エネリスト

電気に関するあらゆる情報をお届け

卸電力取引での「ブラインドシングルプライスオークション」とはどんなオークション?

   

平成28年4月から日本卸電力取引所でいくつかの制度変更が始まりました。

それにともない、時間前市場ではブラインドシングルプライスオークションという方式で取引されることがなくなります。

しかし、一日前市場(スポット市場)では引き続き、ブラインド・シングルプライスオークションが用いられます。どのような約定方法でしょうか。

取引によっては、ブラインド・シングルプライスオークションが用いられなくなりますが、それはなぜでしょうか?そもそもブラインド・シングルプライスオークションとはどのような方式の取引でしょうか。

 

ブラインド・シングルプライスオークションとは何?

ブラインド・シングルプライスオークションという言葉からすぐに「オークション」であることは容易に想像できるかもしれません。

わたしたちがネットなどでオークションをする時には、大抵一つの商品に対して値段をつけ、一番高い価格を提示した人が購入します。

卸電力では、一つの商品をいくつもの会社が買います。
ではどのように値段を決めるのでしょうか。「ブラインド」という表現から、他の電力会社は、他の電力会社がいくらで電力を買いたいのか見えないということがわかります。

「シングルプライス」なので、この取引では、取引の価格は一つだけになります。
つまり、自分がいくらで入札したかにかかわりなく、約定の価格で取引することになります。

なので、電力を売りたい場合に、約定価格よりも低い価格で入札したならば、約定価格で販売することができます。
また反対に、約定価格よりも高い入札なら、低い価格で売ることになります。
では、ブラインド・シングルプライスオークションのメリット・デメリットは何でしょうか?
 

ブラインド・シングルプライスオークションのメリット・デメリットは?

ブラインド・シングルプライスオークションのメリットは、他の会社に入札額や会社名が見えないことです。
それで会社の状況に見合った価格を提示でき、まとめられた価格から平均的な価格で電力取引できます。それで新規であれ大手であれ統一した価格で取引できます。

取引価格が固定されるのは、メリットでもあり、デメリットといえるかもしれません。
卸電力市場での電力の価格は刻々と変化します。さらに、購入する電力量が多いのでもう少し安い価格で取引を行ないたくてもそうできない場合もあるかもしれません。

さらに、電力を売りたい場合でも、希望の価格よりさらに安く売ることになるので、不満の残る取引になるかもしれません。

卸電力取引で公平さは重視したいところです。
そして、以前から電力事業を展開している企業だけではなく、新規に参入する電力会社にとっても公平に、リーズナブルな価格で取引がなされることが期待されています。まだ卸電力取引は変化の過程にあることがわかります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 4
    follow us in feedly

  関連記事

電力自由化後の電気小売事業者の長~い供給約款 かいつまんで説明 

約款はとても長くて読めない、そして難しい 電力自由化後、たくさんの電気小売業者が …

電力自由化で売電価格が優遇されるかも?太陽光発電がより有利になる可能性が

2016年4月よりスタートする一般家庭向けの電力小売が自由化されるということで注 …

電力自由化で事業隊が増加・IPPとは何か?

新電力やPPSとどこがどう違うのか?   発電をする事業者 従来日本の …

電力節約の究極の方法!? オフグリッドな生活で電気を自給自足する!

電力小売市場が全面自由化し、一般家庭でも自由に電力会社を選べるようになったのはご …

電力自由化で見直される再エネ政策

1割強の再生可能エネルギーが2倍になるの?   2030年までに再生可 …

オール電化の効率性を「電力自由化」の前に徹底検証!

いよいよ始まる「電力自由化」を受けて、「うちもオール電化を検討しようかな!?」と …

利益は期待できない小口需要家・プラットフォーム化する公益事業でビジネスチャンスを

生活支援サービスで勝負する電力小売ビジネス 大口需要家しか適用されてこなかった電 …

2016年4月から始まる電力自由化とはどんなこと?

電力の小売りが自由化することで電気代は安くなる!? 日本ではこれまで電力供給は地 …

アメリカで進む電力自由化−海外の現状はどうなってる?

1990年代後半から電力自由化が進んでいるアメリカ。 日本はアメリカほど電力需要 …

スマートハウスと電力自由化の関係ー最も節約できるプランはどれ?

スマートハウスとはなに? 近年各家庭での電力消費を抑えたいという考えから、「スマ …