エネリスト

電気に関するあらゆる情報をお届け

ガス会社は電気を売りたくてしょうがいない! ガス会社の参入裏事情

   

もともと国営のガス会社も、民間で長らくプロパンガスを売ってきたガス会社も、電力自由化に伴いこぞって電力売買に名乗りを上げています。

そもそもガスが専門なのですし、すでに固定客がいると思われるガス会社はなぜ電力業界に手を伸ばすのでしょうか?わたしたちが普段あまり考えない、時代の変化を考えるとおのずと答えが見えてきます。ガス会社は電力自由化に参入の裏事情として3つの理由があげられます。

以前ほどガスは必要となくなった

昭和の時代は、料理を作るときは必ずガスコンロを使い、お風呂を沸かすときは必ずガス釜を利用していました。少し年配の方は今も懐かしく思い出すことでしょう。しかし現在どれほどのおうちがガスでお風呂を沸かしているでしょうか?

ガスコンロも最近は徐々に見られなくなってきました。つまり、現代人はあまりガスを必要としなくなったのです。タクシーも以前はすべてガスで走っていました。現在はタクシーが電気自動車だったりする時代です。ガス産業そのものがだんだんと廃れてきており、売上確保と時代の流れに乗るためには電力販売に踏み出す必要があったのです。

多くのガス会社が発電設備を持っている

これは大手のガス会社に限りますが、電力発電は以前から行なっていました。東京ガスをはじめ大手ガス会社は、自前のガス発電設備を持っており、自社や自社関連企業、最近は法人相手に電力販売を始めていたのです。

たくさんの電力を生み出す能力を持っているガス会社は、電力卸市場から電力を購入しなくても自前で電力を確保できる特典が備わっているため、無理なく電力売買に着手できたという背景もあるようです。ガスという自分たちの持っているエネルギーを電気に変えて売るというのは、ガス会社がこの時代の流れの中で、生き残りのために取るべき一手であったというわけです。

顧客と信頼関係をすでに築いている

ガス会社は何十年という期間にわたってすでに顧客にガスを提供してきました。安定したガスエネルギーを供給し続け、料金をもらい、トラブルが起きたら対処するという信頼関係を長年にわたって顧客と築いてきたのです。顧客としてもすでに信頼している会社から電力を購入するのは安心でしょう。同時にガスとのセット割という顧客にうれしいサービスも展開できます。

ガス会社は滑り出し快調

上記の理由で電力自由化後に、一般電気事業者以外で最も業績が上がっているのはガス会社です。東京ガスと大阪ガスが共同出費で設立したエネットは、実に新電力の40%のシェアを占めています。新電力会社の中では、しばらくはガス会社の独走状態続くでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 5
    follow us in feedly

  関連記事

関西電力が採用している2本継ぎ電柱は敵に塩を送る行為?

持ち運び便利な電柱 電柱の新しいスタイルとして、2本継ぎ電柱が注目を集めています …

経済産業省主導の電力自由化ロードマップを猿でも分かるように解説

経済産業省ロードマップを分かりやすく解説 どのように電力自由化が推進していくのか …

電力自由化で売電価格が優遇されるかも?太陽光発電がより有利になる可能性が

2016年4月よりスタートする一般家庭向けの電力小売が自由化されるということで注 …

いい電力会社とプランの選び方 ポイントはこの3つだけ

電力自由化に伴ってたくさんの小売電気業者も電気を売り出し始めました。 果たしてど …

電力自由化は電力会社のライセンス制?条件や課題は?

電力の全面自由化を柱にする電気事業法改正案が成立。 これにより、2016年4月か …

266もの業者が電気小売に参入 理由はFIT制度というものにあるらしい

電気自由化に入る前の3月25日、経済産業省は266社の小売電気事業者が申請したこ …

LNGスポット取引は電力自由化とどう関係するのか

LNGは一般的には供給源と長期契約をしてガスを仕入れるのですが、そうではないスポ …

巷を騒がせている電力自由化・その狙いはなにか?

競争の原理を導入することでよりサービスの利便性を高める   競争の原理 …

水力発電-日本の豊かな自然の資源を使った3種類の発電方式

日本には豊かな水の資源があります。 そして昔から水車を使ってさまざまな仕事をして …

2016年4月の電気自由化は電気事業制度改正の第2段階のこと

最も一般家庭に関係してくる電気事業の改革 目前に迫っている電力自由化ですが、実は …