エネリスト

電気に関するあらゆる情報をお届け

電力自由化で注目が集まるPPS(新電力)って何?

   

電力自由化がスタートするにあたってPPS(新電力)というキーワードを耳にすることが多くなってきました。しかし一般ユーザーからすると「それは何?」という状態。

簡単に説明すると、地域電力会社(東京電力など)とは別の電気事業者のことです。

2016年より、従来とは違って家庭向けの電力小売が解禁されるようになります。つまり、新しいエネルギー産業ビジネスの到来です。

これに合わせて新事業を立ち上げよう!というPPSが増えてきているわけですね。例えばソフトバンクやKDDI、NTT docomoなど名だたる通信業者を始め、様々な企業が名乗りを挙げています。

 

低コスト体質でサービス重視に

PPSと契約するメリットはなんといって低コスト体質でサービスが充実していることです。

まず基本料金は従来のものと比べると低く設定されることが予想されます。これに加えて、各社独自のサービスも用意されることでしょう。
例えば、ソフトバンクのPPSならソフトバンク携帯と一緒に契約すれば割引される…といった具合です。

間違いなく2016年の自由化で電力市場は活性化します。そしてPPS同士の競争は激化し、ユーザーにとっては選択肢が増え、よりよいサービスを以前よりもお得に利用できるようになると考えられます。

それだけに、どのPPSと契約をするべきなのか、メリットが大きいところを探せるかがカギになりそうです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 4
    follow us in feedly

  関連記事

電力自由化で発生するかもしれないインバランスという問題

電力自由化が2016年4月に開始されます。 東京電力などの既存の電力会社のほかに …

卸電力取引−何をするところ?2つの存在意義とは?

日本で唯一電気を市場取引できる機関があります。日本卸電力取引所(JEPX)と呼ば …

電力自由化で4種類の提携販売が可能!その中の一つホワイトラベルを紹介

いわゆる業務提携とはどこが異なるの? 提携販売が注目されている 電力自由化によっ …

電力自由化後は電力過剰供給になる!?過剰になるとこんな恐ろしい影響が

2015年の9月27日の読売新聞には、九州電力管轄地域で「太陽光発電増えすぎ 停 …

自由化に伴う電気とガスの基礎知識を改めておさらい!

2016年よりスタートする電力自由化。 そして2017年からスタート予定のガス自 …

電力自由化でどんな料金プランが出てくる?ニーズに合わせた選択を

一般家庭向けに電力を販売できる小売電気事業者が参入できるサービス、ということで注 …

266もの業者が電気小売に参入 理由はFIT制度というものにあるらしい

電気自由化に入る前の3月25日、経済産業省は266社の小売電気事業者が申請したこ …

電力自由化が電気料金値上がりの原因に?イギリスの事例から学ぶことは?

イギリスの導入した強制プール制って何?   電力自由化の先駆者・イギリ …

自由化で提携ポイントをウリにした電力会社が増えたが、正直そのポイントは貯まるの?

電力小売市場が全面自由化でたくさんの電力会社が誕生しています。 大手電力会社も子 …

電力自由化の市場規模は20兆円以上!?ビッグビジネスの到来?

2016年より一般家庭向けに電力自由化が始まるわけですが、実は既に工業用・商業用 …