エネリスト

電気に関するあらゆる情報をお届け

電力自由化で注目が集まるPPS(新電力)って何?

   

電力自由化がスタートするにあたってPPS(新電力)というキーワードを耳にすることが多くなってきました。しかし一般ユーザーからすると「それは何?」という状態。

簡単に説明すると、地域電力会社(東京電力など)とは別の電気事業者のことです。

2016年より、従来とは違って家庭向けの電力小売が解禁されるようになります。つまり、新しいエネルギー産業ビジネスの到来です。

これに合わせて新事業を立ち上げよう!というPPSが増えてきているわけですね。例えばソフトバンクやKDDI、NTT docomoなど名だたる通信業者を始め、様々な企業が名乗りを挙げています。

 

低コスト体質でサービス重視に

PPSと契約するメリットはなんといって低コスト体質でサービスが充実していることです。

まず基本料金は従来のものと比べると低く設定されることが予想されます。これに加えて、各社独自のサービスも用意されることでしょう。
例えば、ソフトバンクのPPSならソフトバンク携帯と一緒に契約すれば割引される…といった具合です。

間違いなく2016年の自由化で電力市場は活性化します。そしてPPS同士の競争は激化し、ユーザーにとっては選択肢が増え、よりよいサービスを以前よりもお得に利用できるようになると考えられます。

それだけに、どのPPSと契約をするべきなのか、メリットが大きいところを探せるかがカギになりそうです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 5
    follow us in feedly

  関連記事

再生可能エネルギー・日本では少数派だが海外では普及している理由は?

全く異なる日本と海外の再生可能エネルギーコスト 再生可能エネルギーは地球環境にや …

次世代エネルギー供給システムとして注目を集めるスマートグリッドとは何?

スマートグリッド導入の3つのメリットを紹介 電力とITのコラボレーション 電力自 …

徐々に広がっていった電力自由化の範囲・その経緯を探る

全面電力自由化で一般家庭にも範囲は拡大 電力自由化の背景 私たちが日々使っている …

2016年の2大改革マイナンバー制度と電力自由化-具体的にどんな影響が及ぶのか

2016年の目玉改革が及ぼす影響 2016年の2大目玉改革と言えばマイナンバー制 …

巷を騒がせている電力自由化・その狙いはなにか?

競争の原理を導入することでよりサービスの利便性を高める   競争の原理 …

いい電力会社とプランの選び方 ポイントはこの3つだけ

電力自由化に伴ってたくさんの小売電気業者も電気を売り出し始めました。 果たしてど …

蓄電池を導入すれば自由化で混乱が起きても電気を備蓄できる!

電力自由化では新電力会社であるPPSとの契約で電気代が安くなるなどのメリットが期 …

自由化に伴う電気とガスの基礎知識を改めておさらい!

2016年よりスタートする電力自由化。 そして2017年からスタート予定のガス自 …

電力自由化でどんな料金プランが出てくる?ニーズに合わせた選択を

一般家庭向けに電力を販売できる小売電気事業者が参入できるサービス、ということで注 …

電力自由化の電気小売業者選択 リミックスポイントのアピールポイントがすごい

リミックスポイントのアピールポイントとは 100を超える電気小売業者が参入するこ …