エネリスト

電気に関するあらゆる情報をお届け

1Wってすごい! こんなことができるとは…

   

電力自由化となり、この機会に消費電力に関心をもっている人が多いようです。東京ディズニーランドとディズニーシーが一日の消費電力が57万kw、原子力発電所の発電能力が100万kwhなどと、何かと大きな電力に注意が向きがちな傾向があります。しかしここは1つ、小さな電力にも目を留めてみましょう。それは「1w」という電力の基本単位です。この1wの電力で何ができるかご存知ですか?

1wとは?

W(ワット)というのは、イギリスの発明家ジェームズ・ワットにちなんでつけられたエネルギーの単位です。1wというのは簡単に言うと、1秒間で1J(ジュール)の仕事ができるということです。ちなみに1ジュールというのは1kgの物体を1m動かすときのエネルギーです。つまり「1wの電力があればできること」は学問的に答えると、「1wで1秒間に1kgの物体を1m動かせますよ」となるわけです。結構なことができると思いませんか?でもこれって電子機器でいうと何がどれくらいできるのでしょうか?

1wでできること

1wでできることが、一番分かりやすい例はLEDライトです。デスクスタンドタイプの電球を今はLEDタイプのライトに変えることができます。あのLEDライト球の消費電力は1wです。天井からぶら下がっているシーリングライトのなつめ球もLEDタイプのものがあります。LEDタイプじゃないものは5wなのですが、LEDタイプはちょうど1wです。つまり1wという電力があればこれらのLED照明器具を1秒間照らすことができるというわけです。しかしこれらの電球はかなりの明るさを提供するものです。そんなに明るさを必要としないものであれば1wでもっと多くのことが行なえます。例えば夜も水槽をぼんやり灯すシート型のLEDライトの消費電力は0.05wです。つまり1wの電力で20秒間水槽を灯し続けることができるということになります。1wの電力で他にも携帯電話で3~4秒間音楽を聞くこともできます。

1wではできないこと(1秒間に)

1wではできそうでできないことも簡単にあげておきましょう。例えば携帯の充電は10wの電力を消費するので、1wでは0.1秒しか充電できないことになります。比較的充電消費電力の少ない電動歯ブラシの充電も消費電力が2wなので、0.5秒で使い終わってしまいます。

1wの電力を作るのにいくらかかるの?

1wのLED電球を1時間つけるための電力は1wh(0.001kwh)ということになります。東京電力の1kwh当たりの料金は約27円ですから、1whの電力を生み出すための料金は0.027円ということになるでしょう。1wの電力を1秒間生み出すだけの料金は0.027円の1/3600の料金ということになります。1年間で計算するとどうなりますか?1wのLEDライトを一年間ずーとつけっぱなしにした時でも、電気料金は237円しか掛からないという計算になるわけです。

1wでできることはいよいよ広がる

現在電子回路の世界もミクロからナノの世界に入っています。ほんのわずかな電力で動く電子基盤でも、とっても大きな機械を制御できるようになっています。世界的なエネルギー問題を解決するのは、1wという小さな電力を研究することなのかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 4
    follow us in feedly

  関連記事

2016年4月の電気自由化は電気事業制度改正の第2段階のこと

最も一般家庭に関係してくる電気事業の改革 目前に迫っている電力自由化ですが、実は …

電力自由化で中小企業も参戦!電気事業法改正で私たちにどんな影響をもたらす?

2015年3月3日、政府は電力改革を推し進め、その最終段階…総仕上げとして電気事 …

電気自由化で電柱が増えるのかという心配は無用

既存のシステムを利用するので、基本的には増設はない 2016年4月に行われる電力 …

再生可能エネルギー普及を妨げる「高コスト」問題検証と「低コスト」化への道筋考察

太陽光や風力・バイオマスといった再生可能エネルギーは、環境に優しいエネルギーだと …

電力自由化の電気小売業者選択 リミックスポイントのアピールポイントがすごい

リミックスポイントのアピールポイントとは 100を超える電気小売業者が参入するこ …

電力自由化は最近のことではない?今までの法改正の経緯を紹介

電力自由化と言われる2013年の法改正を紹介 1995年から始まった 最近しきり …

2016年4月の全面的な電力自由化の認知度は10人中8人以上!

2016年4月の電力自由化は目前に迫ってきていますね。 電気供給元である新電力会 …

電力自由化でたまに目にする特別高圧とはどんなもの?

2016年4月に実施される電力自由化で数多くの新電力会社(PPS)が参入し、日本 …

先を見越して電気を買う、3種類の卸電力取引「先渡市場・先渡定型取引・先渡市場取引」−卸電力取引の基礎知識

「先渡市場」は、将来のある1週間、1ヶ月、さらには1年の単位で電力を取引する市場 …

電力自由化を学び、ビジネスチャンスを掴むための展示会が各地で開催

2016年4月に実施される電力小売自由化ですが、いよいよ新電力会社(PPS)も出 …