エネリスト

電気に関するあらゆる情報をお届け

将来の卸電力取引の発展に必要な「先物取引」

   

欧米などではすでに活発に取引されている電力の「先物取引」。

日本の卸電力取引所ではまだ始まっていません。

何年も前から電力先物市場協議会などで報告書が作成され、活発に議論がなされています。電力の「先物取引」とはどのような性格を持っているのでしょうか。

はじめに、「先物取引」とは、電力を将来のある時点で、いくらで買いますよ、あるいはいくらで売りますよという契約のことを意味します。

「先物取引」では数日後から数年後の将来の電力を取引することになります。なぜこうした取引が必要なのでしょうか。メリットやデメリットについて考えましょう。
 

「先物取引」のメリットは電力会社の安定につながる

安定した価格で電力の供給を行なうのはけっして簡単ではありません。
電力供給のため、大部分の燃料を海外から輸入するので、燃料価格は常に変動することでしょう。
これに加え、猛暑など気候の変化によって国内の電力需要も急激に変化することがあります。新規の電力会社にとって死活問題になります。

他社から電力を買い、顧客に販売する新規の電力会社からすると、電力の値段が突然上がっても、それをすぐに値段に反映させることは難しいかもしれません。
結果としてリスクが生じることになります。

もしあらかじめ電力を調達するための価格が固定できるなら、安定した経営環境をつくることができます。反対にどんなデメリットがあるでしょうか。
 

「先物取引」のデメリット−実際の電力の需要とかけ離れ、リスクを生じる可能性がある

「先物取引」の本来の目的は、より多くの電力会社や需要家が参加することによって取引が活発化することです。

こうした過程で、電力の費用がより一層需要と供給に即した価格になるかもしれません。
しかし心配な面は、ライフラインである電力が投機の対象になり、現実とはかけ離れたものになる可能性があることです。
北欧では実際の電力量よりも多くの電力が「先物取引」で取引されていると言われています。もちろん、過度の価格の変動を避けるための対策がなされることでしょう。
 

もろ刃の剣をうまく使いこなせるかがポイント

「先物取引」には、価格が急激に変化する可能性など、不安定な要素があるかもしれません。
反対に「先物取引」が始まり、取引の額がふえることによって日本の経済の発展につながることも期待されています。

いわば「先物取引」はもろ刃の剣といえるかもしれません。電力自由化と「先物取引」は将来切ってもきれない関係になることでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 5
    follow us in feedly

  関連記事

蓄電池を導入すれば自由化で混乱が起きても電気を備蓄できる!

電力自由化では新電力会社であるPPSとの契約で電気代が安くなるなどのメリットが期 …

「スポット市場」とは卸電力取引で明日の電気を買うところ

卸電力取引にもいろいろな種類があります。取引の中でもっとも主流な取引の一つが「ス …

電気自由化で独占禁止法に触れる行為が懸念される!?

そもそも大手電力会社は市場を独占していたのではないのか? 2016年4月の電力自 …

電力自由化に伴う大手通信キャリアの戦略は?ユーザーにメリットはあるのか

2016年4月からスタートする電力改革に伴う小売の全面自由化。 実に多様な業種が …

2016年4月に始まったばかりの電力自由化で、現段階で人気のある新電力会社ベスト5

電力小売市場が全面自由化されたまだほんの少ししか時間は経っていませんが、現段階で …

電力自由化=電気料金は下がる わけではない3つの要因

「電力小売が自由化になったら、価格競争が始まって各社値下げを始めるので、電気料金 …

石油ショックと気候変動問題・電力自由化を促した2つの事象を紹介

  脱英国病が電力自由化の走り   日本でも今度一般家庭を含 …

ガス会社は電気を売りたくてしょうがいない! ガス会社の参入裏事情

もともと国営のガス会社も、民間で長らくプロパンガスを売ってきたガス会社も、電力自 …

日本で再生可能エネルギーの増えない理由を種類別に紹介

  太陽光発電の増えない理由 電力自由化で、再生可能エネルギーが普及す …

自由化に伴う電気とガスの基礎知識を改めておさらい!

2016年よりスタートする電力自由化。 そして2017年からスタート予定のガス自 …