エネリスト

電気に関するあらゆる情報をお届け

電力自由化の市場規模は20兆円以上!?ビッグビジネスの到来?

   

2016年より一般家庭向けに電力自由化が始まるわけですが、実は既に工業用・商業用の自由化は始まっています。つまり、2016年から全面自由化が始まる…ということですね。

現時点で既に経済効果が出始めていて、5兆円にも及ぶのだとか!例えば、愛媛県松山市の中学校は新電力を導入することで年間電気料金が500万円も削減できたそうです。

このように、市場規模の大きさもさる事ながら、利用者にとってメリットがあることも証明されています。注目されるのも納得ですよね。

 

20兆円超えの市場規模!?

一般家庭向けの電力小売が解禁されることで、試算では7.2兆円の市場規模に達すると見込まれています。しかしこの試算はあくまでも既存のサービスによるものであり、再生可能エネルギーや、競争の激化なども考慮、さらにインターネットプロバイダや携帯電話会社とのセット契約…といった総合的な判断では全体で20兆円以上の市場規模になりうると言われています。

ユーザーにもメリットが大きい!

「市場規模が大きいからって私たちには関係ないでしょ?」と思うかもしれませんが、決してそのようなことはありません。

参加する企業の数が多く、いかに選ばれるサービスを提供できるかをそれぞれが競い合う形になります。

つまり、今までと同じサービスをもっと安く受けられたり、今までと同じ値段でより多くの便利なサービスが受けられるようになります。

それだけに多くのユーザーが注目しているわけなんです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 5
    follow us in feedly

  関連記事

電力自由化の仕組みを簡単にでも理解しておこう!

現代の日本においては必然的に始まる仕組み? 電力市場が2016年4月に自由化され …

卸電力取引−何をするところ?2つの存在意義とは?

日本で唯一電気を市場取引できる機関があります。日本卸電力取引所(JEPX)と呼ば …

経済産業省主導の電力自由化ロードマップを猿でも分かるように解説

経済産業省ロードマップを分かりやすく解説 どのように電力自由化が推進していくのか …

電力自由化で東京電力が受けることになる影響とは?

2016年4月電力自由化ではたくさんの新電力会社(PPS)が誕生しました。今後も …

アメリカで進む電力自由化−海外の現状はどうなってる?

1990年代後半から電力自由化が進んでいるアメリカ。 日本はアメリカほど電力需要 …

電力自由化は明暗はっきり・通信会社が苦戦しているのはなぜ?

  明暗くっきり分かれる新電力 2016年4月から電力自由化が始まって …

電気自由化は電気事業制度改正の段階的改革のひとつ

電気自由化は3段階に分けて実施されてきた 電力自由化は2016年4月に始まります …

2016年4月の電気自由化は電気事業制度改正の第2段階のこと

最も一般家庭に関係してくる電気事業の改革 目前に迫っている電力自由化ですが、実は …

266もの業者が電気小売に参入 理由はFIT制度というものにあるらしい

電気自由化に入る前の3月25日、経済産業省は266社の小売電気事業者が申請したこ …

電力自由化で夜間電力は安くなる高くなる?

夜間電力の価格 今後の展望は? 電力自由化に伴い私たち電気消費者が気になるのは料 …