エネリスト

電気に関するあらゆる情報をお届け

電力自由化で電気料金を見つめ直そう!家計管理のポイントを紹介

   

電気料金がアップしたのをご存知ですか?

電力自由化はメディアなどでもよく紹介されているので、知っている人も多いでしょう。しかし「わざわざ電力会社を乗り換えるのは面倒」と思って、自分には関係のないこととスルーしていませんか?しかし電力会社を乗り換えることで、電気料金が節約できるかもしれません。

その前に、電気料金が値上がりしている事実をご存知でしょうか?2011年の東日本大震災を機に、電力料金はアップしています。

震災前の2011年の一般家庭の電気料金は月額6257円でした。それが2014年7月には8541円と月額2000円以上もアップしています。

原子力が使えなくなったことで火力発電がメインとなって、海外から調達する原油コストの増大したことなどが影響しています。しかし電力切り替えをすることで、電気料金を安くできる可能性もあるのです。

 
他の料金とセットでお得に 

新電力の中には、通信系の企業もあります。通信系の新電力に切り替えれば、インターネットなどの通信費と電気料金を組み合わせることでお得になる可能性があります。

その他にはガス会社が電力サービスを実施しているところもあります。そうなるとガス料金と電気料金が同じところから請求される形になるので、家計の管理もしやすくなるでしょう。

また従来の電力会社でもプランを見直すことで、電気料金のカットができるかもしれません。たとえば東京電力では、夜料金がお得になるプランがあります。

もし夜に電気をよく使う家庭であれば、年間の電気料金が25000円もお得になるという試算も出ています。

その他にもネットを使ってTポイントもしくはPontaポイントで申し込むと500ポイントと毎月の電気料金1000円当たり5ポイント稼げますので、実質的な割引になります。

 

家電の買い替えでさらに電気料金の節約を

電力自由化で電力会社を乗り換えることで、電気料金が安くなります。

しかしせっかく電気料金が安くなっても、たくさん電力消費してしまっては意味がありません。

特に夏場になると、記録的な猛暑を記録することも珍しくはありません。

中には最高気温が40度前後に到達することもあるほどです。エアコンをずっとかけっぱなしにしていると、電力使用量もどんどんアップしてしまいます。

そこで家電の見直しをしてみることも大事です。たとえば夏場や冬場にはエアコンが欠かせないという人もいるでしょう。

このエアコンですが、新しいものは電気代節約できるような機種が多いです。たとえば2014年製とその10年前の2004年製のエアコンを比較すると、11%程度節電効果が期待できるといいます。

エアコンをよく使う人で少し古めの機種を使っているのであれば、最新式のものに買い替えてみると良いでしょう。

また暑くてエアコンを掛けたところ、エアコンの冷気で逆に肌寒くなったという人もいるでしょう。エアコンの温度設定を上げることで、電気料金を節約できます。エアコンの温度調整をして、心地よい温度を探してみませんか?

冷蔵庫もどのような家庭でも欠かせない家電アイテムのはずです。冷蔵庫も家電製品の中では、最も電力を使うアイテムの一つです。

冷蔵庫に関しても最新機種に変更すると、電気代の節約が期待できます。

たとえば今から15年以上前に作られた冷蔵庫と最新式の冷蔵庫と比較すると、年間1万円程度の電気料金の節約効果が期待できます。

冷蔵庫は決して安くないですが、特に他に使うべきお金がなければ冷蔵庫を買い替えることで電気料金の節約を検討してみませんか?

このように電気プランや電力の使い方を見直すことで、電気料金の節約効果が見込めます。電力自由化を機に、自分の電気の使い方や家計管理を見直してみませんか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 5
    follow us in feedly

  関連記事

ネガワットってなに? 3分で分かります

電力自由化後に良く聞くようになった言葉に「ネガワット」という言葉があります。この …

電力自由化で風力発電によるエネルギー作りはどうなるか?

風力発電のメリットデメリットは?その仕組みを理解しよう 風力発電の仕組みを理解す …

電気事業で必須の3つの用語 −クリーンダークスプレッド・スパークスプレッド・ダークスプレッド どんな意味があるの?

2016年4月から電力自由化が始まりました。電気事業の企業であれば、利益をある程 …

電力自由化で注目されるヘルツの違い

東日本と西日本でなぜヘルツが変わっているのか? 50ヘルツと60ヘルツ、日本には …

「時間前市場」を設ける2つのメリットはなに?

ライフラインとして電力の取引では不測の事態に備えることが必要です。 「スポット市 …

人口減少に少子高齢化・エネルギー問題とどう関係してくる?

日本の人口は今後減少する 日本の人口は今まで増え続け、1億人をすでに突破していま …

電力自由化で見直される再エネ政策

1割強の再生可能エネルギーが2倍になるの?   2030年までに再生可 …

電力自由化ではグリーン電力でも電力会社を選ぶことができる!

デメリットは割高になる可能性があること 電力自由化で誕生する新電力会社(PPS) …

電気自由化で独占禁止法に触れる行為が懸念される!?

そもそも大手電力会社は市場を独占していたのではないのか? 2016年4月の電力自 …

電力自由化についてのアンケートでは64%が電力会社を変えたい

消費者が心配しているポイントのひとつだが・・・ 2016年4月の電力自由化で消費 …