エネリスト

電気に関するあらゆる情報をお届け

電力自由化に伴う大手通信キャリアの戦略は?ユーザーにメリットはあるのか

   

2016年4月からスタートする電力改革に伴う小売の全面自由化。

実に多様な業種が参入をアナウンスしているわけですが、やはり注目されているのは大手通信キャリア3社(docomo、KDDI、ソフトバンク)の戦略や動向ですよね。

日本人の大半はこれらのいずれかの通信キャリアと契約しているため、セットで利用するべきなのか、それとも通信キャリアと電気契約は別々で考えるべきなのか…を判断しなくてはなりません。

そこで今回は大手通信キャリアそれぞれの戦略や動向についてまとめてみました。

 

 

NTT docomo

出典:nttdocomo

大手通信キャリアのひとつであるdocomoを提供するNTTグループはすでに電力事業に参入しています。携帯電話キャリア「docomo」はもちろん、電話やインターネット通信網「フレッツ光」といった様々な通信サービスを手広く、かつ手堅く展開しているため、顧客基盤はかなり堅実。

docomoだけに限らず、様々なサービスと電力販売のセットサービスを提供することが予想されます。最近だとオリジナルポイントサービスの「dポイント」、クレジット決済サービスの「DCMX」といったサービスにも力を入れているため、これらと絡めたサービスが期待されています。

上記したサービスはそのまま電力事業に転用できるものなので、ユーザーにとってコストをより安く、そして利便性が洗練されることが予想されます。

 

KDDI(au)

出典:au.kddi

auでお馴染みのKDDIグループ。
2014年よりスタートした「auウォレット」という電子マネーサービスを提供していることから、これを絡めた電力事業サービスを展開することが予想されています。
全国のマスターカード加盟店で使えるカードなので利便性がとても高く、ユーザビリティは十分。

また同じくKDDIグループ傘下である「J:COM」はチャンネル放送と一緒にネット環境やひかり電話もセットで販売しています。このラインナップに電力供給サービスも組み込まれるのではないかという予想も。

 

ソフトバンク

出典:softbank

大手通信キャリアの中で最も早くエネルギー事業に参入したのはソフトバンク。2014年に「SBエナジー」という事業を立ち上げ、一般消費者からの電力買取・電力小売を開始。このサービスをメインに、ソフトバンクの携帯電話を利用する顧客基盤に向けたサービスを展開していくものだと予想されます。

また、Yahooウォレットなどの決済システムを流用することも予想され、便利さとお得さを両立する電気事業サービスが期待されます。
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 4
    follow us in feedly

  関連記事

電力供給会社が行っているポートフォリオ契約とは?

電力自由化で好みの電力会社を一般家庭でも選択できるようになっていますが、まだ始ま …

恐れていたことがついに始まった… 関西電力はなぜ値上げしたのか?

電力自由化によって変わったのは、何も私たち消費者が自由に電力会社を選べるようにな …

電力の需要はどのように満たされているの?DSSとWSSについての基礎知識

電力の需要は刻々と変わります。電力需要で一番小さな単位であるわたしたちの家庭では …

電力自由化に伴うセミナーを覗いてみよう!

2016年4月の電力自由化に伴って、多くの企業が参入することがアナウンスされてい …

電力自由化で電気料金を見つめ直そう!家計管理のポイントを紹介

電気料金がアップしたのをご存知ですか? 電力自由化はメディアなどでもよく紹介され …

電力自由化後は電力過剰供給になる!?過剰になるとこんな恐ろしい影響が

2015年の9月27日の読売新聞には、九州電力管轄地域で「太陽光発電増えすぎ 停 …

水力発電-日本の豊かな自然の資源を使った3種類の発電方式

日本には豊かな水の資源があります。 そして昔から水車を使ってさまざまな仕事をして …

海外の事例に見る再生可能エネルギーがもたらす明るい未来

再生可能エネルギーは、枯渇の心配がなく自然にも優しいエネルギーとして近年注目され …

卸売電力取引で行なわれるOTC取引とはどのようなもの?2つのメリットとデメリット

  「OTC取引」とは何? 「OTC取引」という言葉は普段耳慣れないか …

電力自由化三大リスクを検証!停電・倒産・値上がり

2016年電力自由化後だれもが心配する三つのリスク 電力自由化がいよいよ2016 …