エネリスト

電気に関するあらゆる情報をお届け

電力自由化で中小企業も参戦!電気事業法改正で私たちにどんな影響をもたらす?

   

2015年3月3日、政府は電力改革を推し進め、その最終段階…総仕上げとして電気事業法改正案の決定が成されました。

これによって2016年4月から完全自由化、いわゆる小売自由化がスタートします。

これまでは大手電力会社から電気を購入するのが当たり前だったわけですが、今回の電力改革によって、大手はもちろん、中小企業も電気の小売業を始められるようになります。

すでに動き始めている!

正直なところあまりピンとこない人が多いかもしれません。そこで具体的な例としてソフトバンクと東京電力のタッグが挙げられます。

まだ現段階ではどのようなサービスを提供するのかは明確にされていませんが、2016年の電力自由化の際に「ソフトバンクの携帯に変えれば電気料金が○○%割引になります!」といったサービスが始まるかもしれません。

ソフトバンクの他にも、大手コンビニのローソンも電気小売に踏み出すことをアナウンスしていますし、ニュースなどでは取り上げられていない中小企業も水面下で動いているはずです。

電気の質に差がないことが注目される

そもそもどうして中小が企業リスクをおかしてまで電力自由化に踏み切ろうとしているのか。それは電気の質に差がないからだと言われています。

これまでは電力会社から購入するしか手立てがありませんでしたが、今回の電力自由化に伴って、ユーザーはどの小売業者と契約するか自由に選べるようになります。

どの業者と契約してもこれまでとまったく同じように電気は使える。
それなのに色々なサービスが受けられるようになる。いわゆるwin-winな関係が作れるものだと読んでいるわけですね。

単純に電気代が安くなるだけでなく、他にもなにか付加価値サービスが提供される可能性が高い。そうなれば一大ビジネスとして注目されて当然だと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 5
    follow us in feedly

  関連記事

卸電力取引での「ブラインドシングルプライスオークション」とはどんなオークション?

平成28年4月から日本卸電力取引所でいくつかの制度変更が始まりました。 それにと …

電力自由化に伴うセミナーを覗いてみよう!

2016年4月の電力自由化に伴って、多くの企業が参入することがアナウンスされてい …

家庭向けの電力販売でクーリングオフはできるの?どんな条件で?

いよいよ2016年4月から電力自由化が始まります。 すでに店頭やインターネットで …

266もの業者が電気小売に参入 理由はFIT制度というものにあるらしい

電気自由化に入る前の3月25日、経済産業省は266社の小売電気事業者が申請したこ …

20年以上前からイギリスで進む電力自由化−現状はどうなっている?今後は?

イギリスでは1990年に国営の電力会社が民営化され、電力自由化が始まりました。 …

電力自由化の未来はどうなる? 予想もしないこんな変化を引き起こす

電力自由化が及ぼす3つの変化 電力を誰が売ってもよくなる電力自由化がいよいよ始ま …

電力自由化で事業隊が増加・IPPとは何か?

新電力やPPSとどこがどう違うのか?   発電をする事業者 従来日本の …

電力はどのように作られているか−3種類の電源はどういう性格があるの?

わたしたちの生活と電力は切っても切れない関係です。家の中を見ると、幾つかの種類に …

電気自由化は電気事業制度改正の段階的改革のひとつ

電気自由化は3段階に分けて実施されてきた 電力自由化は2016年4月に始まります …

次世代エネルギー供給システムとして注目を集めるスマートグリッドとは何?

スマートグリッド導入の3つのメリットを紹介 電力とITのコラボレーション 電力自 …