エネリスト

電気に関するあらゆる情報をお届け

電力自由化でどんな料金プランが出てくる?ニーズに合わせた選択を

   

一般家庭向けに電力を販売できる小売電気事業者が参入できるサービス、ということで注目度も高いです。

2015年8月3日から小売電気事業者の登録申請が始まり、エネット(NTTと東京ガス、大阪ガスの共同出資会社)や昭和シェル石油などが登録し始め、2015年中に119社が審査を通過しています。
つまり、私たちは少なくとも120社以上の選択肢があるわけです。

そこで気になるのがどんな料金プランが期待できるのかということ。もちろんそれぞれの企業が持つサービスと絡めた上での料金プランが期待できるため注目したいですよね。

 

セット販売

いわゆるバンドルサービスですね。電力と一緒に他のサービスも一緒に契約することで割安の料金プランが選べる…といったものになります。

例えば通信系企業なら、ネットや携帯電話とセットで加入すれば10%オフ、といった料金プランが提供されると予想されます。

 

グリーン電力

風力発電や太陽光発電といった再生利用エネルギーによる電力のことをグリーン電力といいます。
発電コストがどうしても高くなってしまうため、一般的な電力よりも割高になりやすい…というデメリットがありますが、一方で環境への負担が小さく、消費者からのニーズは高いです。

料金利率

固定料金や変動料金など、料金単価に関する料金プランが登場する可能性はとても高いです。
固定料金プランならいくらでも電気が使い放題!といったサービスが提供されるかもしれません。
また一方で、利用電力の割合に応じて料金が変動するプランも出てくるでしょうから、ライフスタイルに合わせた柔軟性を持たせられます。

 

アグリゲーション

例えばマンションなどの共同住宅で、居住者が一括で契約することで割安の料金プランを提供できる!といったものです。
もちろん基本的にはメリットの大きいものなのですが、一方で住居者が個別に契約できず、自由度に制限がかかる可能性があります。

 

どうやって選ぶ?

このように、大まかな料金プランの分類だけでもこれだけの種類があります。ここから各社ごとに細分化されていくわけですので、選び方は慎重にならざるを得ません。

そこで比較サイトなどのサービスがスタートするものだと予想されます。まずは自身がどういったサービスを期待しているのかを明確にすること。その上で比較・検討に使えるツールを見極めていくことが肝になりそうです。

 

節電するほど割引に!?電力自由化でプランの多様化

電力自由化がスタートするにあたって、新しいプランやサービスが次々とアナウンスされています。中でも興味深いのが節電割引プランです。

光熱費を節約するために、日夜節電に勤しんでいる人からすれば一石二鳥になる嬉しいサービスですよね!

例えば北陸電力は節電向けの料金割引プランを発表していて、節電した分だけ割引されます。そして日本初の電力プランでもあります。

基本的に電気料金単価そのものは従来と同じ従量電灯方式になるのですが、冬場や夏場など電力量が増える時期に節電の協力をすると割引される…という内容です。

具体的な内容に関しては電力会社のホームページなどから確認してください。ざっくりと説明すると、節電が必要なタイミングで実際に節電できたらその分だけ割引が適応される、というものです。

他にも割引サービスは多い!

今回は北陸電力の節電割引プランを紹介しましたが、もちろん他にも様々な割引サービスが提供されることが予想されます。

例えば、今加入している携帯電話キャリアがあって、そこが電力小売サービスを提供していれば、加入するだけで電話料金や電気代が割引される…といったサービスが期待されます。

このように、今契約しているサービスが電気販売に乗り出すのなら、どんなお得なプラン、割引プランが発表されるかチェックしてみるべきですね。

もちろん、よりお得な割引が受けられる業者があるならそちらへの乗り換えも検討していきたいところです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 5
    follow us in feedly

  関連記事

経済産業省主導の電力自由化ロードマップを猿でも分かるように解説

経済産業省ロードマップを分かりやすく解説 どのように電力自由化が推進していくのか …

電力自由化は明暗はっきり・通信会社が苦戦しているのはなぜ?

  明暗くっきり分かれる新電力 2016年4月から電力自由化が始まって …

電力自由化の今だからこそ!国内最大のエネルギーサミット・電力自由化サミットジャパンに注目すべし

電力需要の高まる夏に行われるサミット グッドフェローズという「タイナビ」という太 …

1Wってすごい! こんなことができるとは…

電力自由化となり、この機会に消費電力に関心をもっている人が多いようです。東京ディ …

20年以上前からイギリスで進む電力自由化−現状はどうなっている?今後は?

イギリスでは1990年に国営の電力会社が民営化され、電力自由化が始まりました。 …

電力自由化開始3か月で見えてきた特徴・傾向を紹介

電力自由化後に切り替えが急増 2016年4月に電力の全面自由化が始まりました。メ …

電力自由化を学び、ビジネスチャンスを掴むための展示会が各地で開催

2016年4月に実施される電力小売自由化ですが、いよいよ新電力会社(PPS)も出 …

電力自由化後の電気小売事業者の長~い供給約款 かいつまんで説明 

約款はとても長くて読めない、そして難しい 電力自由化後、たくさんの電気小売業者が …

「電力自由化EXPO」で電力自由化の情報が改めて紹介される!

ただし、現状は一般市民向け開催ではない 2016年4月に電力の小売りが全面自由化 …

電気自由化は電気事業制度改正の段階的改革のひとつ

電気自由化は3段階に分けて実施されてきた 電力自由化は2016年4月に始まります …