エネリスト

電気に関するあらゆる情報をお届け

電力自由化で注目されるヘルツの違い

   

東日本と西日本でなぜヘルツが変わっているのか?

50ヘルツと60ヘルツ、日本には2種類周波数がある

電力自由化によって、一般家庭でも自由に電力会社を選んで電力供給を受けられるようにしています。たとえば今までは東京で暮らしていた人は東京電力と契約しなければなりませんでした。しかし例えばもし北陸電力の電気プランの方がお得と思えば、東京にいながら北陸電力と契約を交わすことも可能です。理論上は日本全国から電力供給を受けることができるわけです。

「理論上は」と注釈をつけたのは、日本は地域によって異なる周波数の電力が供給されているからです。周波数とは、交流電気を1秒間にどのくらい変化を繰り返すかを数値化したもので、ヘルツという単位で表現されます。実は日本では、周波数が地域によって2種類に分けられているのです。

東日本では50ヘルツ、西日本では60ヘルツの周波数で電力を送り出しています。ちょうど静岡県にある富士川が境目になっています。このように一つの国の中で異なる2種類の周波数のあることは、世界中で見ても珍しい事例とされます。

 

なぜ2種類の周波数が誕生した?

なぜ日本国内で異なる周波数による電力供給が進められたかですが、発電機が関係しているといわれています。明治時代になって電気が日本でも利用できるようになりました。

明治29年に東京の東京電灯会社は、電力供給事業のためにドイツから発電機を購入しました。同じ年に大阪にあった大阪電灯会社も発電機を購入したのですが、こちらはアメリカのものでした。ドイツの発電機は50ヘルツ・アメリカの発電機は60ヘルツのものでした。
このことが今なお続く日本国内における周波数の違いのルーツだったのです。

全国周波数は統一した方が良いという意見も、かつてはありました。
しかし従来の電力供給システムは、東京で住んでいる人は東京電力、近畿地方に暮らしている人は大阪電力と地域によって契約する電力会社は決まっていました。
エリアを超えた電力供給をする必要が平時はなかったので、そのままできてしまいました。

同じ電力だから、50ヘルツだろうと60ヘルツだろうと混ぜて使ってしまっても良いのでは、と思う人もいるでしょう。しかし異なる周波数の電気を混ぜるのは危険が高すぎます。電圧が不安定な状態になってしまって、大電流の流れる恐れが高いからです。

発電機にかかる負担も大きくなって、故障をする可能性も出てきます。発電機が故障して動かなくなってしまえば、それこそ大規模停電の続く事態も想定できるわけです。

 

変換所を増やす必要性

ある電力会社で何らかのアクシデントが発生し、管轄内のすべての消費者に十分な電力が供給できなかったとします。その場合には、他の電力会社が余剰電力を融通し合って急場をしのぐシステムはあります。
しかし先ほども紹介したように、東日本と西日本とでは周波数が異なるのでそのままでは電力の供給はできません。

そこで日本国内には変換所と言って、周波数を変える設備が設けられています。東京電力の中部電力の館内に、3カ所の変換所を設けています。この変換所を介せば、東日本と西日本の出力を供給し合うことができます。

しかし変換所の少なさが問題になることもあります。3カ所の変換所をフル稼働させても、やり取りできるのは100万キロワットとされています。これは日本全国の発電能力の1%にも満たないレベルです。

東日本大震災で福島の原発が利用できなくなり、東京電力管内では深刻な電力不足の起きたことは記憶に新しいでしょう。

この時なぜ東京電力管内で電力不足が起きたかですが、震災の影響を受けなかった西日本の電力供給が十分に受けられなかったからです。変換所が少ないため、十分な電力補完ができず、輪番停電せざるを得なくなりました。

電力自由化によって、日本中の電力会社で電力供給の契約ができます。しかしあまりに周波数の異なるところと多くの世帯が契約を交わすと、変換所の能力を超える可能性も考えられます。

そこで変換所の建設を促す施策が講じられています。たとえばそれまで変換所などの電力設備の建設は電力会社に一任されていましたが、建設費用の一部を国が補助することで変換所の増設を促すといった対策です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 4
    follow us in feedly

  関連記事

電力自由化で太陽光発電システムはどうなってしまうのか

2016年4月に電力の全面自由化が開始します。 この自由化は簡単に言えば買う自由 …

電力自由化後の電気小売事業者の長~い供給約款 かいつまんで説明 

約款はとても長くて読めない、そして難しい 電力自由化後、たくさんの電気小売業者が …

電力自由化の今だからこそ!国内最大のエネルギーサミット・電力自由化サミットジャパンに注目すべし

電力需要の高まる夏に行われるサミット グッドフェローズという「タイナビ」という太 …

「電力自由化」で他社に乗り換える場合のオール電化住宅に関する注意点

いよいよ始まる「電力自由化」。私たち消費者にとっては、電力価格や企業イメージなど …

再生可能エネルギーは普及する?設備建設による生活や環境への影響から考察してみる

太陽光や風力発電といった、「枯渇しない」「二酸化炭素を排出しない」環境配慮型のエ …

電力供給会社が行っているポートフォリオ契約とは?

電力自由化で好みの電力会社を一般家庭でも選択できるようになっていますが、まだ始ま …

電力自由化でなんで配送電分離が必要なの? 

電力の自由化による大きな変化はどの会社も自由に電気を売ることができるようになった …

電力自由化で新規サービスも!ポイントサービス利用できる可能性が

主要3ポイントシステムはすでに電力会社と提携も   顧客獲得の有効策・ …

物流センターの屋根が発電の拠点に?電力自由化で新しい試み

住宅メーカーも電力業界に本格参入の可能性も   売電も自由化になるのが …

電気代の節約に光明?電力の部分供給を解説

電力供給の3種類のスタイルを紹介   電力自由化に伴う電力供給の3モデ …