エネリスト

電気に関するあらゆる情報をお届け

電力自由化に伴う大手通信キャリアの戦略は?ユーザーにメリットはあるのか

   

2016年4月からスタートする電力改革に伴う小売の全面自由化。

実に多様な業種が参入をアナウンスしているわけですが、やはり注目されているのは大手通信キャリア3社(docomo、KDDI、ソフトバンク)の戦略や動向ですよね。

日本人の大半はこれらのいずれかの通信キャリアと契約しているため、セットで利用するべきなのか、それとも通信キャリアと電気契約は別々で考えるべきなのか…を判断しなくてはなりません。

そこで今回は大手通信キャリアそれぞれの戦略や動向についてまとめてみました。

 

 

NTT docomo

出典:nttdocomo

大手通信キャリアのひとつであるdocomoを提供するNTTグループはすでに電力事業に参入しています。携帯電話キャリア「docomo」はもちろん、電話やインターネット通信網「フレッツ光」といった様々な通信サービスを手広く、かつ手堅く展開しているため、顧客基盤はかなり堅実。

docomoだけに限らず、様々なサービスと電力販売のセットサービスを提供することが予想されます。最近だとオリジナルポイントサービスの「dポイント」、クレジット決済サービスの「DCMX」といったサービスにも力を入れているため、これらと絡めたサービスが期待されています。

上記したサービスはそのまま電力事業に転用できるものなので、ユーザーにとってコストをより安く、そして利便性が洗練されることが予想されます。

 

KDDI(au)

出典:au.kddi

auでお馴染みのKDDIグループ。
2014年よりスタートした「auウォレット」という電子マネーサービスを提供していることから、これを絡めた電力事業サービスを展開することが予想されています。
全国のマスターカード加盟店で使えるカードなので利便性がとても高く、ユーザビリティは十分。

また同じくKDDIグループ傘下である「J:COM」はチャンネル放送と一緒にネット環境やひかり電話もセットで販売しています。このラインナップに電力供給サービスも組み込まれるのではないかという予想も。

 

ソフトバンク

出典:softbank

大手通信キャリアの中で最も早くエネルギー事業に参入したのはソフトバンク。2014年に「SBエナジー」という事業を立ち上げ、一般消費者からの電力買取・電力小売を開始。このサービスをメインに、ソフトバンクの携帯電話を利用する顧客基盤に向けたサービスを展開していくものだと予想されます。

また、Yahooウォレットなどの決済システムを流用することも予想され、便利さとお得さを両立する電気事業サービスが期待されます。
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 4
    follow us in feedly

  関連記事

電力自由化で発生するかもしれないインバランスという問題

電力自由化が2016年4月に開始されます。 東京電力などの既存の電力会社のほかに …

「再生可能エネルギー」のこれからを考える!コストや今後の課題はどうなる?

資源が少なく、外国からの輸入に頼らざるを得ない日本。益々混迷を極める国際情勢の影 …

石油ショックと気候変動問題・電力自由化を促した2つの事象を紹介

  脱英国病が電力自由化の走り   日本でも今度一般家庭を含 …

発送電分離の手法は4種類・その中の一つ法的分離とは

日本で法的分離に集約された背景は?   電力自由化と発送電分離 電力自 …

自由化をもう一歩踏み込んで見ると電気代は安くならないことがわかる ユニバーサルシステムとは

電力事情を一歩踏み込んで見ると違ったものが見えてくる 電力自由化は、「電力を売る …

電力自由化で注目されるヘルツの違い

東日本と西日本でなぜヘルツが変わっているのか? 50ヘルツと60ヘルツ、日本には …

卸電力取引での「ザラ場」とはどんな取引の方法?2つのメリットとは?

  「ザラ場」とはどんな取引のこと? 卸電力取引で「ザラ場」という言葉 …

電力自由化に暗雲?電力データ消失事件が起きた!

電力市場で混乱が起きる? 2016年4月から一般家庭でも電力自由化が導入されまし …

電力自由化でバイオマス発電が注目される?

バイオマス発電で脚光の当たりつつあるバイオマスエタノール まずはバイオマス発電の …

LNGスポット取引は電力自由化とどう関係するのか

LNGは一般的には供給源と長期契約をしてガスを仕入れるのですが、そうではないスポ …