エネリスト

電気に関するあらゆる情報をお届け

どうしてこのタイミング?電力自由化の歴史を振り返ってみよう!

   

2016年4月からいよいよスタートする電力自由化。
最近まで知らなかった人の方が多いと思いますが、実は歴史はそれなりに長く、その経緯を辿ると1995年までさかのぼります。

 

第一次電気事業制度改革(1995年)

世界的に規制緩和の流れが強まっていることから、日本の高コスト構造を是正しよう!ということで始まりました。

電気事業法の一部を改正することで、電力会社が他の電力会社、卸電気事業者以外から電気を購入できるように。

また自前の発電設備や送電施設を持つ事業者が直接電気を売買できるように認められたのもこのタイミングになります。

ここから電気料金の見直しなども本格化。

 

第二次電気事業制度改革(1999年)

工場やオフィスビル、デパートといった特定の施設(2000kW以上)の受電・契約電力を自由化できるようになりました。

まだ一般消費者には関係の無い話ですが、ここから本格的に料金改定が加えられるようになり、料金選択の自由度が一気に高まります。

 

第三次電気事業制度改革(2003年)

500kW以上の高圧利用者まで自由化を拡大。
これにより、販売電力の6割が自由化の対象へ。

 

第四次電気事業制度改革(2008年)

料金制度の改革・競争環境設備の是正など、競争化の準備段階に。

 

第五次電気事業制度改革(2013年~)

東日本大震災及び福島第一原子力発電所事故を契機に、抜本的な電気事業の見直しが加えられることになり、今話題になっている、一般消費者向けの電力自由化がスタート。

2016年4月より電気小売業者の参入が認められるようになり、さらなる競争化とサービスの拡充が期待されます。

 

歴史を振り返ってみて

ここ1、2年で認知度が高まった電力自由化ですが、工場やオフィスビルなど一部の施設では既に自由化は始まっていたんですね。

これが一般向けにシフトし、多くの小売事業が参入するため注目されるようになった、と考えて差し支えないでしょう。

これから始まることなので、どういった変化が見られるのか、本当に自分に必要なサービスはどれなのかを見極める重要な時期に差し掛かってきた…と言えそうです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 5
    follow us in feedly

  関連記事

再生可能エネルギー・日本では少数派だが海外では普及している理由は?

全く異なる日本と海外の再生可能エネルギーコスト 再生可能エネルギーは地球環境にや …

電力自由化の仕組みを簡単にでも理解しておこう!

現代の日本においては必然的に始まる仕組み? 電力市場が2016年4月に自由化され …

知らないと損する電力自由化に伴う実量制料金計算方法

電気料金の計算方法が実量制に変わる どう変わる? 電力自由化となると電気料金は実 …

電力自由化で懸念されるのは新電力会社の技術力

新電力会社に移行しても技術的に安定供給は可能? 電力自由化が2016年4月に行わ …

電力自由化で注目されるヘルツの違い

東日本と西日本でなぜヘルツが変わっているのか? 50ヘルツと60ヘルツ、日本には …

中野剛志氏「電力自由化は無能無策」…長いので勝手に要点まとめました

中立の立場で電力自由化の無能無策をまとめる 中野剛志 「電力自由化は無能無策の極 …

将来の卸電力取引の発展に必要な「先物取引」

欧米などではすでに活発に取引されている電力の「先物取引」。 日本の卸電力取引所で …

電気自由化が関係する電気事業制度改正は第3段階でひとまず終わる!

電気事業改革の最後に当たるのが第3段階 いよいよ2016年4月に電力全面的自由化 …

電気の大量消費先の病院・電力自由化で電気代をセーブできる?

今後の電力の安定供給に不安も…対策を講じるべし   何百万円単位で発生 …

家庭向け電力自由化の受付開始時期はいつごろから?

光熱費だけでなく、出費全般の節約・削減につながるかも知れない…ということで何かと …