エネリスト

電気に関するあらゆる情報をお届け

自由化で提携ポイントをウリにした電力会社が増えたが、正直そのポイントは貯まるの?

   

電力小売市場が全面自由化でたくさんの電力会社が誕生しています。

大手電力会社も子会社化したり、ほかのサービスで強みのある会社と提携したりなど、試行錯誤の販売競争が始まっています。

そんな中で一番困っているのが、結局のところは消費者です。一般家庭では初めて電力会社を選んでいいと選択肢を与えられているのですが、一体どこにするのが最もいいのかが見えにくくなっています。

携帯電話会社やガス会社、小売事業が中心だった会社の電力会社も登場したりと、なにがなんだかわからないというのが正直なところで、実際に新電力会社に切り替えたという世帯もそんなに多くなかったりします。

新電力会社は元の事業の強みを活かしているケースが多いです。

例えば、携帯電話会社であれば通話料などが割引になったり、ガス会社や石油会社ではガスや燃料の購入が安くなるなどがあります。

それから、多くの電力会社で行っているのがポイントサービスです。先の石油会社を親会社にしている場合は、ガソリンスタンドのポイントが貯まるようになっていて、それを車の給油時に利用できたりします。

また、すでにある有名な共通ポイントサービスや電子マネーとの提携です。

具体的にはTポイントやポンタ、楽天スーパーポイント、WAONポイント、東急ポイント、dポイントなどです。

ただ、これらのポイントは本当に貯まるのかというのが問題になるかと思います。

普段の買いものよりも高いのであれば切り替える決意をするのにいい機会になるのは間違いありません。あるいは、まったくポイントを使わない人にとってはなんの魅力にもなりません。

重要なのは、ポイントにしろ、ほかのサービスにしろ、それが本当に必要なのかということです。車を使わない世帯が石油会社の電力を契約してもあまり意味がありません。
ポイントも同様で、これから使うかもしれないと思って契約しても、そもそも使っていなかった人は案外使わないままになってしまうものです。

自分に必要であれば詳しく調べてみて、電気料金も抑えられるのならばその新電力会社はその世帯に向いているということになるでしょう。

提携ポイントで魅力のある新電力会社は・・・・・・ない!?

提携ポイントで多いのがTポイントなのでこれを例に見てみましょう。

新電力会社の中にはこのTポイントとの関係が強いからと、他社よりも還元率が高いところはあるのでしょうか。
基本的にはありません。大体どこも同じ程度の還元率です。

多いものでは電気料金1000円につき5ポイント付与、つまり200円で1ポイントというものです。
ですので、正直なところ提携ポイントで魅力をアップできている新電力会社は基本的にはないと言っていいでしょう。

ただ、場合によってはキャンペーンで新規契約した名義人に対して500ポイント以上の、多いところだと1万ポイントに近いポイントを付与してくれるということもあります。

1ポイント1円で買いものができますから、これであればかなり魅力はあるかと思います。
月々の電気料金で見ても、支払いが1万円であれば付与されるTポイントも50ポイントですので、貯められるかどうかというと微妙なところです。

ただ、まったくないよりはマシと考えれば、それはそれでいいのではないでしょうか。

先にも申し上げましたが、そもそも提携しているポイントを使わない人には提携ポイントの謳い文句はあまり意味がありません。

ですが、逆に頻繁にポイントを使っているという人であれば、まったく付与されないよりはマシかと思います。1ポイントでも足りなければほしいものは買えません。

ですので、付与されるポイントが少なくてもゼロよりはマシなのです。

提携ポイントは決して新電力会社の魅力には値しませんが、ないよりはマシと考えるべきでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 5
    follow us in feedly

  関連記事

将来の卸電力取引の発展に必要な「先物取引」

欧米などではすでに活発に取引されている電力の「先物取引」。 日本の卸電力取引所で …

卸売電力取引で行なわれるOTC取引とはどのようなもの?2つのメリットとデメリット

  「OTC取引」とは何? 「OTC取引」という言葉は普段耳慣れないか …

卸電力取引での「ザラ場」とはどんな取引の方法?2つのメリットとは?

  「ザラ場」とはどんな取引のこと? 卸電力取引で「ザラ場」という言葉 …

電力自由化で原子力発電を脱することができるのか?

同じ発電量を太陽熱で得ようとすると・・・ 2016年4月の電力自由化が全面的に認 …

電力自由化で夜間電力は安くなる高くなる?

夜間電力の価格 今後の展望は? 電力自由化に伴い私たち電気消費者が気になるのは料 …

自由化をもう一歩踏み込んで見ると電気代は安くならないことがわかる ユニバーサルシステムとは

電力事情を一歩踏み込んで見ると違ったものが見えてくる 電力自由化は、「電力を売る …

電力自由化の仕組みを簡単にでも理解しておこう!

現代の日本においては必然的に始まる仕組み? 電力市場が2016年4月に自由化され …

「時間前市場」を設ける2つのメリットはなに?

ライフラインとして電力の取引では不測の事態に備えることが必要です。 「スポット市 …

恐れていたことがついに始まった… 関西電力はなぜ値上げしたのか?

電力自由化によって変わったのは、何も私たち消費者が自由に電力会社を選べるようにな …

「電力自由化の負の影響」それは「不確実な価格変動」!?私達がとるべき対策を解説

2016年4月から家庭向けの電力供給が「自由化」となります。いわゆる「電力自由化 …