エネリスト

電気に関するあらゆる情報をお届け

実在しないのに発電している… バーチャルパワープラントって何もの?

   

電力自由化に伴って新しい言葉がたくさん生まれました。その1つがバーチャルパワープラントです。

仮想発電所とも言われます。バーチャルや仮想というだけあって、実在している発電所ではありません。しかし電力を生み出すことができるのです。はたしてどんな方法でこのバーチャルパワープラントは運営しているのでしょうか?

バーチャルパワープラントとは

バーチャルパワープラントとは、たくさんの発電量の少ない発電所と連携させて、必要に応じてまとまった電力を発電してもらったり、多くの工場と連携して電力の必要に応じて電力消費を押さえてもらったりするシステムのことを指します。このバーチャルパワープラントそのものは発電したりはしませんが、日本の電力事情に応じて、電力を調整する機能を持っています。

どのように行なうのか具体的に見ていきましょう。「ある地域の電力需要が120万kwですが、100万kwしか電力供給の予定がない」という状況を想定してみましょう。どのように仮想発電所が電力制御を行なうのでしょうか。

小規模発電所を統括

20万kwの電力が不足しているときに、バーチャルパワープラントが行なうことができる1つの方法は、小さな発電所を取りまとめることです。発電量が1万kw程度の発電所でも20箇所同時に稼動させれば20万kwの電力を生み出すことができます。バーチャルパワープラントはこれらの小規模発電所に、電力不足の時間帯を通知して、その時間帯に発電するよう指示を出すことによって、電力事情が逼迫しているときに「電力供給量100→120万kw」とし問題解決をするのです。

ネガワットを統括

バーチャルパワープラントが解決に使うもう一つの方法は、ネガワットを総括することです。ネガワットとはネガティブな電力という意味なのですが、どういうことなのか例で説明しましょう。

120kwの電力使用予定があるときに、バーチャルパワープラントは事前に協力を表明している工場に連絡を入れます。「○時~○時まで電力が不足する予定です。御社で○kwの節電を行なってください」と通知するのです。大量の電力を消費するのは工場群ですから、幾つかの工場に連絡入れて、電気を使わないようにしてもらうのです。20万kw分の電力を節約してもらえば、20万kwを発電したのと同じだけの効果が見込めます。「電力需要量120→100万kw」として問題解決できるのです。

この節約分電力をネガワットと言います。バーチャルパワープラントは節電に協力してくれた企業に節約してくれた電力量に基づいて報酬を払います。

電力自由化後いよいよ必要になってくる電力の需要供給のバランス

アメリカやヨーロッパ等の電力自由化を先駆けている国では、この電力需要に供給が追いつかなくなることによって何度か大規模都市停電を起こしています。今後バーチャルパワープラントの役割は非常に重要です。移り変わる電力事情にも融通性をもって対応できるカギはバーチャルパワープランとだからです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 4
    follow us in feedly

  関連記事

電力会社を比較するにあたっての4つのポイントを紹介

電気料金だけでなく総合的に見てベストチョイスしよう 電気料金で比較 電力自由化に …

石油ショックと気候変動問題・電力自由化を促した2つの事象を紹介

  脱英国病が電力自由化の走り   日本でも今度一般家庭を含 …

電力自由化で懸念される3つのデメリットを紹介

電力自由化で電気料金が逆に上がる可能性?? 電力供給が不安定になるかも? 電力自 …

電力自由化=電気料金は下がる わけではない3つの要因

「電力小売が自由化になったら、価格競争が始まって各社値下げを始めるので、電気料金 …

電力自由化に伴うセミナーを覗いてみよう!

2016年4月の電力自由化に伴って、多くの企業が参入することがアナウンスされてい …

電力自由化で事業隊が増加・IPPとは何か?

新電力やPPSとどこがどう違うのか?   発電をする事業者 従来日本の …

アメリカで進む電力自由化−海外の現状はどうなってる?

1990年代後半から電力自由化が進んでいるアメリカ。 日本はアメリカほど電力需要 …

日本で再生可能エネルギーの増えない理由を種類別に紹介

  太陽光発電の増えない理由 電力自由化で、再生可能エネルギーが普及す …

電気小売自由化後 電気自動車もっとも効率よく活用するには?

電力自由化がいよいよ始まり、電力がどこからでも買えるようになった今、電気自動車の …

「沸きました」だけじゃない家の電化制御 HEMSの驚くべき活用法

「お風呂が沸きました♪」家に自動お湯張り機能がついたとき誰もがちょっとした感動を …