エネリスト

電気に関するあらゆる情報をお届け

中野剛志氏「電力自由化は無能無策」…長いので勝手に要点まとめました

   

中立の立場で電力自由化の無能無策をまとめる

中野剛志 「電力自由化は無能無策の極地」 というインターネットTVの番組「超人大陸」の動画が反響をよんでます。専門家の立場から日本の電力自由化の問題点にメスを入れていて、なかなか切り口の良い動画なのですが、何せ話が長い。そこで大変、せん越ではございますが、中立の立場から彼が伝えたいであろう要点をまとめさせていただきました。
彼の伝えたい事は2つ、そしてその2つのことを強調する論点は4つあります。

 

中野氏の2つメッセージ

中野氏のメッセージ1つ目の点は日本の電力自由化は無能無策ということ、日本政府関係者や日本国民に、電力自由化は理想論ではうまくいかない、こんな現実を見てほしいというものです。

2つ目は原子力発電が現状ではベストの選択肢というメッセージです。福島の原発事故以降、原発反対の動きが強まり、政府もその方向で動き出して入るものの、結局は原子力がベストという主張をなさっています。
ではその理由として挙げられてる4つの論議を見ていきましょう。

  日本のエネルギーセキュリティーの論議

中野氏は初めに「エネルギーセキュリティー」の論議を展開してます。簡単に言うと、電力を生み出す燃料のほとんどを外国の燃料に頼っていてはいては、国家間問題発生時にエネルギー不足になるので、日本だけである程度安定したエネルギーを生み出せるシステムが必要だという論議です。
この論議で彼が言いたいのは原子力は○。なぜなら、ウランを買う必要があるが、買うことができる国は世界中たくさんあるし、一旦ウランを購入すればかなりの程度再生利用ができるので、日本がエネルギー源確保のためにはかなり有効な手段だからという理論でした。

  電力の安定供給の論議

続いては、電力の安定供給の論議です。電力安定供給能力で、原子力発電は○、その他風力、水力、太陽光発電は×という論んじています。

電力と一口に言っても、同じ電圧を同じ周波数で出し続けることができるとそれを安定電力と言います。まず太陽光発電、水力発電、風力発電ですが、太陽や水や風の気まぐれで電力が出たり出なかったりでは、電圧も周波数も安定しないので安定電力が提供できません。

ヨーロッパ諸国は安定した偏西風が吹くので風力発電なども安定電力供給に一役買えるし、土地も広いので大型太陽光発電(メガソーラー)も可能だけども、日本は安定した偏西風もなく、土地も狭いので太陽光も小規模なため自然エネルギー発電では不安定電力しか生み出せないと主張しています。

一方、原子力は24時間、安定した電圧を安定した周波数で出し続けることができ、現状原子力に変わる安定電量を供給できる発電方法はないと主張しておられます。

  コスト問題の論議

次はコストパフォーマンスの論議を展開しています。ここでも結論は原子力○、その他風力、水力、太陽光発電(自然エネルギー)は×という論議です。ドイツの例を挙げています。

ドイツは自然エネルギーの最先端国で実際10年で7兆円もの資金を投資し、太陽光発電を推し進めたが、それでも現在全ドイツの発電量の1%に過ぎない、結局、今でもドイツは電力の23%を原子力に頼っている。これは今の日本と同程度の原子力依頼率。

日本も自然エネルギーを相当投資して推し進めても大きな成果は得られないであろうという論議です。風力水力はコストをかけて建設しても、稼動している時間は短いですし生み出す電力は不安定なので、建設費はかかるものの稼働率の高い原子力発電がコスパが最も良いと主張されてます

  日本の電力自由化は賢明かの論議

日本は送電網が縦に一本あるだけの貧弱な送電網なので、電力自由化で電力を自由に売り買いできるようにしてもヨーロッパ諸国と比べて融通の利く送電ができない。
よって電力自由化で日本全国どこの電気も買えるというのは現実的でない。
電力自由化で個人の家の太陽光発電で余った電気を高値で電力会社が買うようになると、結局、太陽光発電など設置できない貧乏人の電気料金にしわ寄せが行くのでよくない。

電力自由化で発電と送電の会社を分けちゃうと電力がひっ迫したときに電機の値段が上がるので発電会社が儲かだけで電気料金も高くなるので良くないという論議がなされてます。

 

まとめ

このたびは要点を伝えるのが仕事なので、この興味深い番組を記事製作者の意見は入れずにまとめてみました。
この動画での彼の主張点には賛否両論でしょうが、日本の電力と自由化を考察する一助になればと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 5
    follow us in feedly

  関連記事

「沸きました」だけじゃない家の電化制御 HEMSの驚くべき活用法

「お風呂が沸きました♪」家に自動お湯張り機能がついたとき誰もがちょっとした感動を …

主婦は電力自由化に興味がないらしい なぜならこうして節約してるから

「安くなるのなら!」「節約になるのなら!」そのためにはどんな努力をもいとわない、 …

電力自由化で発生するかもしれないインバランスという問題

電力自由化が2016年4月に開始されます。 東京電力などの既存の電力会社のほかに …

電力自由化によって品質がダウンすることはあるの?

そもそも「電気の品質」とはどのようなものなのか?   電気の品質とは? …

「再生可能エネルギー」のこれからを考える!コストや今後の課題はどうなる?

資源が少なく、外国からの輸入に頼らざるを得ない日本。益々混迷を極める国際情勢の影 …

電力自由化で原子力発電を脱することができるのか?

同じ発電量を太陽熱で得ようとすると・・・ 2016年4月の電力自由化が全面的に認 …

電力自由化三大リスクを検証!停電・倒産・値上がり

2016年電力自由化後だれもが心配する三つのリスク 電力自由化がいよいよ2016 …

一戸建てでよく見られる太陽光発電パネルがマンションではなかなか見られないわけ

住民の合意を得るなど手続き上時間がかかってしまうことも   小規模なマ …

先を見越して電気を買う、3種類の卸電力取引「先渡市場・先渡定型取引・先渡市場取引」−卸電力取引の基礎知識

「先渡市場」は、将来のある1週間、1ヶ月、さらには1年の単位で電力を取引する市場 …

水力発電-日本の豊かな自然の資源を使った3種類の発電方式

日本には豊かな水の資源があります。 そして昔から水車を使ってさまざまな仕事をして …