エネリスト

電気に関するあらゆる情報をお届け

ガス会社は電気を売りたくてしょうがいない! ガス会社の参入裏事情

   

もともと国営のガス会社も、民間で長らくプロパンガスを売ってきたガス会社も、電力自由化に伴いこぞって電力売買に名乗りを上げています。

そもそもガスが専門なのですし、すでに固定客がいると思われるガス会社はなぜ電力業界に手を伸ばすのでしょうか?わたしたちが普段あまり考えない、時代の変化を考えるとおのずと答えが見えてきます。ガス会社は電力自由化に参入の裏事情として3つの理由があげられます。

以前ほどガスは必要となくなった

昭和の時代は、料理を作るときは必ずガスコンロを使い、お風呂を沸かすときは必ずガス釜を利用していました。少し年配の方は今も懐かしく思い出すことでしょう。しかし現在どれほどのおうちがガスでお風呂を沸かしているでしょうか?

ガスコンロも最近は徐々に見られなくなってきました。つまり、現代人はあまりガスを必要としなくなったのです。タクシーも以前はすべてガスで走っていました。現在はタクシーが電気自動車だったりする時代です。ガス産業そのものがだんだんと廃れてきており、売上確保と時代の流れに乗るためには電力販売に踏み出す必要があったのです。

多くのガス会社が発電設備を持っている

これは大手のガス会社に限りますが、電力発電は以前から行なっていました。東京ガスをはじめ大手ガス会社は、自前のガス発電設備を持っており、自社や自社関連企業、最近は法人相手に電力販売を始めていたのです。

たくさんの電力を生み出す能力を持っているガス会社は、電力卸市場から電力を購入しなくても自前で電力を確保できる特典が備わっているため、無理なく電力売買に着手できたという背景もあるようです。ガスという自分たちの持っているエネルギーを電気に変えて売るというのは、ガス会社がこの時代の流れの中で、生き残りのために取るべき一手であったというわけです。

顧客と信頼関係をすでに築いている

ガス会社は何十年という期間にわたってすでに顧客にガスを提供してきました。安定したガスエネルギーを供給し続け、料金をもらい、トラブルが起きたら対処するという信頼関係を長年にわたって顧客と築いてきたのです。顧客としてもすでに信頼している会社から電力を購入するのは安心でしょう。同時にガスとのセット割という顧客にうれしいサービスも展開できます。

ガス会社は滑り出し快調

上記の理由で電力自由化後に、一般電気事業者以外で最も業績が上がっているのはガス会社です。東京ガスと大阪ガスが共同出費で設立したエネットは、実に新電力の40%のシェアを占めています。新電力会社の中では、しばらくはガス会社の独走状態続くでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 5
    follow us in feedly

  関連記事

電力供給会社が行っているポートフォリオ契約とは?

電力自由化で好みの電力会社を一般家庭でも選択できるようになっていますが、まだ始ま …

先を見越して電気を買う、3種類の卸電力取引「先渡市場・先渡定型取引・先渡市場取引」−卸電力取引の基礎知識

「先渡市場」は、将来のある1週間、1ヶ月、さらには1年の単位で電力を取引する市場 …

使うと高くなる電気料金のしくみ!オール電化にすると余計に高くつく?

時代の流れを見ると「オール電化にした方が電気代が安くなる!」と捉えられがちです。 …

電力小売全面自由化開始から3ヶ月 本当に自由化は成功するのか

電力小売市場が全面自由化されおよそ3ヶ月が経過しました(執筆時点)。 2016年 …

電力自由化で新規参入を希望しているのは700社以上!

2016年4月電力自由化に伴い、新電力会社として参入を表明しているのは700社以 …

電気自由化で電気メーターが変わる!生じる変化と生じない変化

いずれは変わる新しい電気メーターを理解する 「電力自由化が実施されていろいろ変わ …

電力自由化でよく耳にする低圧電力とは一体なに?

2016年4月に実施される電力自由化というのは、電力の小売りが全面的に自由化され …

電力自由化に暗雲?電力データ消失事件が起きた!

電力市場で混乱が起きる? 2016年4月から一般家庭でも電力自由化が導入されまし …

電力の需要はどのように満たされているの?DSSとWSSについての基礎知識

電力の需要は刻々と変わります。電力需要で一番小さな単位であるわたしたちの家庭では …

発電所から消費者までの電力供給は電力自由化で変わるの?

送電のシステムを担う3つの部門について理解しよう 電力供給の仕組みを理解しよう …