エネリスト

電気に関するあらゆる情報をお届け

電力自由化で懸念されるのは新電力会社の技術力

   

新電力会社に移行しても技術的に安定供給は可能?

電力自由化が2016年4月に行われるわけですが、既存の大手電力会社――例えば東京電力などから新電力会社(PPS)へ契約先を変更した場合、これまで同様に安定した電力供給が可能なのかが一番の心配な点かと思います。

PPSは今の電力会社よりは発電量などの規模が小さくなるのは確実ですから、不安になるのは当然ですからね。

まず言えることは、その心配は杞憂だということです。基本的に安定供給に問題はありません。

PPSは国も推し進める計画ですから、国民に不利にならないようにしっかりとルールが決められています。
例えば、PPSが新規参入するには国の審査を通って許可を得なければなりません。その選定はすでに始まっていて、当然最低限の発電量はなければなりません。

水力や火力、風力などそのPPSによって発電方式は違っていても、発電力はある程度備わっています。ですので、大きな問題はありません。

ほかには各家庭に配電する際のシステムもまたしっかりと確立されていますから、その点も問題がありません。詳しくは次の項で紹介しますが、前提として今回の全面的電力自由化に関しては技術的に一切の問題はなく、安定供給もこれまでと変わりがないと言えます。

配電のシステムはこれまでのままなので、停電の心配はない!

契約先をこれまでと違う電力会社にしたとしても、今までのシステムをそのまま使用するので、電力供給が不安定になることもありません。

PPSによっては各家庭に取り付けられているメーターを交換しなければならなくなるかもしれません。しかし、起こるとしたらそれくらいで、ほかに大きな変更はないのです。

まもなく自由化になるわけですが、街中で電線の張り替え工事などをしているのを見ましたか? そんなことはないですよね。つまり、そういうことなのです。

さすがに全面的にシステムを変更したり、PPSにすべてを任せると安定供給は難しいでしょう。ですので、現在すでにある既存の電力会社が設置した設備をそのまま利用するのです。

電気は一般的な製品――家電や車などと違って生産と同時に消費されるものです。ということは発電量と消費量が同じにならなければなりません。

これを同時同量と呼ぶのですが、これまでは1社でそれを行っていたのでシンプルで難しいことはありませんでした。

しかし、PPSが増えるとどこがどれだけ生産するのかなどいろいろと考えなければならないものが増えますし、PPSによってはピーク時間に瞬間的に生産が追いつかなくなる可能性もあります。

そのため、今回の自由化では30分間の消費量に対して±3%程度になるように発電を行う30分同時同量の運用方法を用いることになっています。この要求発電量をクリアしていれば安定供給になんら問題はないと考えるのです。

これには送配電事業者が設立され、管理を行います。これまでは大手電力会社が1社ですべてを行ってきましたが、今後は発電者、送配電者が別々になるのです。
とりあえず自由化直後の送配電事業者は今の電力大手もしくはその子会社が行うことになっています。今後は2018~2020年をめどに発電と送配電、さらに小売りの各事業がそれぞれ分離されることになり、さらに電力業界の競争が激化することになるでしょう。

いずれにせよ、懸念される技術力に関しては、少なくとも今回の自由化開始時点ではまったく混乱もないと考えられます。その点は安心してください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 5
    follow us in feedly

  関連記事

LNGスポット取引は電力自由化とどう関係するのか

LNGは一般的には供給源と長期契約をしてガスを仕入れるのですが、そうではないスポ …

2016年4月に始まったばかりの電力自由化で、現段階で人気のある新電力会社ベスト5

電力小売市場が全面自由化されたまだほんの少ししか時間は経っていませんが、現段階で …

こっそり教えちゃう 日本で一番高い電気料金の会社は実はこの会社

電力自由化後、少しでも電気料金が安くなればいいと思いますが、大胆不敵にも競争意識 …

知らないと損する電力自由化に伴う実量制料金計算方法

電気料金の計算方法が実量制に変わる どう変わる? 電力自由化となると電気料金は実 …

電力自由化スタート 現在人気のある事業者ランキング

いよいよ電力自由化が始まりました。数ヶ月がたった今、皆さんはどの電力会社を利用し …

電力自由化でしばしば登場してくる発送電分離とはそもそも何?

発送電分離をすることによって生じるメリットとデメリットは? 送配電部門が独立する …

電力自由化の電気小売業者選択 リミックスポイントのアピールポイントがすごい

リミックスポイントのアピールポイントとは 100を超える電気小売業者が参入するこ …

電力・ガス会社の過剰な設備投資の原因に?電気・ガスは無駄の多いシステムなのか!?

電力・ガス自由化に伴ってどんなシステムで運用されてきたのかが注目されるようになっ …

電力自由化に伴うセミナーを覗いてみよう!

2016年4月の電力自由化に伴って、多くの企業が参入することがアナウンスされてい …

「電力自由化」で他社に乗り換える場合のオール電化住宅に関する注意点

いよいよ始まる「電力自由化」。私たち消費者にとっては、電力価格や企業イメージなど …