エネリスト

電気に関するあらゆる情報をお届け

卸電力取引での「ブラインドシングルプライスオークション」とはどんなオークション?

   

平成28年4月から日本卸電力取引所でいくつかの制度変更が始まりました。

それにともない、時間前市場ではブラインドシングルプライスオークションという方式で取引されることがなくなります。

しかし、一日前市場(スポット市場)では引き続き、ブラインド・シングルプライスオークションが用いられます。どのような約定方法でしょうか。

取引によっては、ブラインド・シングルプライスオークションが用いられなくなりますが、それはなぜでしょうか?そもそもブラインド・シングルプライスオークションとはどのような方式の取引でしょうか。

 

ブラインド・シングルプライスオークションとは何?

ブラインド・シングルプライスオークションという言葉からすぐに「オークション」であることは容易に想像できるかもしれません。

わたしたちがネットなどでオークションをする時には、大抵一つの商品に対して値段をつけ、一番高い価格を提示した人が購入します。

卸電力では、一つの商品をいくつもの会社が買います。
ではどのように値段を決めるのでしょうか。「ブラインド」という表現から、他の電力会社は、他の電力会社がいくらで電力を買いたいのか見えないということがわかります。

「シングルプライス」なので、この取引では、取引の価格は一つだけになります。
つまり、自分がいくらで入札したかにかかわりなく、約定の価格で取引することになります。

なので、電力を売りたい場合に、約定価格よりも低い価格で入札したならば、約定価格で販売することができます。
また反対に、約定価格よりも高い入札なら、低い価格で売ることになります。
では、ブラインド・シングルプライスオークションのメリット・デメリットは何でしょうか?
 

ブラインド・シングルプライスオークションのメリット・デメリットは?

ブラインド・シングルプライスオークションのメリットは、他の会社に入札額や会社名が見えないことです。
それで会社の状況に見合った価格を提示でき、まとめられた価格から平均的な価格で電力取引できます。それで新規であれ大手であれ統一した価格で取引できます。

取引価格が固定されるのは、メリットでもあり、デメリットといえるかもしれません。
卸電力市場での電力の価格は刻々と変化します。さらに、購入する電力量が多いのでもう少し安い価格で取引を行ないたくてもそうできない場合もあるかもしれません。

さらに、電力を売りたい場合でも、希望の価格よりさらに安く売ることになるので、不満の残る取引になるかもしれません。

卸電力取引で公平さは重視したいところです。
そして、以前から電力事業を展開している企業だけではなく、新規に参入する電力会社にとっても公平に、リーズナブルな価格で取引がなされることが期待されています。まだ卸電力取引は変化の過程にあることがわかります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 4
    follow us in feedly

  関連記事

電力自由化は原発廃止にも期待がかかる

簡単に廃止できるものではないのも現実 電力自由化で消費者が自由に新しい電力会社( …

「スポット市場」とは卸電力取引で明日の電気を買うところ

卸電力取引にもいろいろな種類があります。取引の中でもっとも主流な取引の一つが「ス …

電力自由化開始3か月で見えてきた特徴・傾向を紹介

電力自由化後に切り替えが急増 2016年4月に電力の全面自由化が始まりました。メ …

電力自由化はメンテナンスの自由化を生む-こんな恐~い影響が予測される

電力自由化はメンテナンスの自由化をも生む 電力自由化になって変化することは電気が …

電力自由化で期待される新しいビジネス創出のための企業提携

2016年4月電力自由化では大規模な市場拡大が見込まれ、多くの企業が参入を目論ん …

電力自由化用語 「アグリゲーター」ってなに?

電力自由化後に注目を浴びるようになった言葉の一つにアグリゲーターという言葉があり …

賢く電気料金を節約するため、しっかり電気料金のしくみを学ぼう

2016年4月から電力自由化が始まりました。 まだよくしくみが分からないので、他 …

電力自由化で電力会社を変えたときの手続きは複雑?

電力の小売り自由化で電力会社が自由に選べるようになるのは2016年4月からです。 …

電力供給会社が行っているポートフォリオ契約とは?

電力自由化で好みの電力会社を一般家庭でも選択できるようになっていますが、まだ始ま …

電力自由化の仕組みを簡単にでも理解しておこう!

現代の日本においては必然的に始まる仕組み? 電力市場が2016年4月に自由化され …