エネリスト

電気に関するあらゆる情報をお届け

主婦は電力自由化に興味がないらしい なぜならこうして節約してるから

   

「安くなるのなら!」「節約になるのなら!」そのためにはどんな努力をもいとわない、それが日本の主婦というものです。ところが思いのほか、主婦たちは電力自由化に興味を示していません。

「家の中で電気・ガス・水道でどの節約に一番興味がありますか?」という質問に67%の主婦は「電気代の節約に興味ある」と答えたにもかかわらず、電力自由化には80%以上の主婦は「興味がない」という答えを返しています。

なぜ主婦は電力自由化に興味がないのでしょうか?主婦たちの興味はどこに向いているのでしょうか?まずは興味がないといわれる理由を見ていきましょう。

電力というのはちょっと難しそう

興味がない理由の1つは「電力の話はちょっと分からない」からです。

今までの電力会社から発電と送電が切り分けられ、電気卸売り市場が存在するようになり、その上新電力会社は卸売りで電気を買えるので、自社に発電施設がなくても電力を販売できる…なんてことは通常の主婦が聞いても左の耳から右の耳に抜けていってしまいます。聞いても理解できない難しい話には首を突っ込みたくないというわけです。「難しいから、夫に聞いても分からないなら今のままで。」という人が多いようです。

家で電気が使えればそれでいい

次にあげられるのは、「現状今電気が使えている」という状況です。主婦たちも、もし電力会社を変えなければもうすぐ電気が使えなくなるかもしれないとなると難しい電力の話にも耳を傾けるかもしれませんが、現状電気が使えるのです。

そしてこれからも電気が使えるようです。では電力自由化で新しい電力会社が電力販売を開始しようが、興味がありません。生活に支障はないのに、めんどくさいことはしたくないのです。

節約は大切、こんな節約に興味がある

電力自由化に興味を示さないからと言って、日本の主婦は節約意識がないわけではありません。

日本の主婦より節約意識の高い主婦も世界中そうそういないでしょう。日本の主婦は、身近な節約に興味あります。「最大アンペア数50A以下の利用で、毎月300kw電気使用料の場合、年間で○○円の電気代節約になる」という情報より、「100円のシャケの切り身が夕方4時から5時まで50円!」という節約のほうに興味があるのです。

目に見えて分かりやすいスーパーのクーポンや、毎月○日は5%OFF♪などの理解できる範囲の節約に高い興味を示しています。電気の節約という点では、「部屋の電気をこまめに消す」という目に見える努力によって節約に心がけています。

今後電力会社が主婦の心を掴むには

新電力が主婦の心を掴むには、主婦たちにとって分かりやすい説明が必要でしょう。主婦たちは今の生活を変化なく送ることができて、1円でも安くできると理解できるなら、家計の節約のために電力会社を乗り換えてくれるかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 5
    follow us in feedly

  関連記事

電力自由化スタート 現在人気のある事業者ランキング

いよいよ電力自由化が始まりました。数ヶ月がたった今、皆さんはどの電力会社を利用し …

再生可能エネルギー普及を妨げる「高コスト」問題検証と「低コスト」化への道筋考察

太陽光や風力・バイオマスといった再生可能エネルギーは、環境に優しいエネルギーだと …

電力自由化で電気料金を見つめ直そう!家計管理のポイントを紹介

電気料金がアップしたのをご存知ですか? 電力自由化はメディアなどでもよく紹介され …

電力自由化でメガソーラー 増える?減る?

メガソーラーの将来を考える 電力自由化の先進国はヨーロッパ諸国です。ヨーロッパ諸 …

アメリカで進む電力自由化−海外の現状はどうなってる?

1990年代後半から電力自由化が進んでいるアメリカ。 日本はアメリカほど電力需要 …

電力はどのように作られているか−3種類の電源はどういう性格があるの?

わたしたちの生活と電力は切っても切れない関係です。家の中を見ると、幾つかの種類に …

2016年4月の電気自由化は電気事業制度改正の第2段階のこと

最も一般家庭に関係してくる電気事業の改革 目前に迫っている電力自由化ですが、実は …

卸電力取引−何をするところ?2つの存在意義とは?

日本で唯一電気を市場取引できる機関があります。日本卸電力取引所(JEPX)と呼ば …

電力小売全面自由化開始から3ヶ月 本当に自由化は成功するのか

電力小売市場が全面自由化されおよそ3ヶ月が経過しました(執筆時点)。 2016年 …

だから原発は再稼動する 3つの理由

福島原子力発電所事故。あれほど大きな事故を起こし、いまだに収束できていない状況を …