電力自由化で中止になった取引−「先渡定型取引」

「先渡定型取引」とは、向こう1年の間で受け渡しをする電力を一ヶ月または一週間の単位で取引するものです。

電力自由化が始まる前まで、用いられてきたこの取引方法は、電力を買いたい会社と電力を売る会社で直接契約が結ばれていました。これにはある程度のメリットがありました。
例えば、電力をどのように、どれくらい送電するかを会社ごとに調整できることです。

また電力を売る側と買う側が明確にわかるということもメリットかもしれません。
反対に、もし電力を買った会社が倒産するなら、電力会社にとって不良債権となるので、与信リスクがつきまといます。

2015年4月から9月にかけての期間を見ると、「先渡定型取引」で実際に契約された約定実績は非常に少ないです。
電力自由化にともなって、「先渡市場」にはどのような変化があるでしょうか。

 

名前が変わる「先渡市場取引」−「先渡取引」に一本化されます

「先渡市場取引」とは、「先渡定型取引」と同じ形態で電力を取引するものです。
では違いはどこにあるのでしょうか。
「先渡市場取引」は、会社と会社で契約を結んで電力を供給するのではなく、電力スポット市場で行なわれます。

スポット市場で取引を行なうことにはどのようなメリットがあるのでしょうか。
「先渡定型取引」のように売る側と買う側が直接契約を結ぶわけではなく、名前を明らかにしなくても自由に取引することができます。

さらに、スポット市場を通じて契約をするので、会社が倒産して電力の受け渡しなどを心配する必要がありません。名前は「先渡取引」に一本化されますが、取引の形に変更はありません。

先渡市場の規模は決して大きくはありません。これらの取引方法が変化してきた流れを見ると、どんなところにメリットやデメリットがあるかを知ることができます。

与信リスクだけではなく、転売や反対売買が比較的簡単に行なえるのか、決済の時期や方法も取引の方法に影響を与えることがわかります。電力自由化でより透明な取引を目ざしていることがわかります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 5
    follow us in feedly

  関連記事

電力自由化に伴いアパートなどでも電力会社を自由に選べる?

基本的には選べる物件の方が多いはず 2016年4月の電力自由化で賃貸物件に暮らす …

電力自由化はメンテナンスの自由化を生む-こんな恐~い影響が予測される

電力自由化はメンテナンスの自由化をも生む 電力自由化になって変化することは電気が …

電力自由化で見直される再エネ政策

1割強の再生可能エネルギーが2倍になるの?   2030年までに再生可 …

電力自由化に伴うセミナーを覗いてみよう!

2016年4月の電力自由化に伴って、多くの企業が参入することがアナウンスされてい …

電力自由化という投資チャンス 電力会社の投資とひそかに注目される投資先

大きく国の制度が変わるときは投資のチャンスと言われています。 大きく成長する会社 …

電力自由化で誕生する新ビジネス形態「電力販売業務委託」

新電力会社に変わってあなたが電力を販売する! 電力自由化がもう間もなく始まるわけ …

電力自由化の電気小売業者選択 リミックスポイントのアピールポイントがすごい

リミックスポイントのアピールポイントとは 100を超える電気小売業者が参入するこ …

再生可能エネルギーのPPSは環境重視派に向いている!

電力自由化が2016年4月に始まったら、小売りが全面自由化されるので新電力会社( …

発送電分離の手法は4種類・その中の一つ法的分離とは

日本で法的分離に集約された背景は?   電力自由化と発送電分離 電力自 …

電力自由化でメガソーラー 増える?減る?

メガソーラーの将来を考える 電力自由化の先進国はヨーロッパ諸国です。ヨーロッパ諸 …