エネリスト

電気に関するあらゆる情報をお届け

電力会社を比較するにあたっての4つのポイントを紹介

   

電気料金だけでなく総合的に見てベストチョイスしよう

電気料金で比較

電力自由化に伴い、一般家庭でも複数の選択肢の中から利用する電力会社を決めることが可能です。
電力会社をどこにするかですが、いろいろな比較ポイントがあります。いくつかある比較のポイントの中でも、お茶の間で最も気になる項目の一つに電気料金があるでしょう。

電力自由化によって、新電力もいろいろと参入してきています。
たとえば大企業が合弁事業として新しく企業を設立することもあれば、通信やITなどの異業種から新規参入を試みるケースも見られます。競争が激化することによって、少しでも多く顧客を獲得しようと価格競争が行われます。既存の電力会社も顧客を奪われないように、低価格の料金プランや技術革新を進めています。

単純に電気料金を安くする以外にも、異業種のいろいろなサービスを組み合わせることで実質的に割引になる商品とか、キャンペーン時に契約をすれば割引になるなどの企画が検討されています。ただ単に額面を見るだけでなく、サービス内容なども踏まえて、どこに加入するのが最も電気料金を安くする方法かを考えましょう。

 

電気料金プランで比較

すでに既存の電力会社でも行っていることに、料金プランをいくつか用意している新電力も見られます。多いのは昼間や夜間など特定の時間帯に電気を利用すると、通常よりも安くなるプランです。自分たちのライフスタイルを考えて、適したプランにすれば大幅に電気コストを下げることも可能です。
他にも土日は料金を安くするプランを提供する電力会社もあって、家族連れの方の電気料金を安くするような工夫も見られます。

電気温水器のような夜間蓄熱式機器を持っている家庭はありませんか?この場合、夜間の電気料金の安いプランに加入すれば、同じ電力会社でも電気料金を安くすることも可能です。電力自由化を機に、一度自分たちの電気料金プランが適したものなのかどうかを見直してみませんか?

 

発電方法で比較

私たちが使っている電気ですが、いろいろな方法で発電されています。パッとイメージできるのは、水力発電や火力発電、原子力発電ではないでしょうか?しかしその他にも風力発電や太陽光発電、地熱発電といった再生可能エネルギーなども注目されています。火力発電も、従来の石油や石炭を使うのではなく、バイオマスを燃料にした発電方法なども出てきています。

電気料金も大事ですが、このような発電方法で電力会社選びをするのも一つのアプローチです。新電力の傾向を見てみると、再生可能エネルギーによって発電するスタイルをとっているところも多いです。再生可能エネルギーは地球にかかる負担も軽く、エコなエネルギーとして注目を集めているからです。

再生可能エネルギーの場合、当初は設置コストなどもあって電気料金を安くできるのかといった問題点もあります。
しかし例えば原子力発電の場合、先の東日本大震災によってもたらされた事故を考えると、万が一の時に電力が使えなくなる事態も想定できます。電気料金だけでなく、選択できるからこそ、発電方法などにも着目したいところです。

 

電力会社で比較

新電力会社に移行するのに躊躇している人もいるでしょう。その理由として、将来長きにわたって安定した電力供給を受けられるのかどうか不安というものもあるはずです。

しかし新規参入してくる会社を見てみると、異業種の中ではトップシェアを占めているとか、有名な企業が連合体を構成して新企業を立ち上げているケースも見られます。
その一方で、全くのベンチャー企業なども参入してきています。電力自由化によって、500近くの電力会社が出現するのではないかと見られています。

もし自分が利用している電力会社が将来、経営破たんをしたとしても送電がストップすることはないです。しかし私たちの生活において、もはや欠かすことのできない重要なインフラに電力はなっています。

そう考えると、電力会社を選ぶ際には十分な信頼性を持っているかどうかをチェックすることが大事になるでしょう。名前を聞いたことのない会社でも、合弁会社で参加企業を見ているとそうそうたる名前の並んでいるようなケースもあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 5
    follow us in feedly

  関連記事

再生可能エネルギーは普及する?設備建設による生活や環境への影響から考察してみる

太陽光や風力発電といった、「枯渇しない」「二酸化炭素を排出しない」環境配慮型のエ …

電力自由化で発生するかもしれないインバランスという問題

電力自由化が2016年4月に開始されます。 東京電力などの既存の電力会社のほかに …

電力自由化で中小企業も参戦!電気事業法改正で私たちにどんな影響をもたらす?

2015年3月3日、政府は電力改革を推し進め、その最終段階…総仕上げとして電気事 …

一戸建てでよく見られる太陽光発電パネルがマンションではなかなか見られないわけ

住民の合意を得るなど手続き上時間がかかってしまうことも   小規模なマ …

電力自由化で見直される再エネ政策

1割強の再生可能エネルギーが2倍になるの?   2030年までに再生可 …

電力自由化で売電価格が優遇されるかも?太陽光発電がより有利になる可能性が

2016年4月よりスタートする一般家庭向けの電力小売が自由化されるということで注 …

電力自由化で事業隊が増加・IPPとは何か?

新電力やPPSとどこがどう違うのか?   発電をする事業者 従来日本の …

使うと高くなる電気料金のしくみ!オール電化にすると余計に高くつく?

時代の流れを見ると「オール電化にした方が電気代が安くなる!」と捉えられがちです。 …

2016年4月の全面的な電力自由化の認知度は10人中8人以上!

2016年4月の電力自由化は目前に迫ってきていますね。 電気供給元である新電力会 …

料金?サービス? 皆が自由化に求めていることはこの3つだった

電力が自由化になりましたが新電力を利用しようという人がいまいち多くないのが現状で …