エネリスト

電気に関するあらゆる情報をお届け

電力自由化で風力発電によるエネルギー作りはどうなるか?

   

風力発電のメリットデメリットは?その仕組みを理解しよう

風力発電の仕組みを理解する

電力自由化で、新規電力会社がどんどん参入してくることが予想されます。その中にはどう辞職を出そうと、再生可能エネルギーを使ったエネルギー開発を売りにする会社も出てくるはずです。
再生可能エネルギーの中で注目を集めているのが、風力発電です。

風力発電は文字通り、風の力を使ってエネルギーを作り出す手法をさします。風車に風を当てることで、風車が回転します。ちなみに風速と風力エネルギーは比例関係にあって、風を受ける面積と空気の密度と風速の3乗に比例すると言われています。
もし風を受ける面積や空気の密度が一定だったと仮定すると、風速が2倍になれば、発生できる風力エネルギーは実に8倍に増加するわけです。

現在の風車は、風が吹いてくる方向に向きを変えられるシステムをとっているところが多いです。そうすることで、風の力を効率的に受けられるようにしています。一方で台風のときのような強風を風車が受けると、時として壊れてしまうこともあります。
台風のときには風車が壊れないように風を流すシステムなども採用されています。このようなシステムによって、現在の風力発電では、風力エネルギーの40%程度を電気エネルギーに転換できると言われています。

 

風力発電のメリットデメリット

風力発電ですが、メリットとデメリット両方がいくつか指摘されています。電力自由化で風力発電をうたい文句にしている電力会社を利用しようと思っているのなら、プラスとマイナスの両方の側面を理解する必要があります。

 

 

風力発電のメリット

風力発電の魅力は何と言っても、再生可能でエコ、そして日本国内だけで賄えるエネルギーである点です。火力発電の場合、石油などは海外からの輸入に頼らないといけません。しかし風力発電の場合、毎日吹いている風を使ってエネルギーを作り出します。ですから原料を輸入する必要はないですし、いつまでも尽きることもないため、安定した電力供給が期待できます。

そもそも風力発電は、日本の地形に向いているといわれています。海風とよく言いますが、海の近くではよく風が吹きます。日本は海に囲まれた島国ですから、安定した風の供給を受けられるのもメリットといえます。

 

風力発電のデメリット

風力発電にはデメリットや課題もあります。
皆さんもお分かりの通り、風は常に一定の強さで吹いているものではなく、強弱があります。となると電力の出力調整が難しくなって、電量の安定供給が持続できるのかという問題が出てきます。

また安全性の問題も指摘されています。2013年には京都府や三重県で大型風車が落下する事故が立て続けに報告されています。さらに海の近くに風車を設置した場合、海鳥などが風車に激突する可能性も否定できません。場合によっては、風車の羽に大きなダメージを生じさせてしまう恐れもあります。

風力発電のコストも問題になります。石油や石炭と比較するとコスパで劣っているので、低価格で電力を提供できるか課題があります。

 

 

電力自由化で風力発電の受け入れ土壌も広がる

電力自由化によって、風力発電の存在感は今後高まってくるといわれています。まず電力自由化によって、今まで関東なら東京電力、近畿なら関西電力と地域で利用できる電力会社が決められていました。ところが電力自由化で、広範囲に電力供給することもできるようになります。

また新電力と言われる、新規参入の電力会社も今後増えてくるでしょう。となると、より高度な電力需給の調整が必要になります。結果余ってしまった電力を他の地域に売るなどして調整を行うことも今後増えてくると見られています。細かな調整をするにあたって、風力発電などの再生可能エネルギーが活用される可能性も出てくるわけです。

従来の一定範囲のエリアに電力供給するのではなく、狭い範囲の小規模で電力事業を営むことも電力自由化によって可能になります。この点も風力発電が今後活躍できる根拠になっています。

風力発電は、水力や火力、原子力と比較すると大規模なエネルギー産生ができませんでした。しかし小規模な風力発電を使って、ごく限られた地域に電力供給し地産池消というスタイルをとることもできます。

その他にはバランシングループと言って、複数の事業者が保管をしあって電力供給するシステムも使えます。風力発電などの発電量の少ない発電所が電力を出し合って、安定した電力供給をする対策なども図られます。このため、風力発電の重要度は今後増すと見られています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 4
    follow us in feedly

  関連記事

電力自由化で電気代節約!ヒートポンプとエコキュートでさらなる効果も

電力自由化で電気が選べる このたび電力自由化と言って、一般家庭でも契約する電力会 …

卸電力取引での「ブラインドシングルプライスオークション」とはどんなオークション?

平成28年4月から日本卸電力取引所でいくつかの制度変更が始まりました。 それにと …

電力自由化で新規サービスも!ポイントサービス利用できる可能性が

主要3ポイントシステムはすでに電力会社と提携も   顧客獲得の有効策・ …

次々と新電力に参入する外資企業 日本にとってもプラス、マイナス?

電力販売に続々参入する外資系企業 日本政府はこのたび電力自由化での外資参入規制を …

電力自由化で原発再稼働は阻止できる!?

日本が脱・原発に動いた流れをおさらいしよう 日本人の大半は近年の様々な体験から脱 …

卸電力取引での「ザラ場」とはどんな取引の方法?2つのメリットとは?

  「ザラ場」とはどんな取引のこと? 卸電力取引で「ザラ場」という言葉 …

電力自由化で4種類の提携販売が可能!その中の一つホワイトラベルを紹介

いわゆる業務提携とはどこが異なるの? 提携販売が注目されている 電力自由化によっ …

「再生可能エネルギー」のこれからを考える!コストや今後の課題はどうなる?

資源が少なく、外国からの輸入に頼らざるを得ない日本。益々混迷を極める国際情勢の影 …

電力自由化に伴い通信業者が続々参入!どんなサービスを組み込んでくる?

  電力自由化に伴い通信業者が続々参入!どんなサービスを組み込んでくる …

関西電力が採用している2本継ぎ電柱は敵に塩を送る行為?

持ち運び便利な電柱 電柱の新しいスタイルとして、2本継ぎ電柱が注目を集めています …