エネリスト

電気に関するあらゆる情報をお届け

電力自由化で太陽光発電システムはどうなってしまうのか

   

2016年4月に電力の全面自由化が開始します。

この自由化は簡単に言えば買う自由が消費者に与えられ、光熱費を節約できるというのがポイントになります。

一般家庭でも最近は太陽光発電を取り入れているところが増えているかと思います。屋根などについているソーラーパネルがそれなんですが、太陽光発電のメリットは全面自由化と同様に光熱費の節約、蓄電池と併用して停電したときの安心、そしてなんといっても余った電力を売ることができる「売電」になります。

電力自由化で太陽光発電がどうなるかというと、これも大きなメリットが誕生します。これまで地域の電力会社にしか売電できなかったものが、新しい電力会社(PPS)にも売ることができるようになるのです。

例えば関東でしたら東京電力にしか売れなかったのが、PPS各社がその対象になります。
法的にも売電先はまだ決められていないのです。ですので、太陽光発電を行っている家庭では自由化はより有利な売電先を検討して売ることもできるようになることでもあるのです。

売電価格というのは最低金額で表示してあり、上限ではありません。
ですので、今後新規参入のPPSは電力確保のために固定価格にプラスαで買い取ってくれる可能性もあります。
小さなPPSだと電力不足になる可能性もあり、太陽光発電で生産された電力を一般家庭から買い取りたいというところも出てきて、売電はますます促進され、今後はさらにプレミア付き価格で買い取ってもらえると予想されているのです。
電力自由化が太陽光発電にいい影響をおよぼしそうです。

 

近年は太陽光発電と連動した蓄電池が主流

太陽光発電の装置だけでも停電時に対処することは可能なのですが、今は太陽光発電連系型の蓄電池が人気になっています。
蓄電池だけでは費用がかかったり、蓄電池のシステムによっては売電価格が下がったりなどデメリットが多かったのですが、太陽光発電の装置と連動させることでそのデメリットを解消でき、しかも設置などでかかった初期費用を回収しすくなっています。

太陽光発電システムだけでかかった費用を回収するには、規模や環境にもよるのですが、大体10年くらいといわれています。
これが蓄電池と連動型で導入すると若干時間がかかって、回収は13年レベルです。
蓄電池だけでは回収はまず不可能なので、その分連動型だと回収に時間がかかるのですが、考えようによってはたった3年分の費用で蓄電池による電気の備蓄による安心感が手に入るというメリットがあります。

太陽光発電は環境に優しいのは間違いありません。しかも、停電時に対処できて安心感が増しますし、そのシステムで発電した電気を使えば光熱費の大幅な節約にも役立ちます。さらに、売電もできるので利益を上げることもでき、設置した費用以上の儲けが出ると言われています。

また、電力自由化でPPSが増加すれば、太陽光発電システム設置者にとっては電気を買ってくれる顧客が増加するわけですから、よりどりみどりです。
なんとか電力を確保したいPPSとしてもプレミア価格で購入することは必須です。ですので、より利益を上げられる可能性が出てきているのです。

というわけで、太陽光発電においても電力自由化はメリットしか考えられません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 5
    follow us in feedly

  関連記事

マンションの住民は電力会社変えられる?変えられない?

マンションなどの共有住宅でも電力会社を変えられる? 2016年4月にいよいよ一般 …

関西電力が採用している2本継ぎ電柱は敵に塩を送る行為?

持ち運び便利な電柱 電柱の新しいスタイルとして、2本継ぎ電柱が注目を集めています …

電気自由化で電柱が増えるのかという心配は無用

既存のシステムを利用するので、基本的には増設はない 2016年4月に行われる電力 …

再生可能エネルギーのせいで家計が圧迫?負担金引き上げの理由は?

再生可能エネルギーが家庭を圧迫する? 再生可能エネルギーは原子力とは違ってクリー …

電力自由化の市場規模は20兆円以上!?ビッグビジネスの到来?

2016年より一般家庭向けに電力自由化が始まるわけですが、実は既に工業用・商業用 …

再生可能エネルギーのPPSは環境重視派に向いている!

電力自由化が2016年4月に始まったら、小売りが全面自由化されるので新電力会社( …

電力自由化で風力発電によるエネルギー作りはどうなるか?

風力発電のメリットデメリットは?その仕組みを理解しよう 風力発電の仕組みを理解す …

卸売電力取引で行なわれるOTC取引とはどのようなもの?2つのメリットとデメリット

  「OTC取引」とは何? 「OTC取引」という言葉は普段耳慣れないか …

電力自由化は原発廃止にも期待がかかる

簡単に廃止できるものではないのも現実 電力自由化で消費者が自由に新しい電力会社( …

海外の事例に見る再生可能エネルギーがもたらす明るい未来

再生可能エネルギーは、枯渇の心配がなく自然にも優しいエネルギーとして近年注目され …