エネリスト

電気に関するあらゆる情報をお届け

ガス会社は電気を売りたくてしょうがいない! ガス会社の参入裏事情

   

もともと国営のガス会社も、民間で長らくプロパンガスを売ってきたガス会社も、電力自由化に伴いこぞって電力売買に名乗りを上げています。

そもそもガスが専門なのですし、すでに固定客がいると思われるガス会社はなぜ電力業界に手を伸ばすのでしょうか?わたしたちが普段あまり考えない、時代の変化を考えるとおのずと答えが見えてきます。ガス会社は電力自由化に参入の裏事情として3つの理由があげられます。

以前ほどガスは必要となくなった

昭和の時代は、料理を作るときは必ずガスコンロを使い、お風呂を沸かすときは必ずガス釜を利用していました。少し年配の方は今も懐かしく思い出すことでしょう。しかし現在どれほどのおうちがガスでお風呂を沸かしているでしょうか?

ガスコンロも最近は徐々に見られなくなってきました。つまり、現代人はあまりガスを必要としなくなったのです。タクシーも以前はすべてガスで走っていました。現在はタクシーが電気自動車だったりする時代です。ガス産業そのものがだんだんと廃れてきており、売上確保と時代の流れに乗るためには電力販売に踏み出す必要があったのです。

多くのガス会社が発電設備を持っている

これは大手のガス会社に限りますが、電力発電は以前から行なっていました。東京ガスをはじめ大手ガス会社は、自前のガス発電設備を持っており、自社や自社関連企業、最近は法人相手に電力販売を始めていたのです。

たくさんの電力を生み出す能力を持っているガス会社は、電力卸市場から電力を購入しなくても自前で電力を確保できる特典が備わっているため、無理なく電力売買に着手できたという背景もあるようです。ガスという自分たちの持っているエネルギーを電気に変えて売るというのは、ガス会社がこの時代の流れの中で、生き残りのために取るべき一手であったというわけです。

顧客と信頼関係をすでに築いている

ガス会社は何十年という期間にわたってすでに顧客にガスを提供してきました。安定したガスエネルギーを供給し続け、料金をもらい、トラブルが起きたら対処するという信頼関係を長年にわたって顧客と築いてきたのです。顧客としてもすでに信頼している会社から電力を購入するのは安心でしょう。同時にガスとのセット割という顧客にうれしいサービスも展開できます。

ガス会社は滑り出し快調

上記の理由で電力自由化後に、一般電気事業者以外で最も業績が上がっているのはガス会社です。東京ガスと大阪ガスが共同出費で設立したエネットは、実に新電力の40%のシェアを占めています。新電力会社の中では、しばらくはガス会社の独走状態続くでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 4
    follow us in feedly

  関連記事

電力自由化は原発廃止にも期待がかかる

簡単に廃止できるものではないのも現実 電力自由化で消費者が自由に新しい電力会社( …

「電力自由化」で他社に乗り換える場合のオール電化住宅に関する注意点

いよいよ始まる「電力自由化」。私たち消費者にとっては、電力価格や企業イメージなど …

家庭向け電力自由化の受付開始時期はいつごろから?

光熱費だけでなく、出費全般の節約・削減につながるかも知れない…ということで何かと …

電力自由化において重要な タテ ヨコとは

どうしたら電力自由化は成功するのか?日本国には日本経済が発展するためには何が必要 …

知らなかった… 新電力が安くない理由 実は電力自由化のときに国が過激なセット割を禁止していた

「電力自由化になったのにいまいち電気代がどこも安くないよな」こんなふうに思ってい …

日本の特徴にあった再生可能エネルギーは何?3つの発電所の種類と特徴

再生可能エネルギーとは、エネルギー源が永続的に利用できると考えられているもののこ …

中野剛志氏「電力自由化は無能無策」…長いので勝手に要点まとめました

中立の立場で電力自由化の無能無策をまとめる 中野剛志 「電力自由化は無能無策の極 …

電力自由化に伴い通信業者が続々参入!どんなサービスを組み込んでくる?

  電力自由化に伴い通信業者が続々参入!どんなサービスを組み込んでくる …

経済産業省主導の電力自由化ロードマップを猿でも分かるように解説

経済産業省ロードマップを分かりやすく解説 どのように電力自由化が推進していくのか …

卸売電力取引で行なわれるOTC取引とはどのようなもの?2つのメリットとデメリット

  「OTC取引」とは何? 「OTC取引」という言葉は普段耳慣れないか …