エネリスト

電気に関するあらゆる情報をお届け

電力自由化で注目が集まるPPS(新電力)って何?

   

電力自由化がスタートするにあたってPPS(新電力)というキーワードを耳にすることが多くなってきました。しかし一般ユーザーからすると「それは何?」という状態。

簡単に説明すると、地域電力会社(東京電力など)とは別の電気事業者のことです。

2016年より、従来とは違って家庭向けの電力小売が解禁されるようになります。つまり、新しいエネルギー産業ビジネスの到来です。

これに合わせて新事業を立ち上げよう!というPPSが増えてきているわけですね。例えばソフトバンクやKDDI、NTT docomoなど名だたる通信業者を始め、様々な企業が名乗りを挙げています。

 

低コスト体質でサービス重視に

PPSと契約するメリットはなんといって低コスト体質でサービスが充実していることです。

まず基本料金は従来のものと比べると低く設定されることが予想されます。これに加えて、各社独自のサービスも用意されることでしょう。
例えば、ソフトバンクのPPSならソフトバンク携帯と一緒に契約すれば割引される…といった具合です。

間違いなく2016年の自由化で電力市場は活性化します。そしてPPS同士の競争は激化し、ユーザーにとっては選択肢が増え、よりよいサービスを以前よりもお得に利用できるようになると考えられます。

それだけに、どのPPSと契約をするべきなのか、メリットが大きいところを探せるかがカギになりそうです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 4
    follow us in feedly

  関連記事

電力自由化には反対意見も・その根拠を3つ紹介

電力自由化バブルが発生…はじけたら安定供給は? 電力自由化で過剰供給の可能性も …

使うと高くなる電気料金のしくみ!オール電化にすると余計に高くつく?

時代の流れを見ると「オール電化にした方が電気代が安くなる!」と捉えられがちです。 …

消費者が無駄に負担しないように・電力託送料金に関する調査会で改善するか?

  消費者が割を食わないようにする料金システムに 電力自由化によって、 …

利益は期待できない小口需要家・プラットフォーム化する公益事業でビジネスチャンスを

生活支援サービスで勝負する電力小売ビジネス 大口需要家しか適用されてこなかった電 …

早くも撤退?電力小売り事業者が撤退せざるを得ない3つの理由

電気自由化が開始してから、300社前後もあった小売電気事業者の数もだんだんと減る …

電力自由化は原発廃止にも期待がかかる

簡単に廃止できるものではないのも現実 電力自由化で消費者が自由に新しい電力会社( …

電気自由化は電気事業制度改正の段階的改革のひとつ

電気自由化は3段階に分けて実施されてきた 電力自由化は2016年4月に始まります …

電力自由化で風力発電によるエネルギー作りはどうなるか?

風力発電のメリットデメリットは?その仕組みを理解しよう 風力発電の仕組みを理解す …

電力自由化における通信自由化の相違点と相似点を考えてみよう

2016年4月から電力自由化がスタートします。 これまでは全国各地にある電力会社 …

電力の需要はどのように満たされているの?DSSとWSSについての基礎知識

電力の需要は刻々と変わります。電力需要で一番小さな単位であるわたしたちの家庭では …