エネリスト

電気に関するあらゆる情報をお届け

発送電分離の手法は4種類・その中の一つ法的分離とは

   

日本で法的分離に集約された背景は?

 

電力自由化と発送電分離

電力自由化が推進されて、電力の小売りをしようという企業がどんどん増えています。しかしその一方で、送電システムに関しては地域の電力会社が独占している状態が続いています。
新規参入する事業者はこの既存の送配電システムを利用して、消費者に電力を供給せざるを得ません。

ここで問題になるのが、既存の送電システムを持っている電力会社の裁量で有利不利が起きるのではないかという点です。例えば自分たちを脅かすような存在の電力会社にはシステムを使わせないとか、自分たちが有利に経営できるように不当な条件で使用させるかもしれないなどです。
具体的には送電線を使用させる代わりに、高額な利用料金を吹っ掛けるなどは考えられるでしょう。

電力自由化の推進の中で、送配電部門は中立的な立場に置くことが公正な競争を実現するために好ましいと考えられるようになりました。そこで現在検討されているのが、発送電分離と言って送配電部門は既存の電力会社から切り離してしまう方式です。

 

発送電分離の4タイプ

発送電分離をする方法として、4種類のタイプがあるといいます。その4種類のタイプは
 

  • 送配電部門とほかの部門との会計を分離する会計分離
  • 送配電部門の所有権は電力会社に残した状態で、その運用や整備に関する計画は電力会社とは無関係の系統運用機関が策定をする機能分離
  • 送配電部門を別会社として分離してしまって、資本関係も一切なくす所有権分離
  • 法的分離
  • の4種類です。

     

    法的分離とはどのような手法?

    発送電分離の中でも日本が有力視しているのが、法的分離です。法的分離とは、送配電部門は電力会社から切り離して分社化を行います。こうすることで、送配電部門は発電や小売りとは別の会社として独立し、中立的な立場に置くことができます。
    ここまでだと所有権分離と同じになりますが、分離した会社の取り扱いが異なります。所有権分離の場合、資本関係を一切認めないと先に紹介しました。

    しかし法的分離の場合、資本関係を残すことは認められています。例えば送配電部門を発電や小売部門の子会社として運用するとか、各部門を子会社にして新たに持株会社を設立することが可能です。

    法的分離の場合、資本関係を残しても癒着による公正競争の妨げになるような事態は回避しなければなりません。このためには、いろいろと規制のためのルール作りを整備する必要があるでしょう。例えば親会社からの出向や転籍を制限するとか、親会社の社員が送配電部門の仕事を兼務することを禁止するなどの線引きを明確にすることが求められます。

     

    なぜ法的分離が有力になったか?

    4つある発送電分離の中でもなぜ法的分離が有力になったかですが、中立であることを経済産業省が重視したことが関係しています。実は2003年の時点で制度改正が行われ、第一弾の発送電分離が実施されました。その時に採用されたのが、会計分離方式でした。

    送配電部門は、独立会計方式をとる手法です。地域電力会社は発電と小売り、送配電いずれも所有していますが、小売部門は送配電システムを利用させてもらっているので送電コストを支払う感じと思ってください。しかしこれでは中立性が不足しているとも声も出ました。

    電力が一般消費者向けにも自由化されるとなれば、発電者も多様化してくることが予測されています。そこで今まで以上中立が担保される必要があると判断され、新たに法的分離方式の導入が有力視されています。

    法的分離による発送電分離方式は、海外でもフランスなどで採用されています。日本では2018年から遅くても2020年までには、法的分離による発送電分離を完了する方針をとっています。

    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • 4
      follow us in feedly

      関連記事

    卸電力取引での「ブラインドシングルプライスオークション」とはどんなオークション?

    平成28年4月から日本卸電力取引所でいくつかの制度変更が始まりました。 それにと …

    利益は期待できない小口需要家・プラットフォーム化する公益事業でビジネスチャンスを

    生活支援サービスで勝負する電力小売ビジネス 大口需要家しか適用されてこなかった電 …

    電気自由化で電気メーターが変わる!生じる変化と生じない変化

    いずれは変わる新しい電気メーターを理解する 「電力自由化が実施されていろいろ変わ …

    266もの業者が電気小売に参入 理由はFIT制度というものにあるらしい

    電気自由化に入る前の3月25日、経済産業省は266社の小売電気事業者が申請したこ …

    電力自由化開始3か月で見えてきた特徴・傾向を紹介

    電力自由化後に切り替えが急増 2016年4月に電力の全面自由化が始まりました。メ …

    家庭向け電力自由化の受付開始時期はいつごろから?

    光熱費だけでなく、出費全般の節約・削減につながるかも知れない…ということで何かと …

    電力自由化は一体いつからどのように始まるの?

    電力小売りの全面自由化開始は2016年4月から! 電力自由化は、これまで地域ごと …

    冷蔵庫もインテリアの一部!おしゃれで節電効果のあるものはないの?

    白物家電は浮きやすい? 冷蔵庫は一人暮らしから大家族まで、どのような世帯でももは …

    電力小売全面自由化開始から3ヶ月 本当に自由化は成功するのか

    電力小売市場が全面自由化されおよそ3ヶ月が経過しました(執筆時点)。 2016年 …

    バッチ来い! 電気自動車の電気代の質問に答えまくります!!

    電気自動車に買い換えようかな。でも電気代っていくら掛かるのだろう?ガソリン車より …