エネリスト

電気に関するあらゆる情報をお届け

自由化をもう一歩踏み込んで見ると電気代は安くならないことがわかる ユニバーサルシステムとは

   

電力事情を一歩踏み込んで見ると違ったものが見えてくる

電力自由化は、「電力を売る独占が崩れて価格競争が激化しいよいよ電気代が安くなる」というのが基本的な考え方です。

確かにその通りなのですが、この日本の電力事情をもう一歩詳しく調べて見ると。実は電気代が安くなる見込みはほとんどないことが分かるのです。

それではその一歩踏み込んだ電力事情を2点見ていきましょう。1つはユニバーサルシステム、もう1つは現在の電力料金の決め方です。

ユニバーサルシステム

ユニバーサルシステムとは、公共性のある料金負担の格差を無くすシステムです。
例えば沖縄の離島の人は大規模発電所で発電した電力を使えませんので、どうしてもコストの高い電力を使うことになります。
しかし街中で1kw20円くらいで電力を買えるのに、離島では1kwにつき50円以上するのは公平でありませんし、いよいよ過疎化は進んでしますでしょう。

そこで電力会社は離島の方も都市に住んでいる方と電気料金を同じにして、その差額分を全世帯の電気料金を引き上げることによって調整しようというシステム、それがユニバーサルシステムなのです。

ユニバーサルシステムは電力供給だけでなく、水道やガス、郵便や通信に至るまで機能していて、住んでいる場所に関わりなくすべての日本国民が同じ条件で生活を楽しめるようにするために必要な取り決めです。

2016年4月に電力自由化となりますが、ユニバーサルシステムは電力自由化以前から機能しているシステムですでに機能しています。

ですが電力自由化が始まるとこのシステムが料金値上げにストップをかける要素となることが考えらるのです。
この点は記事の最後で取り上げるとして、まずは2つ目の要素、現在の電力料金の決め方を見てみましょう。

現在の電気料金の決め方

現在の旧国営の電力会社(一般電気事業者)は民営化された後であっても、電気料金を自分で自由決めることはできませんでした。
ほぼ独占企業であったためです。

どのようにして決めていたかというと、これこれの電力をこれこれのコストで作ることができました、これこれの値段で売り出してもいいでしょうかといちいち国に許可を求めないといけなかったのです。

これは大きな利益を生み出せないことを意味します。

例えば製造コストが20円の和菓子を50円で売ろうが、100円で売ろうが和菓子屋は自由に決めることができますが、電力会社は1kwの電力につき20円のコストが掛かったとしても、国は50円で売らせてくれません。
21円でしか売れないのです。

つまり電力というのは薄利多売の商品なのです。

しかし顧客は1億2000万人以上、さらには企業もあるので市場は8兆円規模となるわけです。

では新しい電力会社が参入したら電気料金を極端に下げることができるのでしょうか?結論を見ていきます。

電力自由化でも料金は安くなりにくい

旧国営の電力会社(一般電気事業者)が電気料金をある程度に抑えることができているのは原子力発電というコストパフォーマンスの良い発電方法を用いることができるためです。

すべてを火力発電にすると発電コストは上がりますし、太陽光や水力などの再生可能なエネルギーで発電すると、さらに発電コストは上がります。

つまり現時点で既に電気料金はしたうち状態のうえ、新しい電力を売る会社(電気小売業者)はコストパフォーマンスのよい発電設備を持ってないので、極端に安い値段では売り出せないと見込まれます。

その上ユニバーサルシステムで強制的に料金を上澄みされるので、割安感はさらに減少するわけです。

このように現状を一歩踏み込んでみてみると2016年の10月の電力自由化後も恐らく今とはほとんど変わらない電気料金が待っていることでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 4
    follow us in feedly

  関連記事

電力自由化に伴い通信業者が続々参入!どんなサービスを組み込んでくる?

  電力自由化に伴い通信業者が続々参入!どんなサービスを組み込んでくる …

電力自由化で売電価格が優遇されるかも?太陽光発電がより有利になる可能性が

2016年4月よりスタートする一般家庭向けの電力小売が自由化されるということで注 …

電力自由化において重要な タテ ヨコとは

どうしたら電力自由化は成功するのか?日本国には日本経済が発展するためには何が必要 …

だから原発は再稼動する 3つの理由

福島原子力発電所事故。あれほど大きな事故を起こし、いまだに収束できていない状況を …

電力自由化で風力発電によるエネルギー作りはどうなるか?

風力発電のメリットデメリットは?その仕組みを理解しよう 風力発電の仕組みを理解す …

消費者が無駄に負担しないように・電力託送料金に関する調査会で改善するか?

  消費者が割を食わないようにする料金システムに 電力自由化によって、 …

「再生可能エネルギー」のこれからを考える!コストや今後の課題はどうなる?

資源が少なく、外国からの輸入に頼らざるを得ない日本。益々混迷を極める国際情勢の影 …

電力自由化開始3か月で見えてきた特徴・傾向を紹介

電力自由化後に切り替えが急増 2016年4月に電力の全面自由化が始まりました。メ …

物流センターの屋根が発電の拠点に?電力自由化で新しい試み

住宅メーカーも電力業界に本格参入の可能性も   売電も自由化になるのが …

電力自由化は一体いつからどのように始まるの?

電力小売りの全面自由化開始は2016年4月から! 電力自由化は、これまで地域ごと …