エネリスト

電気に関するあらゆる情報をお届け

再生可能エネルギーのPPSは環境重視派に向いている!

   

電力自由化が2016年4月に始まったら、小売りが全面自由化されるので新電力会社(PPS)がたくさん参入してきます。

これまで電力事業とはまったく関係のなかった企業なども登場しますし、各企業がそれぞれの特徴を活かした売り込みをするかと思われます。

中には太陽光や風力、水力、潮力、バイオマス(微生物)や地熱といった、いわゆる「再生可能エネルギー」で発電するPPSも参入してくることでしょう。
実際にすでに認可を得ているPPSの中で再生可能エネルギーで発電する企業も入っています。

再生可能エネルギーで発電する会社を選ぶ場合、サービスとかそういったことに重点を置かず、どちらかというと電源の種類として再生可能エネルギーで発電された電気を使いたい人が選択していくかと思います。
これは最早消費者の好みであり、例えば環境問題などに深く関心を持っている人などが今後再生可能エネルギーのPPSで契約を進めていくのではないかと見られています。

ただ、再生可能エネルギーの一部は供給量の安定化に不安が残るものがあります。バイオマス発電は爆発的な量は見込めなくとも安定化は可能です。
しかし、気候や自然の状況に影響を受ける太陽光、風力、地熱などは発電量の変動幅が著しく大きくなる場合もあり、常時安定しているかというと難しいでしょう。

例えば、太陽光や風力は火力や原子力を含むほかの発電方式とは異なる性質で、大きな違いと言えば発電される電気の量、つまり出力の大きさであり、その変動幅です。
再生可能エネルギーは天候に依存する部分が大きいので、短い時間単位では確実に出力が安定しません。

特に太陽光は夜間はゼロですし、曇りや雨も厳しいですよね。
ですので、安定供給に大切な同時同量を達成するのが、再生可能エネルギーは難しいというデメリットがあります。

ただ、日本の送配電システムは既存のものを利用するので、再生可能エネルギーのPPSの供給が不安定だとしても消費者に提供される電気が不安定になることはないのですが、
設置場所も適切な土地に作らなければならないので、そういった難しさもあります。

新たに土地を開拓しても、インフラ整備に費用がかかります。

再生可能エネルギーの最大の魅力はやはり環境への配慮です。環境問題に意識を持っている人はデメリットも多少ありますが、再生可能エネルギーのPPSを選ぶのもひとつのスタイルです。

 

残念ながら再生可能エネルギーのPPSは割高になる可能性も!?

再生可能エネルギーを利用して発電するPPSのデメリットはもうひとつあります。それは電気料金についてです。

今回の全面自由化では新規PPSが競争することで電気料金が大幅に値下がり、生活費の負担が減るというのが消費者側のメリットなのですが、残念ながら再生可能エネルギーのPPSを選択した場合、場合によっては電気料金が今よりも上がってしまう可能性があります。

というのは、先に書いたように再生可能エネルギーは天候に大きく影響されやすいデメリットがあります。
そのため安定供給が難しいのです。また、バイオマスも安定供給は可能でも、原材料となる植物などの仕入れにそれなりに費用がかかります。
さらに、再生可能エネルギーの発電ではそれなりの施設や設備が必要なので、新規で参入する場合、初期投資が莫大なものになると懸念されます。

そのため、再生可能エネルギーで発電するPPSだとどうしても経費がかかってしまい、それが電気料金に上乗せされる可能性が高いのです。

また、供給量が不安定になることを考えると契約数を大きく伸ばすこともできません。そうなると経費を賄うためにも少数の顧客の電気料金を上げるしかなくなってしまいます。

なので、再生可能エネルギーのPPSは料金的なメリットに興味があるかないかではなく、環境や地球に優しいかどうかに興味を持っている人たちが選択していくことになりそうです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 4
    follow us in feedly

  関連記事

電気事業で必須の3つの用語 −クリーンダークスプレッド・スパークスプレッド・ダークスプレッド どんな意味があるの?

2016年4月から電力自由化が始まりました。電気事業の企業であれば、利益をある程 …

電力・ガス会社の過剰な設備投資の原因に?電気・ガスは無駄の多いシステムなのか!?

電力・ガス自由化に伴ってどんなシステムで運用されてきたのかが注目されるようになっ …

自由化で提携ポイントをウリにした電力会社が増えたが、正直そのポイントは貯まるの?

電力小売市場が全面自由化でたくさんの電力会社が誕生しています。 大手電力会社も子 …

電力自由化で太陽光発電システムはどうなってしまうのか

2016年4月に電力の全面自由化が開始します。 この自由化は簡単に言えば買う自由 …

電力自由化三大リスクを検証!停電・倒産・値上がり

2016年電力自由化後だれもが心配する三つのリスク 電力自由化がいよいよ2016 …

だから原発は再稼動する 3つの理由

福島原子力発電所事故。あれほど大きな事故を起こし、いまだに収束できていない状況を …

電力自由化に伴う大手通信キャリアの戦略は?ユーザーにメリットはあるのか

2016年4月からスタートする電力改革に伴う小売の全面自由化。 実に多様な業種が …

将来の卸電力取引の発展に必要な「先物取引」

欧米などではすでに活発に取引されている電力の「先物取引」。 日本の卸電力取引所で …

電力自由化用語 「アグリゲーター」ってなに?

電力自由化後に注目を浴びるようになった言葉の一つにアグリゲーターという言葉があり …

一戸建てでよく見られる太陽光発電パネルがマンションではなかなか見られないわけ

住民の合意を得るなど手続き上時間がかかってしまうことも   小規模なマ …