エネリスト

電気に関するあらゆる情報をお届け

電力自由化スタート 現在人気のある事業者ランキング

   

いよいよ電力自由化が始まりました。数ヶ月がたった今、皆さんはどの電力会社を利用しているのでしょうか?

ここに人気のある事業者ランキングとして、現在どの会社が選ばれているのか見ていきましょう。ここにあげるランキングは純粋に「どの電力会社が一番顧客を獲得しているか」というランキングです。

一般電気事業者

出典:tepco.co.jp

東京電力や関西電力等の旧国営の電力会社です。電力自由化後も全シェアの98%以上を占めており、依然として独占企業と同じような状態を保っています。

電力自由化後、新電力がさまざまな電力プランを打ち出しましたが、電気料金が目に見えて分かるほど安いものはなく、乗り換えてさほどメリットがないと国民の多くは考えたようです。今まで付き合いのある電力会社から電気を買うほうが安心ですし、新しい会社は経験も少ないので、何が起こるかわからないという不安もあるようです。

一般電気事業者は、これからも2位を大きく引き離しての一位を独走しつづけるでしょう。

エネット

出典:ennet.co.jp

電力全面自由化が始まった現在、一般電気事業者以外の電気小売業者でもっとも業績がいいのは、東京ガスと大阪ガスが共同出資によって設立した「エネット」です。

実に小売電気事業者の販売比率の27%をエネットが提供しています。なぜエネットに乗り換えようというお客さんが多いのでしょうか?電気をエネットから購入すれば「ガス料金とセットで安くなる」という分かりやすいサービスを提供しているからです。

割引率がさほど高いわけではないのですが、今までも付き合いがあるガス会社から請求が来るのは安心でしょう。さらにエネットは自社でも茨城と京都市に発電所を所有しています。電力の安定供給という点でも安心感を生んでいるのでしょう。

F-POWER

小売電気事業者の約17%を占めているのがF-POWERです。料金は既存の電力会社と大きな違いはありません。

ではなぜ多くの人はF-POWERから電気を買おうと思うのでしょうか?それはF-POWERが環境保全に力を入れている会社の代表的存在だからです。日本で初めて「省エネ支援専業会社」として認定を受けクリーンエネルギーに力を入れてきました。自ら発電所を持っており、その1つはクリーンエネルギーとして注目されているバイオマス発電所です。

バイオマス発電所というのは廃油やゴミ、木くずなどをガス化して発電するもので、再生可能なエネルギーの有効活用法として注目されています。さらに発電によってCO2が排出されますが、後に燃料となるバイオマス植物はCO2を吸収するので自然に優しいエネルギーとされています。このことから、自然環境に力を入れる企業や個人は、F-POWERから電気を購入することによって自然環境に貢献していることをアピールできます。こういった理由で業績が伸びているのでしょう。

その他

上記2社が小売電気所業者としては成功を見ているといえるでしょう。4位以下はほとんど同じような成績です。小売電気事業者として魅力に欠けてしまうでしょう。さて上記が、実際の電気小売のランキングなのですが、幾つかの新電力サイトを見るとこのようなランキングになっていません。それはなぜでしょうか?

電力比較ランキングサイトの順位がまったく違うのは?

ネット上に増えてきている電力会社ランキングサイトの多くは、「実際の電力販売量」に基づいてランキングをつけているのではありません。「おすすめランキング」を述べているに過ぎないのです。

例えばあるサイトでは「ソフトバンクでんき」が1位になっています。ですが電力販売量という観点で言うと、ソフトバンクでんきは全小売電気事業者中32位です。ではなぜ32位に会社が一番おすすめとなっているのでしょうか?

それはそのおすすめサイトを通して、顧客がその小売電気事業者と契約すると、アフィリエイトで報酬を得るシステムとなっているからです。ですから多くの電力比較ランキングサイトのランキングは参考程度にしかなりません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 4
    follow us in feedly

  関連記事

電力自由化で期待される新しいビジネス創出のための企業提携

2016年4月電力自由化では大規模な市場拡大が見込まれ、多くの企業が参入を目論ん …

電力自由化の仕組みを簡単にでも理解しておこう!

現代の日本においては必然的に始まる仕組み? 電力市場が2016年4月に自由化され …

再生可能エネルギー・日本では少数派だが海外では普及している理由は?

全く異なる日本と海外の再生可能エネルギーコスト 再生可能エネルギーは地球環境にや …

電気自由化が関係する電気事業制度改正は第3段階でひとまず終わる!

電気事業改革の最後に当たるのが第3段階 いよいよ2016年4月に電力全面的自由化 …

電気自由化で独占禁止法に触れる行為が懸念される!?

そもそも大手電力会社は市場を独占していたのではないのか? 2016年4月の電力自 …

どうしてこのタイミング?電力自由化の歴史を振り返ってみよう!

2016年4月からいよいよスタートする電力自由化。 最近まで知らなかった人の方が …

「電力自由化」で他社に乗り換える場合のオール電化住宅に関する注意点

いよいよ始まる「電力自由化」。私たち消費者にとっては、電力価格や企業イメージなど …

石油ショックと気候変動問題・電力自由化を促した2つの事象を紹介

  脱英国病が電力自由化の走り   日本でも今度一般家庭を含 …

電力自由化に伴うセミナーを覗いてみよう!

2016年4月の電力自由化に伴って、多くの企業が参入することがアナウンスされてい …

供給区域をまたぐごとに課金されていたパンケーキ問題を解消!!
電力自由化でパンケーキ問題が解消されるのはメリット

区域を超えた電力供給を受けると余計なお金がかかる?   パンケーキ問題 …