エネリスト

電気に関するあらゆる情報をお届け

「冷房は電気代がかかるから除湿にしなさい」は時代遅れ!除湿は冷房より高かった 金額差はこれくらい

   

電気代が高くつくものの代表ともいえるのが、エアコンの電気代です。

電力会社に電気代が高すぎるのではないかと苦情の電話をすると、電力会社調査員が自宅を訪問し家電の調査が行ないます。電気代が高い原因のほとんどは、エアコンの使いすぎによるものだそうです。エアコンというのは不思議なもので、普段からエアコンをつけている人でも電気代がとっても高い人もいれば、それほど高くない人もいます。

どうしてでしょうか?もしかしたら除湿と冷房の電気代が違いを知らないからかもしれません。驚くことに、最近のエアコンは除湿のほうが冷房よりも電気代が高いことがあるようです。

冷房と除湿の仕組みの違い

冷房というのは、室内の空気を冷やし温度を下げる機能です。エアコン内部で冷えた空気を作り出し、それを室内に吹き出すことによって冷房します。冷房において電力は空気を冷やす装置と、空気を送り出す装置で消費されます。

続いて除湿です。除湿というのは、室内の湿気を取ることを主な目的とした機能です。暑い部屋に冷たい水が入ったコップを置くとコップ全体に水滴がつくのを見たことがあるでしょう。あれはコップの周りの湿気が冷やされて液体になった結果です。

同じように、除湿にすると、エアコン内部にある幾層もある金属の片が冷やされます。するとその金属片に自然と室内の湿気が集まるので、室内の湿度は下がっていくのです。除湿において電力はその金属片を冷やす作業のときに主に電力を消費します。ただし最近のエアコンには除湿の際に、プラスアルファの機能があるために冷房よりも電気代が高くなってしまいます。

除湿にある再加熱機能

除湿は湿気が水に変化される際に温度を奪います。当然湿度を下がった空気の温度も下がり、その空気は室内に戻ります。除湿にしているのに部屋が冷えていくように感じるのはそのためです。

除湿は本来熱を奪いながら湿度を取るので、当然室内温度が下がるのです。しかしある種のエアコンはこの除湿で温度が下がるという欠点をなくすために、除湿で温度の下がった空気をわざわざ再び温めてから部屋に戻します。これを「再熱除湿」というのですが、再熱除湿機能があると、金属片を冷やすときと、それによって冷えた空気を温めるときの2度電力を消費します。

除湿のほうが冷房より電気代が高い理由

冷房は空気を冷やすとき(たくさん電力を消費)とその空気を吹き出すとき(少しだけ電力を消費)にしか電力消費しないのに、再熱除湿は金属片を冷やすとき(たくさん電力を消費)と、空気を温めるとき(たくさん電力を消費)に電力を消費するので、電気代という観点で言うとどうしても高くなってしまうのです。

これは最新型のエアコンに見られる傾向であって、昔ながらのエアコンには再加熱機能はないため電気代は除湿のほうが安くなります。最新型のエアコンで除湿機能を使うときには注意が必要でしょう。

冷房と除湿の金額差

具体的に金額を見てみましょう。国内メーカーで10畳用エアコンを使用した場合を例に取ります。毎日冷房運転のみを8時間行ない、この状態で1ヶ月経過すると電気代は4500円くらいの計算になります。

続いて除湿ですが、再加熱除湿ではない除湿の場合は、毎日8時間利用しても1ヶ月の電気代は1500円ほどです。以前は確かに除湿のほうが冷房より安かったのです。しかし再加熱除湿機能のついた除湿を毎日使い続けると1ヶ月の電気代は6000円くらいになります。現在は除湿のほうが冷房よりも1500円も高くなるのです。

※上記計算は平均値による目安 メーカーによって差異あり

除湿か冷房かよりももっと重要なのは省エネ型エアコンかどうか?

上記のような理由で最新型エアコンは除湿のほうが電気を消費する傾向があります。「冷房は電気代がかかるから除湿にしなさい」という注意はもはや時代遅れかもしれません。しかし電気代という観点で言うともっと重要なのは消費電力と言われています。

昔ながらのエアコンや外国産のいわゆる安いエアコンは省エネ型ではないために、冷房でも除湿でもたくさん電力を消費します。エアコンの横張られているラベルを見てみましょう。冷房時の消費電力○○kw、除湿時の消費電力○○kwと書かれているはずです。エアコンの場合1000kwが目安となります。

消費電力が1000kw以下なら省エネ型で良いエアコンです。除湿に再加熱機能がついていてもさほど電気代を心配する必要はありません。消費電力が1500kwや2000kwとなっているものは、よほどの大型エアコンでない限り省エネ型ではありません。冷房を使っても除湿をつかっても電気代が高くなるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 4
    follow us in feedly

  関連記事

電力自由化ではグリーン電力でも電力会社を選ぶことができる!

デメリットは割高になる可能性があること 電力自由化で誕生する新電力会社(PPS) …

「再生可能エネルギー」のこれからを考える!コストや今後の課題はどうなる?

資源が少なく、外国からの輸入に頼らざるを得ない日本。益々混迷を極める国際情勢の影 …

再生可能エネルギー・日本では少数派だが海外では普及している理由は?

全く異なる日本と海外の再生可能エネルギーコスト 再生可能エネルギーは地球環境にや …

知っていますか?スマートメーターのデジタルデータにはこんな恐ろしい危険が

スマートメーターが電力自由化に伴って随時設置されていきます。専門家の間ではスマー …

「時間前市場」を設ける2つのメリットはなに?

ライフラインとして電力の取引では不測の事態に備えることが必要です。 「スポット市 …

電力自由化に伴うセミナーを覗いてみよう!

2016年4月の電力自由化に伴って、多くの企業が参入することがアナウンスされてい …

徐々に広がっていった電力自由化の範囲・その経緯を探る

全面電力自由化で一般家庭にも範囲は拡大 電力自由化の背景 私たちが日々使っている …

電力自由化後の電気小売事業者の長~い供給約款 かいつまんで説明 

約款はとても長くて読めない、そして難しい 電力自由化後、たくさんの電気小売業者が …

どうしてこのタイミング?電力自由化の歴史を振り返ってみよう!

2016年4月からいよいよスタートする電力自由化。 最近まで知らなかった人の方が …

電力・ガス会社の過剰な設備投資の原因に?電気・ガスは無駄の多いシステムなのか!?

電力・ガス自由化に伴ってどんなシステムで運用されてきたのかが注目されるようになっ …