エネリスト

電気に関するあらゆる情報をお届け

電力自由化の市場規模は20兆円以上!?ビッグビジネスの到来?

   

2016年より一般家庭向けに電力自由化が始まるわけですが、実は既に工業用・商業用の自由化は始まっています。つまり、2016年から全面自由化が始まる…ということですね。

現時点で既に経済効果が出始めていて、5兆円にも及ぶのだとか!例えば、愛媛県松山市の中学校は新電力を導入することで年間電気料金が500万円も削減できたそうです。

このように、市場規模の大きさもさる事ながら、利用者にとってメリットがあることも証明されています。注目されるのも納得ですよね。

 

20兆円超えの市場規模!?

一般家庭向けの電力小売が解禁されることで、試算では7.2兆円の市場規模に達すると見込まれています。しかしこの試算はあくまでも既存のサービスによるものであり、再生可能エネルギーや、競争の激化なども考慮、さらにインターネットプロバイダや携帯電話会社とのセット契約…といった総合的な判断では全体で20兆円以上の市場規模になりうると言われています。

ユーザーにもメリットが大きい!

「市場規模が大きいからって私たちには関係ないでしょ?」と思うかもしれませんが、決してそのようなことはありません。

参加する企業の数が多く、いかに選ばれるサービスを提供できるかをそれぞれが競い合う形になります。

つまり、今までと同じサービスをもっと安く受けられたり、今までと同じ値段でより多くの便利なサービスが受けられるようになります。

それだけに多くのユーザーが注目しているわけなんです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 4
    follow us in feedly

  関連記事

「時間前市場」を設ける2つのメリットはなに?

ライフラインとして電力の取引では不測の事態に備えることが必要です。 「スポット市 …

賢く電気料金を節約するため、しっかり電気料金のしくみを学ぼう

2016年4月から電力自由化が始まりました。 まだよくしくみが分からないので、他 …

発電所から消費者までの電力供給は電力自由化で変わるの?

送電のシステムを担う3つの部門について理解しよう 電力供給の仕組みを理解しよう …

電気小売自由化後 電気自動車もっとも効率よく活用するには?

電力自由化がいよいよ始まり、電力がどこからでも買えるようになった今、電気自動車の …

電力自由化でたまに目にする特別高圧とはどんなもの?

2016年4月に実施される電力自由化で数多くの新電力会社(PPS)が参入し、日本 …

電力自由化で注目が集まるPPS(新電力)って何?

電力自由化がスタートするにあたってPPS(新電力)というキーワードを耳にすること …

蓄電池を導入すれば自由化で混乱が起きても電気を備蓄できる!

電力自由化では新電力会社であるPPSとの契約で電気代が安くなるなどのメリットが期 …

電力自由化で注目されるヘルツの違い

東日本と西日本でなぜヘルツが変わっているのか? 50ヘルツと60ヘルツ、日本には …

電力自由化で懸念されるのは新電力会社の技術力

新電力会社に移行しても技術的に安定供給は可能? 電力自由化が2016年4月に行わ …

徐々に広がっていった電力自由化の範囲・その経緯を探る

全面電力自由化で一般家庭にも範囲は拡大 電力自由化の背景 私たちが日々使っている …