エネリスト

電気に関するあらゆる情報をお届け

電力自由化で太陽光発電システムはどうなってしまうのか

   

2016年4月に電力の全面自由化が開始します。

この自由化は簡単に言えば買う自由が消費者に与えられ、光熱費を節約できるというのがポイントになります。

一般家庭でも最近は太陽光発電を取り入れているところが増えているかと思います。屋根などについているソーラーパネルがそれなんですが、太陽光発電のメリットは全面自由化と同様に光熱費の節約、蓄電池と併用して停電したときの安心、そしてなんといっても余った電力を売ることができる「売電」になります。

電力自由化で太陽光発電がどうなるかというと、これも大きなメリットが誕生します。これまで地域の電力会社にしか売電できなかったものが、新しい電力会社(PPS)にも売ることができるようになるのです。

例えば関東でしたら東京電力にしか売れなかったのが、PPS各社がその対象になります。
法的にも売電先はまだ決められていないのです。ですので、太陽光発電を行っている家庭では自由化はより有利な売電先を検討して売ることもできるようになることでもあるのです。

売電価格というのは最低金額で表示してあり、上限ではありません。
ですので、今後新規参入のPPSは電力確保のために固定価格にプラスαで買い取ってくれる可能性もあります。
小さなPPSだと電力不足になる可能性もあり、太陽光発電で生産された電力を一般家庭から買い取りたいというところも出てきて、売電はますます促進され、今後はさらにプレミア付き価格で買い取ってもらえると予想されているのです。
電力自由化が太陽光発電にいい影響をおよぼしそうです。

 

近年は太陽光発電と連動した蓄電池が主流

太陽光発電の装置だけでも停電時に対処することは可能なのですが、今は太陽光発電連系型の蓄電池が人気になっています。
蓄電池だけでは費用がかかったり、蓄電池のシステムによっては売電価格が下がったりなどデメリットが多かったのですが、太陽光発電の装置と連動させることでそのデメリットを解消でき、しかも設置などでかかった初期費用を回収しすくなっています。

太陽光発電システムだけでかかった費用を回収するには、規模や環境にもよるのですが、大体10年くらいといわれています。
これが蓄電池と連動型で導入すると若干時間がかかって、回収は13年レベルです。
蓄電池だけでは回収はまず不可能なので、その分連動型だと回収に時間がかかるのですが、考えようによってはたった3年分の費用で蓄電池による電気の備蓄による安心感が手に入るというメリットがあります。

太陽光発電は環境に優しいのは間違いありません。しかも、停電時に対処できて安心感が増しますし、そのシステムで発電した電気を使えば光熱費の大幅な節約にも役立ちます。さらに、売電もできるので利益を上げることもでき、設置した費用以上の儲けが出ると言われています。

また、電力自由化でPPSが増加すれば、太陽光発電システム設置者にとっては電気を買ってくれる顧客が増加するわけですから、よりどりみどりです。
なんとか電力を確保したいPPSとしてもプレミア価格で購入することは必須です。ですので、より利益を上げられる可能性が出てきているのです。

というわけで、太陽光発電においても電力自由化はメリットしか考えられません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 4
    follow us in feedly

  関連記事

電力自由化で4種類の提携販売が可能!その中の一つホワイトラベルを紹介

いわゆる業務提携とはどこが異なるの? 提携販売が注目されている 電力自由化によっ …

2016年4月から始まる電力自由化とはどんなこと?

電力の小売りが自由化することで電気代は安くなる!? 日本ではこれまで電力供給は地 …

電力自由化についてのアンケートでは64%が電力会社を変えたい

認知度は80%を超えるが、すぐに変えたい人は少ない!? 2016年4月に実施され …

電気自由化が関係する電気事業制度改正は第3段階でひとまず終わる!

電気事業改革の最後に当たるのが第3段階 いよいよ2016年4月に電力全面的自由化 …

電力自由化で期待される新しいビジネス創出のための企業提携

2016年4月電力自由化では大規模な市場拡大が見込まれ、多くの企業が参入を目論ん …

電力小売全面自由化開始から3ヶ月 本当に自由化は成功するのか

電力小売市場が全面自由化されおよそ3ヶ月が経過しました(執筆時点)。 2016年 …

電力自由化後の電気小売事業者の長~い供給約款 かいつまんで説明 

約款はとても長くて読めない、そして難しい 電力自由化後、たくさんの電気小売業者が …

中野剛志氏「電力自由化は無能無策」…長いので勝手に要点まとめました

中立の立場で電力自由化の無能無策をまとめる 中野剛志 「電力自由化は無能無策の極 …

まだまだ出る出る電力補助金 知らないと損するかもよ

一時期太陽光発電設備の補助金が出たときは、みんな屋根裏に太陽光パネルをつけたもの …

266もの業者が電気小売に参入 理由はFIT制度というものにあるらしい

電気自由化に入る前の3月25日、経済産業省は266社の小売電気事業者が申請したこ …