エネリスト

電気に関するあらゆる情報をお届け

電力自由化スタート 現在人気のある事業者ランキング

   

いよいよ電力自由化が始まりました。数ヶ月がたった今、皆さんはどの電力会社を利用しているのでしょうか?

ここに人気のある事業者ランキングとして、現在どの会社が選ばれているのか見ていきましょう。ここにあげるランキングは純粋に「どの電力会社が一番顧客を獲得しているか」というランキングです。

一般電気事業者

出典:tepco.co.jp

東京電力や関西電力等の旧国営の電力会社です。電力自由化後も全シェアの98%以上を占めており、依然として独占企業と同じような状態を保っています。

電力自由化後、新電力がさまざまな電力プランを打ち出しましたが、電気料金が目に見えて分かるほど安いものはなく、乗り換えてさほどメリットがないと国民の多くは考えたようです。今まで付き合いのある電力会社から電気を買うほうが安心ですし、新しい会社は経験も少ないので、何が起こるかわからないという不安もあるようです。

一般電気事業者は、これからも2位を大きく引き離しての一位を独走しつづけるでしょう。

エネット

出典:ennet.co.jp

電力全面自由化が始まった現在、一般電気事業者以外の電気小売業者でもっとも業績がいいのは、東京ガスと大阪ガスが共同出資によって設立した「エネット」です。

実に小売電気事業者の販売比率の27%をエネットが提供しています。なぜエネットに乗り換えようというお客さんが多いのでしょうか?電気をエネットから購入すれば「ガス料金とセットで安くなる」という分かりやすいサービスを提供しているからです。

割引率がさほど高いわけではないのですが、今までも付き合いがあるガス会社から請求が来るのは安心でしょう。さらにエネットは自社でも茨城と京都市に発電所を所有しています。電力の安定供給という点でも安心感を生んでいるのでしょう。

F-POWER

小売電気事業者の約17%を占めているのがF-POWERです。料金は既存の電力会社と大きな違いはありません。

ではなぜ多くの人はF-POWERから電気を買おうと思うのでしょうか?それはF-POWERが環境保全に力を入れている会社の代表的存在だからです。日本で初めて「省エネ支援専業会社」として認定を受けクリーンエネルギーに力を入れてきました。自ら発電所を持っており、その1つはクリーンエネルギーとして注目されているバイオマス発電所です。

バイオマス発電所というのは廃油やゴミ、木くずなどをガス化して発電するもので、再生可能なエネルギーの有効活用法として注目されています。さらに発電によってCO2が排出されますが、後に燃料となるバイオマス植物はCO2を吸収するので自然に優しいエネルギーとされています。このことから、自然環境に力を入れる企業や個人は、F-POWERから電気を購入することによって自然環境に貢献していることをアピールできます。こういった理由で業績が伸びているのでしょう。

その他

上記2社が小売電気所業者としては成功を見ているといえるでしょう。4位以下はほとんど同じような成績です。小売電気事業者として魅力に欠けてしまうでしょう。さて上記が、実際の電気小売のランキングなのですが、幾つかの新電力サイトを見るとこのようなランキングになっていません。それはなぜでしょうか?

電力比較ランキングサイトの順位がまったく違うのは?

ネット上に増えてきている電力会社ランキングサイトの多くは、「実際の電力販売量」に基づいてランキングをつけているのではありません。「おすすめランキング」を述べているに過ぎないのです。

例えばあるサイトでは「ソフトバンクでんき」が1位になっています。ですが電力販売量という観点で言うと、ソフトバンクでんきは全小売電気事業者中32位です。ではなぜ32位に会社が一番おすすめとなっているのでしょうか?

それはそのおすすめサイトを通して、顧客がその小売電気事業者と契約すると、アフィリエイトで報酬を得るシステムとなっているからです。ですから多くの電力比較ランキングサイトのランキングは参考程度にしかなりません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 5
    follow us in feedly

  関連記事

再生可能エネルギーのPPSは環境重視派に向いている!

電力自由化が2016年4月に始まったら、小売りが全面自由化されるので新電力会社( …

卸電力取引−何をするところ?2つの存在意義とは?

日本で唯一電気を市場取引できる機関があります。日本卸電力取引所(JEPX)と呼ば …

電力自由化で今後の同時同量はどうなるの?

電力供給で重要なポイント・同時同量について紹介   電力の安定供給で欠 …

電力自由化に伴う大手通信キャリアの戦略は?ユーザーにメリットはあるのか

2016年4月からスタートする電力改革に伴う小売の全面自由化。 実に多様な業種が …

巷を騒がせている電力自由化・その狙いはなにか?

競争の原理を導入することでよりサービスの利便性を高める   競争の原理 …

電気事業での金融派生商品とは何?2つの金融派生商品を知る

電力自由化が始まるまで長い期間、地域ごとで電力会社がすべてを独占し、価格を自由に …

卸電力取引での「ブラインドシングルプライスオークション」とはどんなオークション?

平成28年4月から日本卸電力取引所でいくつかの制度変更が始まりました。 それにと …

電力自由化でたまに目にする特別高圧とはどんなもの?

2016年4月に実施される電力自由化で数多くの新電力会社(PPS)が参入し、日本 …

自由化をもう一歩踏み込んで見ると電気代は安くならないことがわかる ユニバーサルシステムとは

電力事情を一歩踏み込んで見ると違ったものが見えてくる 電力自由化は、「電力を売る …

電力・ガス会社の過剰な設備投資の原因に?電気・ガスは無駄の多いシステムなのか!?

電力・ガス自由化に伴ってどんなシステムで運用されてきたのかが注目されるようになっ …