エネリスト

電気に関するあらゆる情報をお届け

卸電力取引での「ザラ場」とはどんな取引の方法?2つのメリットとは?

   

 

「ザラ場」とはどんな取引のこと?

卸電力取引で「ザラ場」という言葉が使われています。
当日市場(時間前市場)、先渡市場、一時間前市場で用いられる取引の方式のことです。もともとこの言葉は、取引の時間のことを指して用いられていたようです。

取引の際には、売りの注文と買いの注文をいったんまとめてから売買を成立させる方法もありますが、「ザラ場」とは、取引の時間中、条件が同じであればすぐに取引を成立させることができます。

では、卸電力取引で「ザラ場」はどのように進められるのでしょうか。そのメリット・デメリットはどんなところでしょうか。
 

緊急の取引に便利−「ザラ場」方式の取引のメリットの一つ

「ザラ場」方式はどんなメリットがありますか。
時間前取引を例に考えてみましょう。時間前取引は前日の17時から当日の電力を供給する1時間前まで取引を行なうことができます。

こうした取引は緊急の時に役立ちます。

猛暑などで電力が不測の事態で必要になる時に、売り手と買い手がそろうまで待つことはできません。
そこで「ザラ場」方式で取引できるなら、必要な電力をすぐに取引できるので、緊急のときに助けになります。
「時間前市場」そのものが、不測の事態に備えるための取引方法なので、「ザラ場」方式は、制度に見合った取引方法と言えます。では、他にもどのようなメリットがありますか?
 

電力会社の希望の価格に近い取引ができる−「ザラ場」方式の取引のもう一つのメリット

「ザラ場」方式の取引では、価格を電力会社の希望に比較的近い価格で取引ができます。これがもう一つのメリットです。
「ブラインド・シングルプライスオークション」では、一つの約定価格が提示され、固定された価格での取引になります。

「ザラ場」方式では対照的に、売り手が提示した電力と条件が卸電力市場に表示されます。そして、買い手が条件順に提示されます。

卸電力市場では各商品の入札や約定の状況が一覧表示されます。
入札したいと考えている電力会社は、ほかの電力会社が提示している価格を参照することができますし、どれくらいの電力量が必要とされているかも確認できます。
電力をできるだけ高値で取引したいと考える電力会社にとって、「ザラ場」は有効な取引方法といえるかもしれません。

これからの卸電力取引では、さらに電力を有効に活用すること、透明な価格設定をすることが期待されています。
株式の取引でも「ザラ場」方式を用いているものもありますが、わたしたちにとって電力は日常生活のライフラインです。電力を安定して確保するだけではなく、適正な、可能な限り安い価格で取引できるなら、わたしたちにもメリットとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 5
    follow us in feedly

  関連記事

2016年4月の電気自由化は電気事業制度改正の第2段階のこと

最も一般家庭に関係してくる電気事業の改革 目前に迫っている電力自由化ですが、実は …

一戸建てでよく見られる太陽光発電パネルがマンションではなかなか見られないわけ

住民の合意を得るなど手続き上時間がかかってしまうことも   小規模なマ …

電力自由化後の電気小売事業者の長~い供給約款 かいつまんで説明 

約款はとても長くて読めない、そして難しい 電力自由化後、たくさんの電気小売業者が …

電力自由化の仕組みを簡単にでも理解しておこう!

現代の日本においては必然的に始まる仕組み? 電力市場が2016年4月に自由化され …

再生可能エネルギーのPPSは環境重視派に向いている!

電力自由化が2016年4月に始まったら、小売りが全面自由化されるので新電力会社( …

電力自由化において重要な タテ ヨコとは

どうしたら電力自由化は成功するのか?日本国には日本経済が発展するためには何が必要 …

電力自由化ではグリーン電力でも電力会社を選ぶことができる!

デメリットは割高になる可能性があること 電力自由化で誕生する新電力会社(PPS) …

電気代の節約に光明?電力の部分供給を解説

電力供給の3種類のスタイルを紹介   電力自由化に伴う電力供給の3モデ …

料金?サービス? 皆が自由化に求めていることはこの3つだった

電力が自由化になりましたが新電力を利用しようという人がいまいち多くないのが現状で …

日本で再生可能エネルギーの増えない理由を種類別に紹介

  太陽光発電の増えない理由 電力自由化で、再生可能エネルギーが普及す …