エネリスト

電気に関するあらゆる情報をお届け

電力自由化の市場規模は20兆円以上!?ビッグビジネスの到来?

   

2016年より一般家庭向けに電力自由化が始まるわけですが、実は既に工業用・商業用の自由化は始まっています。つまり、2016年から全面自由化が始まる…ということですね。

現時点で既に経済効果が出始めていて、5兆円にも及ぶのだとか!例えば、愛媛県松山市の中学校は新電力を導入することで年間電気料金が500万円も削減できたそうです。

このように、市場規模の大きさもさる事ながら、利用者にとってメリットがあることも証明されています。注目されるのも納得ですよね。

 

20兆円超えの市場規模!?

一般家庭向けの電力小売が解禁されることで、試算では7.2兆円の市場規模に達すると見込まれています。しかしこの試算はあくまでも既存のサービスによるものであり、再生可能エネルギーや、競争の激化なども考慮、さらにインターネットプロバイダや携帯電話会社とのセット契約…といった総合的な判断では全体で20兆円以上の市場規模になりうると言われています。

ユーザーにもメリットが大きい!

「市場規模が大きいからって私たちには関係ないでしょ?」と思うかもしれませんが、決してそのようなことはありません。

参加する企業の数が多く、いかに選ばれるサービスを提供できるかをそれぞれが競い合う形になります。

つまり、今までと同じサービスをもっと安く受けられたり、今までと同じ値段でより多くの便利なサービスが受けられるようになります。

それだけに多くのユーザーが注目しているわけなんです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 5
    follow us in feedly

  関連記事

日本の特徴にあった再生可能エネルギーは何?3つの発電所の種類と特徴

再生可能エネルギーとは、エネルギー源が永続的に利用できると考えられているもののこ …

巷を騒がせている電力自由化・その狙いはなにか?

競争の原理を導入することでよりサービスの利便性を高める   競争の原理 …

電力自由化は一体いつからどのように始まるの?

電力小売りの全面自由化開始は2016年4月から! 電力自由化は、これまで地域ごと …

利益は期待できない小口需要家・プラットフォーム化する公益事業でビジネスチャンスを

生活支援サービスで勝負する電力小売ビジネス 大口需要家しか適用されてこなかった電 …

「電力自由化の負の影響」それは「不確実な価格変動」!?私達がとるべき対策を解説

2016年4月から家庭向けの電力供給が「自由化」となります。いわゆる「電力自由化 …

電力自由化で風力発電によるエネルギー作りはどうなるか?

風力発電のメリットデメリットは?その仕組みを理解しよう 風力発電の仕組みを理解す …

電力自由化で注目されるヘルツの違い

東日本と西日本でなぜヘルツが変わっているのか? 50ヘルツと60ヘルツ、日本には …

電力自由化で発生するかもしれないインバランスという問題

電力自由化が2016年4月に開始されます。 東京電力などの既存の電力会社のほかに …

電力自由化スタート 現在人気のある事業者ランキング

いよいよ電力自由化が始まりました。数ヶ月がたった今、皆さんはどの電力会社を利用し …

「時間前市場」を設ける2つのメリットはなに?

ライフラインとして電力の取引では不測の事態に備えることが必要です。 「スポット市 …